好きだった親戚のおねえさんがボクの友達にパイズリしているを見て嫉妬と興奮が・・


小学校のころの話です。
ボクは親戚のおねえさんの真理子さんに、1泊2日の温泉旅行に誘われました。
真理子さんとボクは、親戚のみんなが集まるような席でしか会う機会がなかったのですがとても仲がよく、たわいのない僕の話にも真理子さんはわらってくれました。
真理子さんは20代前半の面倒見がよくて明るい、なによりそのスレンダーな身体に似合わない、ボクの頭ほどあるやわらかそうなおおきなおっぱいが魅力的なおねえさんでした。
ボクは会うたびにそれがゆさゆさ揺れるのを見てオチンチンをおっきくしていました。
僕はそんな真理子さんが大好きで、今思えば初恋のひとだったのかもしれません。

 その日、偶然真理子さんの友達みんな用がはいっていたので、仲の良かった僕が誘われました。

温泉旅行の人数は三人までだったので、真理子さんに誰か仲のよい子を誘ってくればと言われて、ぼくは1番の親友であるヒデキを誘いました。

ヒデキはクラスのリーダー的存在で、同年代の中でも体が大きくスポーツ神経も抜群、また、面白く軽妙なトークでまわりを盛り上げるのが得意な人気者でした。

ヒデキはエッチなことにも特別強い興味を持っていて、家にいっぱいエッチな本やビデオをもっていました。ボクもヒデキの家に行くときは、それを一緒に見たりしていました。

当日、真理子さんの車で目的地に向かう間、最初、ヒデキは緊張していて、僕と真理子さんの会話に入ってこれなかったのですが、次第に積極的に話すようになり、持ち前の話術でおねえさんを笑わせるようになりました。

ボクはそんな様子をみて、ヒデキがなじんできてくれたのを嬉しく思う反面、ボクがあまり真理子さんとの会話にはいることが出来なくなってしまい、真理子さんをとられてしまったような悔しい気持ちになりました。

 旅館に着き荷物を置いて、僕等は観光名所を訪ね歩きました。
その間もヒデキはおねえさんと楽しそうに話し続け、おねえさんもヒデキを気に入ってくれているようでした。

 旅館に戻って温泉に入ると、ヒデキはやっぱり真理子さんのおおきなおっぱいのことが気になっていたらしく、熱心に「真理子さんのおっぱいおっきいな」とか「あのおっぱいに一度でいいからさわってみたいな」とか「あのおっぱいにオチンチンすりつけてみたいな」とボクに話しかけてきました。

僕は自分のものだけのように思っていた真理子さんのおっぱいを、今日あったばかりのヒデキに話されるのは少し悔しかったけど、ボクもプルプル揺れるあのおっきなおっぱいのことが気になっていたので、一緒になって真理子さんのおっぱい話に花を咲かせました。

 温泉から出て部屋に戻ると、浴衣姿の真理子さんが食事の盛られたテーブルの前に座っていました。
真理子さんはノーブラらしく、浴衣の間からオッパイの谷間がすごい迫力で見え、乳首らしき出っ張りが浮き出ていました。

食事中、軽く身じろぎするだけで震えるおっぱいを、ボクとヒデキは箸が止まるくらいに熱心に見つめていました。

 夜、ボク達と真理子さんはふすまで区切られた別々の部屋で寝ることになりました。
ヒデキは一緒の部屋に寝たいとごねたのですが、ボクが恥ずかしくてそんなヒデキを説得すると、ヒデキはしぶしぶ了解してくれました。
そんなボク達のやりとりをみている真理子さんは、終始ニコニコと笑っていました。

布団の中に入ったのですが、ボクは昼間の真理子さんのオッパイが頭の中に思い起こされ、興奮してなかなか寝つけませんでした。

すると、ふっと誰かが動いた気配が感じられたので目を開けると、ヒデキが起き上がり、ふすまを開け真理子さんの部屋にはいっていくのを見ました。

どうしたのだろうとおもいしばらくそのまま寝転んでいたのですが、やはり気になり僕はドキドキしながらふすまをすこし開き、そこから真理子さんの部屋を覗き込みました。

 そこには暗い部屋で真理子さんとヒデキが向かい合ってなにやら話しているのが見えました。
何を話しているのかはっきりきこえませんでしたが、どうやらヒデキはなにやら真理子さんにお願いしているようでした。

真理子さんはヒデキを見つめながら、仕方ないような顔をすると、なんと浴衣の上をはだけ、あのおっきなおっぱいをさらけ出したのです。

こぼれ落ちた浴衣に押さえつけられていた真理子さんのおっぱいは、服の上から見るよりはるかに迫力があり、明らかにボクの頭より大きかった。
それだけ大きいにもかかわらず、真理子さんのおっぱいはたれず、乳首はピンと上を向いていました。

ボクはまるで夢を見ているみたいでした、あのいつも気になっていた真理子さんのおっぱいを生で見ることができたのです。

さらに驚いたことに、ヒデキがゴクリと大きくつばを飲み込むと、そのおおきなおっぱいを両手で揉みだしたのです。

ヒデキは興奮して荒く息をつき、おっきなおっぱいに小さな手を食い込ませ、あらゆる部分を味わうようにもみしだいていきました。

僕はヒデキがうらやましくて悔しかったのですが、その光景にとても興奮してしまい、すでにオチンチンはカチンカチンになっていました。

ヒデキの手が動くたびに自由に形をかえるおっぱいはとても柔らかそうでした。そして、エッチなビデオを見て得た知識なのか、乳首をこりこりしたり伸ばしたりし始めました。

真理子さんはそんなヒデキをやさしい目で見つめていました。
そして、ヒデキが真理子さんをみて何かを確認すると、おっぱいに顔を近づけチューチューと音を立て乳首に吸い付きました。

片方のオッパイに吸い付いている間も、ヒデキは反対のおっぱいをもみもみしていました。
真理子さんは感じてきたのか、ほほが赤くなりとてもエッチな顔になっていました。
 
ヒデキは急に吸い付くのをやめ、浴衣の前をはだけパンツの脱ぎオチンチンを真理子さんの方に突き出しました。

ヒデキのオチンチンはボクのものより一回り大きくカチンコチンに硬くなっていていました。

真理子さんはヒデキのオチンチンをみるとフフフと笑い、手でこすり始めました。
ヒデキは気持ちよいのかピクピク反応していました。

しばらくすると、ヒデキはオチンチンを真理子さん顔の前にもっていき、なにかお願いするようにボソリとつぶやきました。

真理子さんはにこりと笑い、なんとヒデキのおちんちんをくわえたのです。
フェラチオだ、ボクの頭の中に、まるで現実的ではないと思っていた性知識の言葉が浮かびました。

ボクのオチンチンはありえないほど硬くなっていました。

真理子さんは目を閉じ、丹念にヒデキのおちんちんを舐めまわし、ペロペロチュクチュクと水のはじけるエッチな音がここまで聞こえてきました。
ヒデキは「ああっ!」「くぅっ!」などと、普段では考えられないようあえぎ声を出していました。

 真理子さんはフェラチオを止め、オチンチンをこすりながら「このままイク?」とこっちまではっきり聞こえるくらいの声でいいました。

ヒデキはなにやら懇願するようにボソボソっとつぶやき真理子さんを見つめました。
真理子さんは了承したように笑うと、そのままゆっくり仰向けになり、ヒデキがその上にまたがりました。

まさか、ボクはそう思いました。「私のおっぱい自由にしていいわよ」真理子さんがそういうと、ヒデキは寝ても崩れないそのおっきなおっぱいを小さな手で両脇からすくいあげ、そこに出来た谷間に真理子さんの唾液でベタベタになったオチンチンを突き刺しました。

真理子さんのオッパイは完全に結城君のオチンチンを包み込んでいました。パイズリだ。
ヒデキは、いままでボクが憧れ続け、触れることもできなかった真理子さんのやわらかくておっきなおっぱいを使ってパイズリをしているのだ。

ヒデキはあえぎ声をあげながらおっぱいを寄せ上げ、腰をふりました。
パンパンと肉と肉のぶつかる音が響いていました。

みると真理子さんもおっぱいをオチンチンを突かれて感じ始めたのか「あんっあんっ」と突かれるたびにいやらしい声を上げました。

 ヒデキは最初、ぎこちなく力任せにおっぱいにオチンチンをつきこんでいたのですが、しだいに持ち前のスポーツ神経でコツをつかんだのか、腰をたくましく使いすばやくオチンチンをオッパイの間に出入りさせました。

真理子さんの唾液とヒデキのオチンチンの汁が混じりあい、オチンチンがおっぱいの肉をかきわけるたびにネチャネチャといやらしい音をたてていました。

そして、いっそうヒデキの腰の動きが早くなり、二人の声が大きくなりはじめました。
「あああぁ!」
ヒデキがひときわ大きな声をあげ腰を叩きつけると、オッパイの先から出たオチンチンの先っぽから白い精液が飛び出し、真理子さんの顔にかかりました。

 ヒデキは余韻を楽しむように2,3度おっぱいを突いた後、オチンチンを真理子さんに突き出しました。

真理子さんはわかっているかのようにヒデキのオチンチンに吸い付き、ペロペロとなめ綺麗にしてあげました。

二人はしばらく、はあはあと息をついた後ほほえみあいました。
ヒデキがなんども頭をさげた後、こちらのほうに戻ってきたので、僕は急いで自分の布団の中にもぐりこみました。

ヒデキはボクが寝ているの確認すると、自分の布団の中へ入り、すぐに寝息をたて始めました。

ボクは布団をきつく握り締め声をあげないようにして泣きました。
ずっとボクのほうが真理子さんと親しかったのに。ボクは真理子さんが大好きだったのに。
何故こんなことに? そんな考えが頭の中で何度も反芻しました。

ボクはその夜、くやしさと興奮して硬くなったままのオチンチンのせいで眠れませんでした。

 次の日、寝れないまま起きると、ヒデキも真理子さんもなにごともなかったように振舞っていました。
ボクは朝飯ものどに通らず、二人に「どうしたの?」ときかれました。2人のせいだよ! ボクは叫びたかったのですが、そんな勇気があるはずもなく、
「大丈夫」と静かにつぶやくことしか出来ませんでした。

 その後、特に何があるわけでもなく、僕等は帰路に着きました。
変わったのは、車の中でボクは一言も話さず、そんなボクを気にもしないで、真理子さんとヒデキだけが楽しそうに話しているということだけでした。