家族でセックスを楽しむ変態家族[エッチ体験談]

500回目のセックスをした日の事です。最初の頃は5分もたたないうちに射精していたのに、今は30分ぐらい持つようになって、母からは「将来のお嫁さんは、セックスの上手な旦那さんをもらえて幸せねえ」と言ってくれます。でもすべては母や妹のおかげなので感謝しています。

500回のことは朝ごはんを食べている時にみんなに言いました。妹が「お兄ちゃんの年で500回は多いの?」と聞くと父が多いけど自分の方が多かったといって昔の話をしていました。父も初体験はお母さんとしたことは前に聞いたのですが、14歳の時からほとんど毎日していたので18歳のころには1000回はしていたと言っていました。でも母ひとりだけなのでその点は負けたと言っていました。父は今日は僕のやりたいようにやりなさいと言って、母と妹には奉仕するように言いました。

そこでさっそく「ごはんを食べさせて欲しい」というと母が僕の口元に食事を運んでくれました。母や妹の唾液が好きなので、母が口の中で柔らかくしたものを妹が受けて、最後に僕が食べました。父の影響ですが、母や妹の唾液入の食事が好きです。デザートのバナナは母がオ○コに入れて食べさせてくれました。ヨーグルトは妹のオッパイにのせて食べました。くすぐったいと言ってました。僕が食事を終わったあとで今度は僕が食べさせてあげました。バナナとチ○ポを一緒にフェラチオするようにいいました。母も妹も口を大きく開いて一緒に入れました。入ると僕がチ○ポを抜いてバナナを残しました。ヨーグルトはチ○ポのまわりにベタベタとつけてそれを舐めさせました。

ごはんを食べたあとでシャワーがあびたくなったので、母と妹に洗ってもらうことにしました。母に服を脱がせてもらいました。妹の服は父がいる時は父が脱がせるという決まりがあるので父がうれしそうに脱がせていました。母は僕が脱がせました。そして3人でお風呂場に行きました。髪を洗ってもらったあとで、母と妹がオッパイをこすりつけてからだを洗ってくれました。腕や足は妹がオ○コの毛にせっけんをつけて洗ってくれました。母は毛を剃っているので洗えないから、手でチ○ポを洗ってくれていました。仕上げに壷洗いをするために母と妹が僕のものをつかんで上から乗ってきました。家のお風呂でする時は子供が数字を数えるみたいに「いち、にい、さん、しー」とやります。10回ずつやると今度は立ったまま入れて10数えました。同じように最後はバックで10数えました。風呂場から出てからだを拭いてもらうつもりだったのですが、激しく突きすぎたので、母と妹が感じてしまっていたので自分で拭きました。

いよいよ500回目のセックスですが、来客用の部屋でしました。妹が友達を連れて来たときのことを考えて、キングサイズのマットを先週買ったのです。マットだけなのでセックスするのに都合がいいです。衣装は僕は裸で、父は会社から持って帰ってきたハッピ。妹はブルマー、母は買ったばかりのナイトウエアですごくエッチな奴です。そして母と妹のオ○コにはリモコンバイブが入っています。ハッピ以外は僕のリクエストです。ハッピはこのまえ父が妹に着せて僕と父が交代で妹をお御輿みたいにして駅弁でセックスしたのですが、わざわざハチマキまでしたのに、あまり面白くなかったのでそれ以来妹に着せるのをやめました。今日は父は僕が休憩する間中、母と妹のオ○コが乾かないようにチ○ポを入れる役割をします。

最初は母と妹に全身を舐めてもらうことから始めました。母も妹も僕が感じるポイントを知り尽くしているのでそこを中心にせめてきました。でも妹が舐めてくるポイントは限られています。足の指とかは母専門です。2人ががりのフェラチオに入って、バイブのスイッチを入れました。父が2つのリモコンバイブを別々に動くようにしようとしたのですが、だめだったので母と妹のオ○コの中で同時に動きだしました。母と妹は気持ちよさそうな顔をして懸命にフェラチオしてくれました。ふたりでやってもらう時の一番気持ちいいのは、口で1回ずつ吸ってもらうのが気持ちがいいです。そして母が吸うとチ○ポを母が妹の口に入れます。そして妹が吸うと妹が母の口に入れます。これを何回かやられるとほんとうに気持ちがいいです。

そろそろ入れたくなったので、母と妹のオ○コからバイブを抜きました。オ○コ汁がたっぷりついていました。母の方はベトベトになっていました。最初は母を正常位で入れました。妹は私の乳首を舐めたり、キスをしたり、後ろに回ってお尻を舐めていました。途中で交代し妹に入れました。途中からはふたりを正常位で並べて交互に入れました。母と妹はレズのようにキスをしておたがいのオッパイを揉んでいました。途中から父のチ○ポをフェラチオさせました。僕が母を突けば、父は妹にフェラチオさせ、僕が妹にすれば、父も母に替えていました。バックで並べて突いたり、母と妹にシックスナインをさせて交互に入れました。入れられていない方は下から僕の玉を舐めてくれました。

母と妹が1度ずつイッタあとで、二人の顔を並べておいて母を突きまくりました。そしていきそうになったので母のオ○コから抜いて母と妹の顔に精液をかけました。母と妹が口を開けて待っていたので、ほとんどは口に入りましたが、ほっぺたにもつきました。全部出たあとで、チ○ポを舐めてきれいにしてもらいました。母と妹はたがいの顔についたものを舌でなめとっていました。そして僕が言うように精液を母と妹が交互に口に入れ、舌で味わったあとで半分ずつわけて飲んでいました。

精液を飲み終わった時に父がケーキを持ってきました。僕が風呂場にいる間に買ってきたそうなのです。父がローソクに火をつけ、ハッピーバースデーのメロデイで父が「500回おめでとう」と歌ったのでみんな笑いました。ケーキをチ○ポで切ろうと思ったのですが、反対されたのでやめました。そのあとは、父を入れて4人でやりまくりました。いろんな体位でやりました。僕と父が横になって、母と妹が上から入れて途中で交代するようなこともしました。

途中からは「夏のセックスゲーム大会」をしました。最初は父妹と母僕の2組に分かれて、スイカ割りをするみたいに僕と父が目隠しして、オ○コを広げて待っている母と妹のところまで、誘導されながら歩いて行ってチ○ポを入れる競争をしました。先行は母僕チームでリビングのスタートラインからソファに座って足を開いている母の所に行って入れるまでに20秒かかりました。入れる時は自分の指でオ○コを開く以外のことは出来ないルールだったので、入れるのにちょっと時間がかかりました。

次に父妹組ですが、妹の股の間に父がついたのは早かったのですがチ○ポが立っていなかったので、立たせるまでのロスタイムがあって僕の組が勝ちました。

2回戦は駅弁競争です。階段を上がることは僕には出来ないので、玄関からリビングとキッチンを通って客間までを計りました。入れたままでただ歩くだけでは面白くないので、それぞれの部屋で10回突くことにしました。ハンデのかわりに僕は5回にしました。場所が広かったら一緒に走るのですが、タイム制にしました。母僕が25秒でした。父妹は父がマシンガンのように突きあげるので僕が突くより早くて20秒でした。母が162cm52キロで妹は156cm43キロと差があるのでさらにハンデを要求すると、父が「1キロは1歩だなあ」と言って7歩短くして再挑戦したのですがだめでした。

これで1対1の引き分けなので、3回戦をしました。3回戦は僕と妹がセックスし、先にイッた方が負けというゲームです。母は僕の組なので妹をいかせようと手伝います。父は妹の組なので僕をいかせようとします。じゃんけんで僕が負けたので女性上位でしました。僕は上に乗った妹を早くいかせようと下から突きまくりました。母は、妹のオッパイをなめたり、妹のからだを強引に前に倒して妹のオ○コを舐めはじめたのですが、母の舌が僕のチ○ポにもあたって逆効果なのでやめさせましした。父は、アナルバイブで僕のお尻の穴をいじってきました。そして妹が感じ始めると、妹が笑うようなことを言って気をそらせていました。母が妹にキスをしながら妹の乳首をいじると妹は父の話を聞く余裕がなくなったので、僕は突きまくりました。やばいと思った父がアナルバイブで僕の玉をいじり始めて気持ちよくなったので、最後は真剣勝負になりました。母が妹の腰を上下させるのにも手伝ってくれたので、妹が先にイッてしまいました。僕がいったのはそのすぐあとでした。中だししても大丈夫だったので、妹の中に出しました。妹のオ○コのあと始末も僕のあと始末も母がしてくれました。2対1で母僕組が勝ちました。でも商品は何もありません。

ここまでで僕が3回、父は1回出していました。お腹が空いたのでピザを頼みました。ピザを食べるまで僕は休憩しましたが、父は妹を制服姿に着替えさせるためにふたりで妹の部屋に行きました。ピザが着たので父と妹を呼びに行くと、父は制服姿の妹の腕を脚に縛りつけていました。妹は歩けないので父がだっこしてリビングまで連れて来ました。

ピザを食べたあとで、縛られた妹を父と僕と母の3人でむちゃくちゃにしました。母はレズ用のバイブを持ってきて、3人で順番に妹のオ○コにチ○ポをいれました。母は自分のオ○コに入れたまま後ろ向きで入れていました。妹が感じまくったあとで父が妹の口に出して、僕は母の口に出しました。そして母と妹が精液を混ぜたのですが、何回か出したあとだったので2人分でも量は多くなかったです。

途中からどうしても見たいテレビが始まったので僕と妹は休戦してテレビを見ました。でも父と母がちょっかいしてくるので、母と父を縛りました。遊びなのでいやがらずに縛られていました。そして母のオ○コにはバイブを入れて抜けないようにしました。でもテレビを見ていると母がよがり声を上げてうるさいので抜いてしまいました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする