なんで二股なんかかけてたりするの? [セックス体験]

当時俺13歳、従姉の香織は15歳。
香織は俺以外、ほとんど女性だった中で、香織は一番可愛かった。
性格も明るく、常にクラスの中心にいそうな存在だった。
親父の仕事の関係で遠くに離れてしまい。帰省するのは盆と正月ぐらいなものだったが
俺とその香織は、年が近かったのと性格も似ていたこともあって、
小学校の時にはすでに仲が良かった。
その香織には姉がいて、俺には妹がいたから、
帰省したときは、お互いに弟や姉ができた気分になってうれしかったのかもしれない。

香織は会うたびにどんどん女性らしくなっていったが、俺への態度は男同士で遊んでる感覚。
俺はというと、中学ぐらいから女性を意識するようになっていたので、顔では笑っていながらも香織の胸の膨らみや笑顔に、内心ドキドキしていた。

その日は、その香織だけがじいちゃんの家に泊まりに来ていて
「一緒に寝よ~」と誘ってくれた。妹は俺の親と一緒に寝てた。
そして布団を2つ並べて、俺と香織は寝ることになった。
(香織が俺の右側に寝てる状態)

香織は大き目のTシャツに短パン姿。電気を消しても、少し雑談してたけど
お互いだんだん口数が少なくなってきた。
どうやら香織は深い眠りに入ったらしく、スースーと寝息を立ててる。

香織に触れたくて、思い切って手を伸ばして、香織の手をそっと握っても起きない。
俺は興奮してきたので、寝返りをうつふりをして、香織の方へ徐々に近づいていった。
ふと香織は俺とは逆の方向に寝返りをうってしまった。香織のお尻がこっちに向いたので
今度はお尻のほうへと手を伸ばしていく。指先が触れても起きないので右手で
短パンの上から撫で回し続けた。その時点で、もうガマン汁出まくり。
そしたらまた寝返りをうって俺の手がお尻の下敷きになった。
寝てるのを確認して、そのままお尻をもみ続ける。

ますます興奮してきたので、今度はおっぱいを見たくなった。
仰向けになっていたので、そのままそーっと香織のTシャツをめくっていく。

大き目のTシャツを着ていたので簡単にめくることができた。
オレンジの電球に照らし出された香織のおっぱいは、小ぶりだけど形がよくて乳輪も小さくとても美しかった。
ゆっくり揉んでみるととても柔らかい。乳輪の部分はもっと柔らかい。

もう、ずっと揉み続けていたかった。しかし香織が「・・・う・・・ん」と声を出したので
あわててTシャツを元に戻して寝たふりをした。

2~3分経っても起きる様子がなかったので活動再開。今度はパンツの中へ手を伸ばしてみる。
短パンのヒモをゆっくり解いて、ヘソの部分からパンティの中に手を滑り込ませると、
とマンゲに触れることができた。そのままサワサワしてみる。

もっと下の方まで、と思ったがそのためにはパンティをグッと上にあげなければならなかったので
断念した。起きたらヤバイし・・・。短パンのヒモは結び直した。

これ以上はヤバイと思って寝ようとしたけど、興奮しすぎて寝れない。
一旦は距離を置いたのに、もう一度香織の方に寝返りをうって香織に近づく。
すると今度は俺のほうに寝返りをうってきた。

ヤバイ・・・。顔と顔の距離が10cmほどしかない・・・・。
完全にエヴァのシンジが寝てる所にアスカが寝ぼけてシンジの隣に寝たシーンと一緒だ。
あれぐらい距離が近い。
(エヴァの放送はこれより後だけど・・・。ネタがわからない人すまん)

閉じていた香織の口が少し開いて寝息が漏れる。かわいい。かわいすぎる。
俺はもう我慢できなくなって。香織の唇にそっとキスした。

相変わらず香織は寝息を立ててる。またキスしてみる。全然起きない。
それから何回キスしたか覚えていないが、今度は舌を入れてみようと思った。

幸い香織の口はまだ少し開いてる状態だったので、舌を入れるのは簡単だった。
理性がふっとんでディープキスしまくった。もっと香織とくっつきたいと思って、
首のところから右手を背中へ回し、軽く肩を抱いて俺の方へ引き寄せて激しくキスした。
5分はキスをしてたと思うが、俺はディープキスだけで射精してしまった。

ふと我に返って香織を見ると、声を荒げることもなく寝ていた。
トイレに行って精子で汚れたトランクスをティッシュなどでふいて
(トランクス+ハーパンだったので精子が布団にこぼれてなくてホントに助かった。)
トイレから戻ってみると、香織はやっぱり寝ていた。
自分の大胆さに驚き、そしてちょっと嫌悪した。

そんな俺の気持ちをよそに、香織は次の日も「一緒に寝よ~」と誘ってくれた。
俺はその日の夜も、同じ行為を繰り返して自分に嫌悪した。

ヤバイ行為だと思っていても止まらない。行為中に香織が目を覚ますことはなかった。
香織の息が乱れることもなかった。その日は射精しなかった。

香織とはどんどん仲が良くなっていった。お互いの両親からも「二人は仲がいいね~」
と言われるほどだった。香織がボケたりするのを俺が「何やってんだよ」とたしなめる。
そんな関係だったので、周囲からはいいコンビとしか思われなかったのかも知れない。
事実、香織がじいちゃんの家に来て泊まる時、隣どおし寝ても誰も文句も言わなかった。
しかし不思議と香織に対しての恋愛感情は生まれなかった。香織のことは大好きだけど
恋愛とはちょっと違う気がしていた。子供にしては生活圏が遠すぎたから
心の中で別の世界の人だと割り切っていたからかもしれない。

1年後。俺は14歳。香織は高校に入学し16歳になった。
夏休みに帰省して香織の家に俺と妹が泊まりに行く事になった。
香織はまた「一緒に寝よっ」と誘ってくれた。俺は香織の部屋で一緒に寝ることになった。

明け方に目を覚ました。外がほのかに明るい。香織を見るとまだ寝ているみたいだ。
そっと手を握ってみる。反応はない。
そのまま握っていると、突然ギュッと手を握り返された。
ビックリして香織の方を見てみると香織は目を覚ましていた。

「おはよう」と言おうとしたが、驚いたので声が出てこない。
すると香織はニコッと俺に微笑んでくれた。俺も微笑み返すと(顔が引きつってたかも)
香織はグッと俺を引き寄せてキスしてくれた。
初めはソフトに唇を合わせるだけ。そして舌を絡めて激しくキスした。
香織の舌が俺の口の中で動く。初めての経験に頭の中が真っ白になり夢中でキスした。

唇を離すと、香織はまた微笑んで今度は自分のTシャツをまくり上げる。
香織の小ぶりなおっぱいが現れた。俺がおっぱいから香織に目を向けるとまた微笑む。
俺は香織のおっぱいを口に含んで吸ったり、舌で転がしながら愛撫した。
香織は俺の頭をやさしく抱きしめてくれた。

何回もキスとおっぱいの愛撫を繰り返した。香織の吐息も徐々に荒くなっていったが
家族の者が起きてしまったみたいなので、お互い離れて寝た。
イチャついてる間、会話を交わすことはなかった。

疲れてちょっとだけ眠ってしまったらしい。親に起こされた。
香織は「おはよー」と言って起きた。普段と変わらない香織だった。

一瞬、夢だったかもと錯覚しそうなくらいだった。
なんで香織があんなことをしてくれたのか、正直わからなかった。
ただただ、興奮するだけだった。

次の日は香織がじいちゃんの家に泊まりに来た。
その日も「一緒に寝よ~」と誘ってくれた。俺から誘いたかったが、男から誘うと
いやらしい感じがしていたので、香織が誘ってくれた時はうれしかった。
香織はTシャツ+短パンの格好。夏場はそれが香織のパジャマらしい。

その日は香織が真ん中に陣取って、その右に妹。左に俺が寝てた。
豆電球だけ点けて部屋を暗くすると、寝つきのいい妹は5分ぐらいで寝息を立て出した。
俺はそっと香織の手を握る。香織も俺の手を握り返す。
目を合わせると香織はニッコリ微笑む。それが合図みたいなものだった。

妹が隣で寝てるのに、俺たちはキスしたり愛撫しあった。
会話はない。アイコンタクトのみ。たまに妹が寝返りをうって二人ともドキッとして
手を休めることがあったが、寝ているのを確認すると続きが始まる。

俺は興奮状態になり、お互い横になっている体制から、
タオルケットに隠れている香織の閉じている股を、手や足を使ってこじ開けようとした。
香織はクスッと笑いながら俺の手や足をつねったりたたいたりしてくる。
嫌がってはいるけど、やさしく怒られてる感じだ。

俺もつねられると手を引っ込めるが、しばらくするとまた股間を触る。
手をたたかれる。香織は妹の方を気にしてるみたいだ。

やっぱ下の愛撫は駄目だよな。と俺が思っていると香織はクルッと
俺に背を向けてしまった。俺はそのまま後ろから抱きしめに行く。

ギュッと香織を後ろから抱きしめると香織はその状態から
俺の股間に手を伸ばし、素早くトランクスの中に手を入れると俺のチンコを握り締めてくれた。

お互い腰の所に、タオルケットをかけていたので目では見ることができないが
俺は気持ちよすぎて動くことすらできなかった。

すると、今度はチンコを握り締めた香織の手が徐々に香織に近づいている。
つられて俺も香織の導く方向へ腰を上げていくと、チュプッっていう音がして
俺のチンコがいきなり暖かい何かに包まれた。

香織が自分の中に俺を誘導してくれたと気づくのに少しだけ時間がかかった。
(といっても実際は2秒くらいだったと思う)

香織がパンティを下げていたのにも全く気づかなかったからだ。
俺のチンコはどんどん中に入っていく。中はものすごく温かい。

今まで味わったことに感覚に「・・ぁ・・・・」と
俺は小さく声を漏らし、香織をそれまでにないくらい、後ろから強く抱きしめた。
その瞬間、俺は香織の中で射精してしまった。

入れてから数十秒しか経っていなかったと思う。ゆっくり香織からチンコを引き抜くと
俺はトイレに向かった。
トイレのなかでとんでもないことをしてしまったと思った。

初体験で中だし。避妊もしていない。もしこれで俺と香織の赤ちゃんができてしまったら俺は14歳で父親になってしまう。

香織はどうするだろうか??親になんて言えばいいのだろう。
今思えば、香織のことはほとんど考えず、独善的なものだった気がする。
俺はトイレから香織が寝ている所へなかなか戻れなかった。

意を決して戻ってみると、香織は俺に背を向けた先ほどと同じ体制で寝ていた。
声をかけようと思ったが、かけることができなかった。疲れて俺は眠ってしまった。

朝起きると香織はいつもと全く変わらなかった。俺の両親ともニコニコしながらしゃべってる。
俺は冷静を装いながらもすごく動揺した。
結局、香織は妊娠していなかったわけだが・・・。

それから俺と香織は、俺が帰省した時は、みんなの目を盗んでイチャイチャした。
イチャイチャしてる時は、ほとんど会話はしなかった。

高校生なったぐらいから、香織は男遊びが激しいと香織の両親からたしなめられてた。
すぐに彼氏が変わるらしい。香織はどこ吹く風って感じだった。

香織の姉が才色兼備だったため、それへの反発があったのかもしれない。
香織自体も実際はまじめ(部活の成績はトップクラス。3年からは大学へ行くため猛勉強等)なのだが、ギャルっぽくなった時期もあり、明るい性格はさらに輪をかけたため、
親族からもお調子者として見られていた。

お互い大学生になって、俺一人で帰省した時に、香織も大学から実家に戻っていたらしく香織の親から折角だからデートでもしたら?って言われたのでデートすることになった。
ショッピングを巡りながら近況報告や恋愛話をしてると、香織がこう言ってきた。
香織「私さ。中学ぐらいから彼氏がいなかったことないんだよね~」
俺「いや。自慢にならねえよ。何?別れる直前には二股かけてたってこと?」
香織「そうそう」
俺「男の敵だな」
香織「でも、遊びで付き合ったことはないよ。いつも本気」
俺「はいはい」

会話はここで途切れたが、俺がぼそっとしゃべりかけた。

俺「なんで? なんで二股なんかかけてたりするの?
   少しぐらい、彼氏がいなくたっていいじゃん?」

香織はちょっと黙って少し寂しそうな顔をして、こう答えた。
 「だって、一人は寂しいよ」

あまりにもローテンションだったので、俺は「ふーん」と答えたきり
もうそれについては、何も質問しなかった。

ずっと前から俺と関係を持ったことについて香織がどう思っていたのか、
俺が香織が寝ている時に、キスしたのを知っていたのか聞きたかったがそれもやめた。
彼氏がずっといたって聞いてもヘコむこともなかった。

俺達の関係は棚に上げといて、もっと自分を大切にしろよって思った。
遠まわしに香織に言ったこともある。でも香織は笑ってるだけだった。

それから数年して、また香織とはセックスした。
どちらから誘うわけでもなく、暗黙の了解ができてるみたいに始まる。

やっぱり行為に及んでるときは、お互いの名前を呼び合うこともなかった。
ただ二人の吐息だけ。会話もない。
朝起きると仲のよい二人に戻る。よくしゃべる。

香織は男遊びが激しいと、まだたしなめられてた。
俺だけ「もう大人なんだから、本人の好きにさせたら?」
とやんわり香織を擁護していた。

そんな香織も結婚した。二人きりで会うことももうないと思う。
香織には本当に幸せになって欲しい。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする