Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

唾液とザーメンで体中をグチョグチョにされて・・ [エッチ体験]

専門学校に通う20才の学生(女)です。
去年の6月から、講師の先生の紹介で小さなデザイン会社でバイトをしています。
その会社は、二組の四十代の夫婦が共同経営していますが、夫婦だけでなく、出入りの女性カメラマンや取引先の人まで巻き込んだ乱交パーティーを毎月開いて開いています。
私も巻き込まれ、今では乱交にはまってしまいました。
去年の夏に「社長の別荘でパーティーをするので、前日から準備を手伝って欲しい、もちろんバイト代は弾むわよ」と社長婦人の由利子さんから頼まれ、私は興味津々でOKしました。

前日から女性陣が準備のために泊りがけで出かけ…実はこのときから既に私は狙われていたようです。

普段は営業担当の社長婦人の由利子さん、デザイン担当で専務夫人の慶子さん、それから女性カメラマンのサチさんと私の四人でおしゃべりをしながら、料理の下ごしらえをしました。

そのときに、いろいろエッチな質問をされ、私は女同士の気安さからきわどい質問にも答え、逆に質問をし返したりしました。

そのうちに、キスの話題になって、由利子さんが若いときにキスだけで逝かされそうになった事があると言い出して、その相手が女性だったと告白して・・

私が驚いていると、他の二人は当然のような顔をして「女の人の唇は、柔らかいからね」とか「わかる、わかる」と話に乗っかるのです。
そして私に「女の人とキスしたことないの?」と逆に不思議そうな顔をして聞くのです。

そして、いつの間にか私の女の人とのファーストキスを誰が奪うかとジャンケンを始め、私は三人の会話のペースに乗せられて・・どうせならムードを出そうと、寝室に連れて行かれ、他の二人が見ている前で慶子さんとキスをしました。

本格的なディープキスで、私も覚悟を決めてそれに応じました。
それほど特別だとは思いませんでしたが、確かに唇は柔らかくて、唾液も甘いように感じました。

感想を聞かれてそれを言うと「いいな、いいな、じゃあ今度は私と由利子さんに抱きつかれて、ベッドに押し倒されました。

驚いた私が「え、ちょっと由利子さん・・」と言うと、いいじゃない、いろいろ試してみなさいよ」と言われ・・結局みんなにキスされて、そのうち首筋や耳たぶまで・・私もだんだん興奮してきてしまいました。

由利子さんと何度目かのキスをしているときに、誰かの手が私のブラウスのボタンをはずして・・スカートの中に手を入れられても・・私はもうどうなっても良いと思い始めてしまいました。

その夜、私は三人から攻められて、何度も逝ってしまいました。

次の日の午後からパーティーで・・お昼に由利子さんが私を呼んで、パーティードレスをプレゼントしてくれました。

レース飾りがついた、まるでウェディングドレスのような白いドレスでした。それに合わせた下着もプレゼントされて・・・ガーターストッキングでした。

由利子さんの目の前で着替えるように言われて・・ためらっていると「夕べだって私の前で裸でヒイヒイよがってたじゃない」と言われ・・着替え終わると「スカートをめくって見せて」と言われ・・・興奮した由利子さんにショーツを脱がされ、私はその場に立ったままで由利子さんの指と舌で逝かされてしまいました。

その後、お客さんが徐々に集まってきて20人くらいでパーティーが行われました。
パーティーの間は忙しく何事もなく終わりましたが、夜になってキッチンで片付けをしていると、由利子さんに呼ばれました。

リビングには社長と専務がいて「そのドレスは社長から、下着は専務からのプレゼントだから二人にちゃんとお礼をしてね」と由利子さんに言われました。

私が普通にお礼を言うと「そうじゃないでしょ、ちゃんと昼間みたいにスカートを上げて頂いた下着を見せながらお礼を言うのよ」と由利子さんが言うのです。

驚いて由利子さんの顔をみると「恥ずかしがらなくたっていいのよ、夕べのことも二人にはちゃんと話してあるんだから」と信じられないことを言うのです。騙された事に気づいた私は皆の顔を見回しました。

みんな意味ありげに微笑んで私のことを、見つめていました。
私は体中の血が頭に上ったみたいにポーッとして、腰から力が抜けて、床にペタンとお尻をついてしまいました。

女性陣に体を支えられて、一人がけのソファーに座らされて「もうわかったでしょ、みんなで楽しみましょう」そんな風に言われて、首を振る私の顔を由利子さんが両手で押さえて、キスをしてきました。

前日と同じように皆の手と舌が私の全身を這い回って・・「ほら、こうしていると、すぐにエッチな気分になって我慢できなくなるのよね、まっちゃんは・・」耳元でささやかれ・・目を開けると社長と専務がこっちを見ています。

私の視線に気づいたサチさんが立ち上がって、ソファーに座っている二人の間に座って二人の股間を触り始めました。しばらくすると社長のモノをフェラし始めて・・専務が立ち上がって私の前に来て・・

目の前に専務のモノが・・「どうするのか、わかるでしょ」と言われて・・私はそれを口に咥えました。

その後はもう夢中になってしまい・・耳元で誰かに言われるままに卑猥な言葉を言わされ・・「中に出されたくなかったっらお口にくださいとお願いするのよ」と言われ・・

唾液とザーメンで体中をグチョグチョにされて・・
もう普通のセックスでは満足できない体になってしまいました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする