ホームランを打つとマネージャーとヤれる夢のような野球部www


うちの野球部には、ひとつの“ごほうびルール”があります。それは、試合でホームランを打ったら、マネージャーとエッチできるというものです。

マネージャーはわたしだけしかいないので、必然的にわたしがエッチすることになります。すべては甲子園に行くため、とわたしも割り切っています。4番バッターの吉田君とは、もう何回したか分かりません。

だいたいホームランを打つ人はいつも決まっているのです。でも、今日は、意外な人が起死回生の逆転ホームランを放ちました。“バント職人”と呼ばれる、2番バッターの鈴木君です。

試合を終えて学校に戻ると、マネージャー室に鈴木君がやってきました。すでに、顔を真っ赤にして緊張しています。

「あ、鈴木君」
「あの……マネージャー……その」
「分かってるよ。大丈夫だよ。エッチしに来たんでしょ」
「……うん」

鈴木君は硬直したまま、まったく行動を起こそうとしません。緊張しきった鈴木君の学生服やワイシャツを、わたしは一枚ずつ脱がせていきます。

「鈴木君、今日は頑張ったね」
「うん……、マネージャーとどうしてもエッチしたかったから」

わたしは嬉しくて、鈴木君にキスをしました。舌を入れて絡ませると、鈴木君は目尻をとろんとさせて、かわいらしい表情になりました。クチュックチュッ、音を立てて舌を絡ませながら、ズボンとトランクスをおろします。

「鈴木君、エッチするのはじめて?」
「……うん」

唇を離し、下に視線を向けて驚きました。そこにはメジャー級のオチンチンが勃起していたのです。はちきれんばかりに硬直しています。

「鈴木君、おっきいねぇ」
「マネージャーのオッパイこそ……」

鈴木君がわたしの胸のあたりを凝視しています。わたしは制服とブラジャーを脱ぎながら、「触っていいよ」と言いました。

慣れてない手つきで、鈴木君はわたしの胸を揉みます。力強く、純朴な愛撫です。わたしは、はぁん、と声を洩らしました。

「鈴木君、乳首も舐めてぇ」

言うやいなや、鈴木君は乳首に吸いつきました。まるで赤ちゃんのように、ちゅうちゅうと吸います。そして乳首を甘がみします。わたしは腰をくねらせ、あんっあんっ、と声を上げながら、鈴木君のオチンチンを右手で握ります。

「マネージャー、オマンコも触っていい?」
「いいよぉ」

鈴木君の手がスカートをめくり、パンティの中に入ってきます。「優しく触ってねぇ」と言うと、鈴木君は軽くつつくように、クリトリスのあたりを刺激してきます。負けじと、わたしはオチンチンを握った右手をゆっくり動かします。

「マネージャーのオマンコ、濡れてるよ」
「だって気持ちいいんだもんっ。ねぇ、穴に指入れてぇ」

鈴木君は、人差し指を膣に挿入しました。身体中に快感が走り、わたしは、はぁ!と叫びます。指がゆっくり動きはじめ、膣内はかき回します。私は快感のあまり膝がガクガクし、鈴木君の首にしがみつきました。指の動きが激しくなってきて、もう立っていられそうにありません。

「鈴木君、もうっ、やめてっ、立ってられないっ、次は私が舐めてあげるからっ」

指がオマンコから抜かれると、私は床に膝まづき、鈴木君の超特大ペニスを口に含みます。口を精一杯に開けて、やっと入りました。ペニスの先端が喉の奥にあたります。

最初はゆっくりとペニスを口に出し入れし、徐々に動きを激しくしていきます。口唇でペニスを締め付けるようにして、刺激を与えます。あまりに大きくて口にすべて入らないので、根本の方は手でしごきました。

頭上で、はぁはぁ、と鈴木君が気持ちよさそうに息をしています。

「マネージャー、僕、もう我慢できないよ」
「挿れたいのぉ?」
「うん、オマンコに挿れたい」

わたしは鈴木君にコンドームを付けてやり、床に仰向けになりました。鈴木君が野獣のように、わたしに覆い被さってきます。

「焦らないで、穴をよく確かめて挿れてね」
「うん」

鈴木君は指で穴の位置を確かめ、チュルッという音を立ててペニスを挿入してきました。

なんて大きいのしょう!オマンコに挿れられて、あらためてその巨大さを実感しました。ただ挿いっているだけで、もうおかしくなりそうです。鈴木君がまったく動いていないうちから、はっ、はぁんっ、はんっ、と感じてしまいました。

そして、鈴木君が腰を動かしはじめます。もう、オマンコが破けちゃうんじゃないかと思いました。膣の奥に、ペニスの先端が力強く当たります。わたしは自分でも恥ずかしいくらい、大声をあげ、よがりまくりました。

「はんっ、やぁんっ、だめぇっ、もうっ、あぁんっ」
「もっと激しく動いても大丈夫?」
「えぇっ、なっ。はんっ、それはっ、はぁんっ」

鈴木君の動きが激しくなり、わたしの頭は真っ白になりました。涎を垂らし、ひたすら喘ぎ続けました。

どれくらいそうやって鈴木君に突かれていたのでしょうか。

「マネージャー、大丈夫?」

気づいたときには、鈴木君は射精を終えていました。それでも、わたしは頭がぼーっとして、しばらく夢見心地のままでした。

わたしは、セックス兵器のような鈴木君の虜になってしまいました。今では彼を特別扱いにし、バント3回でエッチできることにしてあげています。