30人以上にずっと犯されつづけました…[セックス体験]

こんばんは。lといいます。19歳の大学生です。
皆さん、聞いてください。

先日、私は栃木県のある温泉に行ってきました。
そこにはサウナがあり、男女混浴でした。

水着着用だったので、私は青いビキニを着て入りました。
家族と一緒だったのですが、その時私は一人でした。

サウナの中には、私と、おじさんの二人づれだけ。
すいていたので、私はのんびりと入っていました。

すると、そこに3人組の男性が入ってきました。
3人とも茶髪で、チーマー系の人たちでした。

そして驚いたことに、3にんとも全裸で、タオルで前を隠して入ってきました。
お尻は、丸見えです。私は、慌てて目をそらしました。

すると3人は私に気付き、近づいてきて、私を囲むように座りました。

「こんにちはあ」
まったく経験のない私の、すぐ30センチくらいの距離に、
タオルで隠しただけのおちんちんが3つもあるのです。

私は何も言えずに、じっとしてました。
「どこから来たんですか?」
しかし、彼らがあまりに紳士的なので、私の気持ちは緩みました。

「あ、東京です…」
「東京のどこ?」
会話は結構弾みました。

途中、その一人が、「あっちいなあ」と言って、タオルで顔を拭きました。
おちんちんがちらっと見えました。私はドキドキしました。

すると、その内に中の一人が、こういいました。

「ねえ、野球拳しない?」
「ええ? やだよー」私は言いました。
「違う違う! やらしいんじゃなくて、ほんとーに明るいヤツ!!」
「ね? いいじゃん。君が負けても、ブラちょっとずらすだけでいいから」

私は考えました。
私は男の人のおちんちんに、ちょっとは興味がありました。

単純に4分の3の確率で、どれかを見ることが出来る。悪くありません。
迷っている私を見ると、3人は喜んで言いました。

「オッケー! じゃいくよー!!」
「じゃんけん…ぽん!!」 すると、背の高い男が負けました。
よし! 私は心の中で叫びました。

「まじかよ~」その人は、そういいながらも嬉しそうでした。
「ちゃんと見せろよ!」 他の人たちが言います。

彼は、私の目の前20センチくらいのところに立つと、タオルを遠くに投げました。
モロに、おちんちんが視界に飛び込んできました。
ボッキしていていました。

「じゃ、次いくぞ、次~!」
え? 私は驚きました。1回で終わりじゃないの?

「じゃんけんぽーん!」
みんなが出すのにつられて、私も出してしまいました。
すると、私の負けでした。

「やったあ!!」「ブラいこうぜ、ブラー!!」
しょうがないので、私はブラを1センチほど、ずらしてみせました。

「…はい」
すると、彼らは明らかに不機嫌そうに言いました。

「何いってんだよ、とるにきまってんだろ」
「え?」
「こいつは脱いだんだから、お前も脱ぐんだよ」

雰囲気が急に変わりました。
私は怖くなって、負けたんだからしょうがない、と思ってブラを外しました。

「お~、でっけえ~!!」
「乳首きれーじゃん!!」

男たちは口々に卑猥な言葉を言います。
私は慌てて、両手で胸を隠しました。

「はい、じゃあ次いこうかあ、次~!」
さすがにマズい、と思って私は逃げようとしました。
でも、男たちが周りを囲んでいて、逃げることが出来ません。

離れたところにいたおじさん二人も、ニヤニヤしているだけで助けてくれません。

「出さないと負けだよ~! じゃんけんぽ~ん!!」

私はしょうがないので、片手でオッパイを隠しながら、片手で出しました。

すると、他の男が負けました。
男は嬉しそうに、「じゃあ脱ぎまーす!」と言って、私の顔のそばでタオルを投げ捨てました。

やっぱり勃起していました。

「サービスでーす!」そう言うと男は、私の顔を押さえつけて、
顔におちんちんをおしつけ、こすりつけてきました。

「あ、オレも~」
さっき脱いだ男も、もう片側から私のほっぺたにこすりつけてきます。

「う~!!」
私は慌てて押しのけようとしましたが、
片手で胸を押さえているので、うまく出来ません。

「おいおい、こいつらがこんなにサービスしてんだから、お前もサービスしろよ」
そういうと、残った男が私の腕を押さえつけ、万歳させました。

「ちょっ…!!」
そういうまもなく、私の胸はこぼれました。

「すっげー! すっごいカッコしてるぜ~!!」
私は、必死で逃げようとしました。
でも、男たちはものすごい力で押さえつけてます。

その時、新しく3人の客が入ってきました。みんな男でした。

「助けてください!!」 私は大声で叫びました。
「おいおい、何してんの、お前ら」
「あ、こいつと野球拳やってんですよ」
「へえ、俺らも参加していい?」
「あ、どうぞどうぞ」

そいつらは、私を助けるどころか、自分たちも脱いで、
面白がって私の顔や足に、おちんちんをこすりつけてきました。

「はい、じゃあ全員とジャンケン。一人で勝ったら、出ていいよ」
「…え、本当?」 私は、死ぬ気でやりました。

「じゃんけん、ぽん!!」
でも、全部で7人いて、一番に勝つのは、とっても難しいです。
他の人が勝ちました。

「はい、じゃあ下もいっちゃいまーす!!」
「やああああ!!」
一人が私の口を押さえ、他の奴らが手足を押さえると、
あっというまにパンツを取りました。

「ごかいちょー!!!」
私の足が、これ以上ないほどに開かれました。

「すっげー! 綺麗じゃん!!!」

今まで誰にも見せたことがないのに、
一辺に6人の男たちに見られる恥ずかしさが分かりますでしょうか。

その上、さっきいたおじさん2人も、ニヤニヤと近づいてきて、覗き込んでいました。
おじさんたちは水着をずらして、あそこをしごいていました。

「じゃ、次いくよ!! 今度負けたら、いれまーす!!」
私は血の気が引くのが分かりました。

「じゃんけん、ぽん!!」
案の定、私は負けました。

「おっけー!! じゃ、オレ行きますー!!」
男は、あっというまに突っ込んできました。

「ぎゃっ!!」
言葉にならない痛みが、体を引き裂きました。

「おー! しまるー!!!」
「いたい! いたーい!!」
男は私の言葉なんかに耳を貸さず、大喜びで動きます。

私のあそこから、血が出てきました。

「おい、こいつ処女だよ~!! すっげ~!!」
男たちは、すごく興奮しはじめました。

「お、いく、いくー!! 中で出すぞー!!」
「や、やめてー!!」

すると男は、中でいってしまいました。
白い液が中からたれてきました。

「はい次―!! じゃんけんぽーん!!」

そこから先は、地獄でした。

私が負けるたびに、男たちは私のあそこや口に入れてきて、全部中で出されました。
おじさんたちにもやられました。

何回か勝ったときもあったのですが、
そのたびに「後だしすんなよ!」と言って、犯されました。お尻にも入れられました。

後から来たお客さんたちにもやられたみたいでした。
それから5時間ほど、30人以上にずっと犯されつづけました。

最後に、精液まみれになっている私に、全員でおしっこをかけました。
かけられながらじゃんけんをさせられ、負けたので口を開けさせられて、
中におしっこされて飲まされました。

「人間便器~!!」 と言って喜んでいました。

気付くと、お父さんとお母さんが泣きながら私の体を抱いていました。
数ヶ月経って、赤ちゃんが出来ていました。おろしました。

あの事件以来、男の人に近づけません。
始めに軽い気持ちでやっただけなのに…。
ジャンケンするたびに、恐怖が蘇って来ます。助けて。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする