Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビグビグビグッと彼女が今までにない痙攣をしました… [エッチな話まとめ]

先月彼女と温泉に旅行に行きました。
時間単位の予約制で貸切露天風呂が24時間借りれるところで、風呂好きの僕らは夕食前と夕食後の深夜(エッチしたあと入るつもりで)予約しました。
でも夕食で彼女が酒飲み過ぎてつぶれてしまい、2回目の予約時間になったので風呂行こうよと起こしたら、もう眠たくてかなわないからダメ~と言われたので、一人で行くことにしました。
そんでもって、一人で結局風呂にはいったんですが、一人じゃやっぱ長湯できなくて、結構早く出たんです。
それで風呂近くにある小さなゲームコーナーみたいなところでビール飲んで休んでたら、女の子が2人やってきました。

ほろ酔いで気分がよかったのも手伝って思わず「こんばんは~」 と話かけちゃいました。
すると2人も少しお酒を飲んでテンションが高かったらしく、「こんばんは~!お一人なんですか?」とか返事をくれました。

「いや、彼女と来てるんですけど、酒のんで酔いつぶれちゃって、ヒマもてあましてるんですよ~」みたいなことを言って多少談笑。
どうやら都内の専門かなにかの学生さんらしくて、ちょうど僕の後に風呂を予約してたみたいでした。

僕の時間が終わるまでゲームコーナーでもいってヒマつぶそうとしてたみたいです。
一応2人の雰囲気をいいますと、裕美は茶パツのセミロングでスレンダーな感じ、綺麗系、雅子は茶パツの似たような髪形で、むっちりタイプ。

僕が「もう風呂あがったから入れますよ」というと2人は入る前にちょっとエアホッケーして遊ぼうよと誘ってくれました。
僕VS彼女ら2人で。で始めるんですが、彼女たち酔ってるせいか、すごい下手で大ぶり、空振り、大慌てではしゃぎまくり。

動くたびに浴衣がちらっとめくれたりしてブラのヒモがみえたり、前かがみになって膨らみが見えたりして、かなりドキドキしました。正直少し勃起しました。

2ゲームほどしたら、彼女らが風呂に行くというので少し残念に思いながら部屋へ戻ろうとしたら「一緒にはいるう?」みたいに雅子がからかってきました。

もちろん冗談だと思って「いや、すごく行きたいですけど遠慮しとくよ~」と返したら、裕美のほうがじゃああとで飲みなおしましょうと、部屋番号おしえてくれました。
1時間くらいしたら部屋に来いと。
「わかった、じゃあいくよ」と答え、とりあえず自分の部屋へ。
彼女はいびきかいて爆睡中。

こりゃ、起きたりはしないなとおもって、そわそわしながら1時間経過。
時間になり、こっそりと彼女らの部屋へいきました。

待ってましたとばかりに酒を結構買い込んで2人はまっててくれました。
湯上りのピンク色の肌が股間を刺激します。

すでに僕が来る前に酒盛りはじめてたらしく、浴衣がずれて太ももが大きく見えようと気にしてないみたいです。
こりゃひょっとするかもなーと思いながら、自分は泥酔しないように気つけながら飲んで、遊びました。

その後さすがに深夜になってきたせいもあって裕美のほうが眠そうになってきて、「ごめん、あたしねるわ~気にしないで飲んでて~」とノックダウン。
雅子も結構フラフラしてます。

雅子は裕美が寝たあとすぐに僕の隣近くにやってきて、元彼の話や、好きな男のタイプだとか話してくれました。

でもこの状態だとエッチまで発展するのは難しそうだなぁと僕はおもって、せめて彼女らのセクシーな格好だけでもおがんでいこうと酒飲んでいたら、雅子が「ねぇお風呂いかない?」と言って来ました。

「でも予約してないんじゃないの?」と聞き返すと、さっき風呂を出た後また予約したそうなんです。(勝手にフロントの予約表に書くシステムです)

これはいけるとおもった僕は当然「行こう行こう」と雅子ともたれかかるようにして風呂へいきました。

露天風呂の脱衣所にはいるやいなや、かきつくように抱き合ってベロベロキス。
手を雅子の尻にまわして、なであげるように浴衣をめくって生パンの上から尻をなでまわし、首筋にキスをしました。

「ハァ・・ハァ・・・アァッ」と雅子は小さく声をあげて、「いけないね、彼女いるのにいけないの」少し笑いながらでも興奮した顔でささやきました。

僕はもうこの時点でギンギンに勃起してまして、脱衣所でおっぱじめそうになりました。
彼女は僕の股間を手の平で上下にこすりながら「ね・・?お風呂いこ・・?ね・・?」と僕をつれていきます。

すぐさま2人で浴槽にはいり、愛撫を互いに続けあい、僕は彼女を岩風呂のヘリに座らせ、僕は湯船につかった状態で彼女の股を開き、くちゅくちゅとクンニをはじめました。

「んん・・・あん・・・んんっ」と声を荒げる彼女。
風呂の湯か、愛液なのかはわかりませんが、もうびしょびしょでした。

そのまま床にたおれるようにのけぞる彼女を、僕は上から覆い被さり、白い彼女の乳房を舐め、揉み、乳首を吸いました。

ちゅくちゅくと小さな音が風呂場にひびいて、誰かくるんじゃないかとハラハラしました。
「あぁ・・ぁああんっ」空いた手を彼女の股間に伸ばそうとしてたら、彼女がそれをそらすように体を捻り、僕のちんぽにしゃぶりつきました。

グチュヌチュチュポ・・・って変形の69みたいな体勢で互いの性器にむしゃぶりついてお互いが動くたびにぴちゃぴちゃと音を立てました。

我慢できなくなった僕は彼女に後ろを向いてもらい、ちんぽをあてがってバックからいれることにしました。
2人とも湯船にはいって、彼女を岩肌におしつけるようなかんじで、ヌ・・ググ・・ヌグニュウ・・・とちんぽが彼女の中にはいる感覚に思わずそのまま出そうになる感じがしたのですが、我慢。

「あああ・・・ああぁぁぁっ!」
彼女が気持ちよさそうに体をそらします。動くたびにお湯がピチャピチャ跳ねて、愛液なのか、お湯なのか彼女の腰あたりがびちょびちょに濡れていきます。

「んんんぅつ・・・あぁぁつ。ああっああっ」
結構大きい声で彼女が喘ぎはじめたので僕は慌てて彼女の口を手でふさぐようにし、そのままズンズンと腰をうちつけました。

どれくらいしたでしょうか・・・とうとう僕は果てそうになったころに彼女も「んん・・・いぐ・・・いぐぅ・・・・」と聞こえ、ビグビグビグッと彼女が今までにない痙攣をしました。

「あ、逝ったかな」と思うと同時にその痙攣のせいでちんぽが刺激に我慢できなくなって果てる寸前になり、やばいっとおもって慌ててちんぽを抜きました。

抜くと同時に精液がとびでて、半分近くが彼女のおまんこ付近にかかり、あとは湯にぽちゃぽちゃと落ちました。

お互いはぁはぁと息をついたあと彼女が恥ずかしそうに「やだ、すごい気持ちよかった・・・・」とまたキスをしてくれました。
なんだか僕も恥ずかしくなって変なテレ笑いをしました。

その後、誰も風呂近くにいないのを確認して、お互いこっそりと部屋に帰り、別れ際に「じゃ、おやすみ・・・」と言い合い、その日は終わりました。

次の日の朝、朝食をとりに食堂にいくと、彼女らが先に来て食べてまして、僕と目があったのですが、隣にいる僕の彼女に気が付いて知らん振りしてました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする