Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私は結局彼にやられてしまいました…[エッチ体験]

これは私が高校2年の夏の話です。
私は女子高に通っていて、男友達もあまりいなく、積極的に彼氏を作ろうともしていなかったので、現実問題として彼氏が出来るとも思えず、ごく普通の(?)高校生活を送っていました。
ある日、そんなには仲がいいというほどでもない友達から合コンの誘いを受けました。
別に断る理由もなく、とりあえず行くことにしました。
飲んだ後、花火を見に行くとかで、女の子は全員浴衣を着ていくことになりました。
相手の男の子たちはごくごく普通の子達で、隣になった子は好みではないにしろまずまずの感じでした。

居酒屋で飲むのも私はこのときが始めてて、少しよっていたのも手伝ってか、結構いい感じになってしまいました。

で、一次会は終わり、花火を見に行くことになりました。

よく見えるポイントがあるとかで、人がいっぱい集まっている場所からは少し離れた、ある公園に行き、仲よくなった人同士で少し離れて座りました。

と言ってもそれほど離れていたわけではありませんでした。

そのうち彼が寝転がったので、私も彼の横に寝転がりました。

始めはたわいもない話をしていて、そのうち花火を見つめていました。

そうすると彼が腕を伸ばしてきて、腕枕をしてやると言うのです。

初めは抵抗があったのですが、彼がこれぐらいは普通のことだと言うし、

友達たちもみんなしていたのでいいかと思い、してもらっていました。

彼が、ステキだねって言いました。

こんなきれいな花火を、君みたいなかわいい子とこうして見れるなんて幸せだよ。とも言いました。

私は酔っているせいもあってか有頂天になりそのことばに酔っていました。

そうすると彼がそっとキスをして来ました。

私はびっくりしたんですが、すごく自然でヤラシイ感じのキスではなかったので、されるがままになっていました。

すると彼の唇が首筋のほうに下りてきました。

わたしがびっくりして、ちょっと、というと、彼は、こんなこと普通のことだよ、と言い、みんなを見てごらんといいました。

確かに友達たちはそんな感じになっているように見えました。

別にへんなことじゃないし、こんなキレイな花火と月(も見えました)見れたらいい雰囲気になりたいじゃん。

と彼が言うので、なんとなくそんな感じもしてそのままになっていました。

そのうち彼の手が胸に伸びてきました。

さすがにこれには私も抵抗しようとしましたが、やはり彼は同じようなことを言い、

まわりの友達たちもそんな感じになっていたのでよっていたこともあり、そのままされるがままに。

その後彼の手は浴衣の中に入ってきましたが

生まれて初めて感じる心地よい快感と恥ずかしさで

やはりされるがままになつていました。

頭は何かぼーっとして、ほとんど何も考えられなくなっていました。

しかし、彼の手がパンツを脱がそうとした時はさすがに拒否しました。

彼はやはり同じことを言いましたがさすがに拒否しました。

すると彼は、わかった。

じゃあやめるよと爽やかに言い、でもへんなつもりはなかつたんだけどな、と言いました。

その後浴衣のすそを直し、しばらくは腕枕されて彼に手を回しながら花火を見ていました。

そのうち彼が、よく考えてみな。友達たちは下着の線出てた?と聞いてきました。

確かに!出てなかった。

何でだろうと私が言うと、彼は、和服のときは着ないもんなんだよ。とさも当然のように言いました。

あとで聞くと友達たちはTバックをはいていたらしいんですけど、

Tバックをはくなど考えもつかなかった当時の私はそれに納得してしまいました。

そっちのほうが浴衣姿がキレイだからと言う彼に、さっきもいやだと言ったら途中でやめてくれたというのもあり、脱いでしまおうとか思いました。が少し悩んでいました。

すると彼がはずかしいんなら脱がしてやるよと言い、あれよあれよという間にするりと下げられてしまったのです。

中途半端な位置にあるのは余計恥ずかしいし、私は思い切って脱いでしまいました。

彼はその後もしばらくはとくにいやらしいこともせず、胸のあたりを触るにしても乳首にはいかず、

そのあたりをやさしくなぜられていました。

そのうち私はまたぼーっとしていました。

そのうちいつの間にかやはり浴衣ははだけられていて、そして、やはりいつの間にか乳首をさわられていました。

もう私はどうしようもなくなっていましたが、強引ではなく、いつもやさしく、

いかに二人でいるのがいい感じかと友達たちもみんなそんなことになっていたので、拒否し切れませんでした。

そして、私は結局彼にやられてしまいました。

さすがに始めての挿入は痛かったですが、周りに人がいるのと、みんなやはりしていたので、結局声も出せないでいるうちに、痛いだけから、抜く時に少し感じるようになって来ました。

一度気持ちいいと感じるともうとめることは出来ませんでした。

結局彼とは半年ぐらい付き合いましたが、なんとなく別れてしまいました。

あとで聞くと、男4女4のうち、二組ははじめからカップルだったそうで、

カップルでないもう一人の女の子も結局やられてしまったようでした。

そんな夏でした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!