週末はいつも男友達と乱交してますwww


男友達との乱交を何度か報告している、まきです。
加藤君の同僚が乱交仲間になってからますますはまってしまい、一人暮らしの私の部屋にダブルベッドを入れて乱交部屋みたいな感じで週一で乱交SEXしてます。
最近、加藤君が異物挿入にはまってるみたいで、おち*ちん入れながらなにかを入れたがります。
一番気持ちいいのは人差し指と中指です。正常位でおちんちんをゆっくり入れながら、おちんちんの根元に指を2本添えて、トロトロおまんこに一緒に入れられてしまいます。
指が根元まで入ったら、おちんちんに添えながら一緒に出し入れしたり、内側の肉壁をぐちゅぐちゅにこすり上げたり、最高に気持ちいいです…。

「おちんちん気持ちいい…。最高だよぉ。おちんちん好き好きぃ…」と言いながら、まずは私一人いかされてしまいます。

加藤君がおちんちんを挿入したら、クンニ好きな池田君が指でクリトリスの皮を引っ張って、剥き出しにしたクリトリスをよだれを垂らしながらしゃぶってくれます。
池田君は私が思ってたよりも結構変態で、クンニが好き過ぎて、誰かがおまんこにおちんちんを入れてるときに、おちんちんが口に触れても気にせずおまんこをぴちゃぴちゃ舐めてくれる変態君に育ってくれました。

いつも、クリを吸って舌で転がしたり、おちんちんでずぼずぼしてるときにめくれてるビラビラにしゃぶりついたり、いやらしくおまんこをペロペロしてくれます。

加藤君と池田君のしつこいくらいのおまんこへの攻めを受けながら、「はぁーん、おまんこ気持ちいい~、ひぃん…」とよがりまくってると、手持ちぶさたの田中君が我慢汁いっぱいのおちんちんを口元に持ってくるので、何も言わずに我慢汁を吸い取った後に田中君のおちんちんのおしゃぶりをはじめます。

おまんこを攻められながら、田中君のおちんちんに根元までくわえこみ、右手で玉を優しくもみながら竿をしごいて我慢汁を吸い取ります。

田中君がフェラの刺激に絶えられなくなったら、私の顔をまたいで、アナルを顔に押し付けるので、片手でアナルを広げながら舌をねじ込んで出し入れして、田中君の前面に手を持っていき、アナル舌でチュポチュポほじりながらおちんちんをしごいてあげます。
これをすると田中君が悶絶するので、結構しつこく攻めてあげます。

田中君が下半身を私に攻められてる間、田中君の視線は加藤君にズブズブ挿入されながら、池田君に舐められてる私のおまんこを見ているらしく、
「はぁ、…本当にいやらしいおまんこだなぁ。おまんこでちんぽしゃぶりながら、口は男のアナルしゃぶって、ちんぽしごいて、やらしい女だなあ…」
て、いやらしい言葉で攻めてくれます。

アナルの調教はあまり進まず、舌入れは慣れて来ましたが、おちんちんはまだ入れると痛いので二穴同時挿入はまだです。

最近どんどんHになってしまい、普通のセックスができなくなってしまったかも…。

田中、加藤、池田君との4Pの様子をiphoneで録音してたのをテキストに起こしてみました。「」内は私の発言です。

田中君と池田君はたばこ休憩しながら、私と加藤君のセックスを見学してます。
「ああーん、加藤くーん、ちんぽ気持ちいいよ~。おまんこの奥ついてぇ~、おちんちんズボズボしてぇ~。おまんこにズボズボォ…」
10分くらい正常位。

「ぁあーん、こっちにもおちんちんあるぅ。田中君のおちんちんペロペロしていーい?」
チュポチュパ、ちゅくちゅく、カリを舌でチロチロ。
5分くらい田中君をフェラしてたら
「んー?田中君のおちんちんパンパンだよぉ。入れたいの?おまんこにハメハメしたいのぉ?」

「ダメだよぉ、今加藤君のおちんちん入ってるからぁ、…加藤君のおちんちん抜いたら、田中君のおちんちん入れてね。それまで、お口をおまんこみたいに使っておちんちんズブズブピストンしてぇ」

じゅぽっじゅぽっ…。
じゅるじゅるるる…。
ぐぽっぐぽっぐぽっ…。

「んふぅ…。上下のお口におちんちんズボズボされてるぅ…。気持ちいいよー。気持ちいいー、あ~、あ~、」

加藤君「ぉおおー…、まき、やばい、おまんこ締まってきつきつでちんぽいきそうだから、一端抜くわ…。田中、次、ハメる?
まきはまだまだちんぽハメたいんでしょ?」

「うん、次のちんぽ入れてぇ…。ちんぽどんどんハメハメしてぇ」

おまんこからおちんちんを抜き取る田中君の次に入ってくるおちんちんをおねだりしようと、指でおまんこをぱっくり開いて腰をくねらせる私。

1本目できつめのおまんこがしっかりほぐれてふわふわとろとろになるので、2本目のソフトな感じの挿入感が好きと良く言われます。ふわふわする感じのセックスです。

次は自分の番と思ってた田中君がおちんちんを持って移動しようとしたところ、休憩してた池田君が、「まきさん、俺いますぐ2本目でちんぽハメたいんだけど、ダメかなあ」とちょっといじわるそうに言いだしました。

次は田中君のおちんぽの番だよ、と言おうとしたら
池田君「俺、最近クンニすごく上手になったでしょ?まきさん超気持ちよさそうだし、満足させてるから、たまにはお願いきいてほしいなあ。今おまんこに入れさせてくれなかったら、今日はクンニしてあげないよ」といじわるなことを言ってきました。

「もー、やだあ、クンニしてほしいなぁ。池田君にペロペロされたいよぅ。
田中君、ごめんねぇ、先に池田君のおちんちんハメていい?田中君は後でたっぷりハメハメしてあげるね…」

「あ…あんっ、池田君のおちんちんんん~、おちんちん入ってきたぁ~、んひー、きぼちいい~、あ~ん、、おまんこが池田君のおちんちんでいっぱあい…。
んふぅ、田中君ごめんねぇ、池田君のちんぽが気持ちいいのぉ…」

「あんっ…、おまんこの奥をおちんちんでこするのぉ?やらしいぃぃ…」

池田君「んはぁ…、まきさん気持ち良くてヤバい…。おまんこふわとろで、ちんぽとけそう…。ぅうう…、ちんぽとける」

「池田君?バック?…、うん四つんばいになるね。
後ろからちんぽハメてぇ」

「ん゙んんんんん…」
ズッボ、ズッボ、

「おちんちんちょうだい~、お口でおしゃぶりしたぁい。田中君と加藤君のちんぽ、お口にちょうだい。フェラしたいよぅ」

ちゅばっちゅばっ、
じゅるるる、じゅるる、

くちゅくちゅ、
ぱんぱんぱん、
ぎしっぎしっ、

「んふぅ、んんん~、っんっん、ぁふっ、ぁんっ、んひっ、んふ…、」

「あ~、いい~、ちんぽ入ってるよ~、いいのぉ、ちんぽいいのぉ」

私がよがり狂ってると、加藤君が
「そうだよなぁ、まきはちんぽ1本じゃ足りないよな。淫乱だからいやらしいセックス好きなんだろ。ほら、ちんぽハメながら両手にちんぽ握って、いやらしいセックス大好きって言いながらイキなよ」

「うん、セックス好きぃ、いやらしいセックス大好きなのぉ…、ひぃん、ちんちん気持ちいい、やらしいよぉ…、いやらしいおちんちんでおまんこいっちゃう…。…ぁああん、いってるぅぅ、ちんぽでおまんこいってるよぉ。加藤君んん、おまんこいってるよぉ」

加藤君「そっかあ、おまんこいってたら、口おまんこもいってみよっか。ほら、イラマしてあげるから、口おまんこもちんぽでいきな」

ぐぽっ。ガボッガボッ、ぶちゅぶちゅ、

加藤君が私の両頬を持ち上げ、おちんちんを唇にねじ込むと一気にズボズホと腰を振り、口おまんこを犯すようにイラマチオをはじめました。

私はおまんこも池田君のおちんちんで逝きっぱなしで、口おまんこへの攻めに呆気なく陥落してしまい、おまんこから潮、お口からヨダレを垂らしながら、それから2時間は3本のおちんちんを代わる代わる挿入して楽しみました。

いつも週末はこんな感じでセックスしてます。

平日の夜は加藤君が週に1、2回くらい、池田君が週1くらいでマンツーマンのノーマルなセックスをしにきます。なので、私は週4回セックスをしてることになります。

お互い残業後に疲れてても、いやらしいセックスをするとすっきりするみたいです。