Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

クリを舌の先で弄ると母が体を震わせて声を上げ始めた [セックス体験談]

「あの人に悪い、こんなこと、しちゃいけないのに、」
SEXの最中、母はいつも1回はそう言う。
そのくせ俺の体の下で、いやらしく悶えて、俺が射精するまでに2、3回は逝ってしまう。
母39才、俺18才、今年の10月12日からSEXしてる。
来年卒業する俺が10月初めに採用通知をもらえて、死んだ親父の墓参り兼報告に新潟に帰った日の夜が最初だった。
親父の親戚とはもうあんまり付き合いが無いので、十日町近くのホテルに泊まった。
墓参りして、俺の就職報告と、自分の再婚報告を済ませた母は「これでもうお父さんも安心してくれるわ」、そう言って微笑んだ。

俺は内心、少しだけ心苦しかった。
この旅行中に、母を自分のものにするつもりだったから。
来年春、俺が卒業して就職するのを待って、母は再婚する予定だった。
相手は母と同じ職場の45才バツ一の課長さん、俺に大学に行けって勧めてくれた善い人だが、あんまし好きじゃない。

別に嫉妬してるわけじゃないけど、あまちゃん能年似の母が、あんなハゲオジと結婚してセックスするのかと思ったら、どうしても自分のものにしたくなって来てた。

ホテルと言っても温泉観光ホテルみたいな所で、部屋も和室、夕飯食ってる時も、隣の部屋に並べて敷かれてる布団がやたら気になった。
母は、親父に報告済ませられたのと、久しぶりの親子旅行ってことで、妙に浮かれてて晩飯の間ビールを4本も開けた。(俺もビン半分は飲んだけど。)
酔っ払った母も色っぽかった。

「お風呂行こ、家族風呂があるんだって、久しぶりに一緒に入ろ、」
勝手に盛り上がって、仲居さんに頼んで、家族風呂に入ることになった。
体もエロかった。オッパイはCカップ近くはありそうだし、尻がでかくて、ウエストが細い分、すげえエロかった。

俺のペニスも堅くなってきてしまって、母に見られないうちに湯船に入った。
母も続いて入って来たけど、入る時にあそこが見えて、よけい興奮してペニスは完全に勃起してしまった。
しかも間近に寄って来たんで、オッパイのポッチも湯の中でユラユラ揺れる陰毛も、全部俺の目の前。

「かずちゃんはお父さんに似て背も高くなったけど、体もがっしりして、男らしくなったわねぇ、」
まじまじ見られて、勃起してるのがばれた。
「やだなぁ、お母さんの裸見ておちんちん大きくしちゃったの?」
酔っ払ってて、自分がどんな状況かわかってない。
夜中に夜這いしてやろうと思ってたけど、もう我慢出来なくて、母に抱きついてキスした。

母が何か言いながら暴れたけど、オッパイに食いついて、あそこを弄った。
指であそこを掻き回した。
「だめ!、そんなこと、だめぇ!」
そう言いながら風呂から出て行きかけた母の尻を掴んで、後ろから突っ込んだ。

「いやぁあ!」
悲鳴のような声を出す母の尻をがっしり掴んで腰を動かした。
想像以上にきつくて、熱い母の膣が俺のペニスを締め付けて、俺はすぐに射精しそうになった。
「だめよ!、かずちゃん!、そんなの!、」
俺が母の中に精液を打ち込んだ瞬間、母が体を強張らせて、叫び声を上げた。

「はぁ、はぁ、」
荒い息をしながら、母は風呂の縁に手をついたまま、もう何も喋らなかった。
俺は母の尻を掴んだまま、あまりの気持ち良さに身動き出来ずにいた。
母が少し息する度に、膣が俺のペニスを締め付け、ペニスが堅くなって来てしまって、また腰を動かし始めた。

「ああ、いや、だめ、」
母のそう言う声が喘ぎ声に聞こえて、ますます興奮して、だんだん激しく動かすようになってしまった。
時々、俺の方を振り返って何か言いたそうにしては、目を閉じて呻く母がエロかった。
だんだん母の尻が俺のペニスの出し入れに合わせるように動き始め、体も前後に揺すり始めた。

「かずちゃん!、」
母が体を突っ張り、俺のペニスをすげえ締め付けながら、絶叫して、逝った。
ぐったりした母の体を後ろから抱き抱えたまま、俺も母の中に射精した。
そのまま風呂の中で、母が気付くまで膝の上に抱えるように座ってた。
まぶしそうに目を開けた母の顔が可愛くて、キスした。

風呂から出てもずっと黙ったままで、母はかったるそうに浴衣に着替えたけど、浴衣の下は何も着なかった。
俺の手を引っ張るように部屋まで戻ると、浴衣を脱いで裸で布団の上に横になった。
「かずちゃん、もっとして、お母さんのこと、めちゃくちゃにして、」
目を閉じてそう言って、両足を開いた。

もう2回も射精したのに、俺のペニスはぐんぐん大きくなって、浴衣を放り捨てるように脱ぐと、母の両足の間に座り込んでクンニを始めた。
クリを舌の先で弄ると、母が体を震わせて声を上げ始めた。

あそこは俺の精液の匂いと母の体の匂いが混ざってイヤラシイ匂いと、しょっぱい味がしたが俺が舌で舐めあげるとまるで別の生き物みたいに動いて、濡れて来るのがわかった。
「かずちゃん、入れて、もう、入れて、」
母の声に誘われるように、俺は母の膝を掴んで開いて、ペニスを突き入れた。

「うぅう、ああ、」
俺のペニスを受け入れながら体をくねらせ、喘ぎ声を大きくした。
「愛してるよ母さん」
そう言いながらキスしに行くと、今度は舌を絡めて来てくれた。

「ああ、かずちゃんのおちんちん、大きくて堅い、気持ち良い、あたしもかずちゃんのおちんちん好き、」
俺の言ってることなんか聞いてもないような感じで、そんなこと言いながら尻を揺すって悶えた。

ホテルで何回やったか覚えてない。
最後は母の体の上に突っ伏すように眠ってしまい、母に揺すり起こされて目が覚めた。
母は朝飯の時も、帰りの電車の中でも何も言わなかった。
ただ俺と目を合わせたくないみたいに、外の景色ばっかり見てた。

家に帰ってから晩飯を食べる時も、黙って用意してくれて、2人で黙々と食べた。
その後も同じで、風呂も別々に入り、リビングでTV点けても黙り込んで座ってるだけだった。

あんまり母が喋らないんで、俺が自分の部屋に行こうとしたら、母が急に立ち上がって俺の手を取って母の部屋に連れて行かれた。
「かずちゃん、何したかわかってる?、自分のお母さんに何したか、わかってるの?」
そう言った後に、服を脱ぎ始めて裸になって、立ち竦んだままの俺の服も脱がし始めた。

「お母さんいっぱい感じちゃった、かずちゃんと、自分の子供とセックスして、いけないのに、いっぱい感じちゃったの、」
俺に抱きついて、ペニスに触りながらキスして来た。
俺のペニスは母の指で弄られてすぐに勃起してしまった。

「逝っちゃったの、かずちゃんのおちんちんで、あんなに、いっぱい、いっちゃったの、」
俺に貫かれながら、母が喘ぎながら何回もそう言って、俺の下で泣き悶えた。

それから、今日まで母と毎日に近いくらいやってる。
母の腹の中には子供がいる。残念ながら、俺の子じゃない。
妊娠4ヶ月、ハゲオジの子供だ。

けど母は迷ってる。俺とのセックスの方が気持ち良い、感じるって言ってる。
ハゲオジのことも嫌いじゃないって言いながら、俺とセックスしてる。
「あの人の子供じゃなきゃいいのに、かずちゃんの子供だったら、いいのに、」
そう言いながら、ハゲオジにも抱かれ、俺にも抱かれてる。

俺も迷ってる。
その内、今の母の体より良い体の女が出てくる。そうは思うけど、母の体から、卒業できない。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!