探偵事務所の仕事は浮気調査ばかりwww


こんにちは、僕は27才の男です。

僕は探偵事務所に勤めています。
最初は探偵事務所の仕事は尾行とか、調査とかスパイみたいでカッコいいと思って入ったんですけど、ほとんどが浮気調査ばっかりでした。
でも、浮気調査と同時にやっている「別れさせ屋」っていう仕事もあります。

別れさせ屋の仕事って言うのは、例えば彼女や彼氏と別れたいけど、言い出せなかったり、しつこくて別れてくれない相手に対して、こっちで用意した人間が近付いて恋人関係に持ち込むように仕向けます。
そして恋人になるフリをして、「彼女(彼氏)と別れてよ!」って言います。
そうすれば、依頼主が言い出さなくても、逆に相手から別れ話を切り出してくれます。
そうして平和に終わったところで、こっちが連絡を絶ち、そのままフェードアウトします!

まぁひどい話ですけど、やってるとどんどんのめり込んでしまいます。
正直依頼されて口説きに行って、仕方なく恋人になるんですけど、相手によっては本気になりかねません。
性交渉は禁止されていますが、全部を監視出来ませんし、プライベートとわけが分らなくなる仕事なので何とも言えません。

これは僕が本気になってしまった時の話です。

依頼主は24才のホストです。
色グロでマッチョで誰が見ても遊んでる感じのイケメンです。
態度もデカくてエラそーなのがムカつきました。
相手の女性は22才のギャバ嬢です。
ギャバ嬢って聞いてあまり同情する事無く話しを進めていきましたけど、話しを聞いてるうちに彼女が好きでギャバ嬢をやってるんじゃ無い事を知りました。

どうやら元美容師だった女の子をキャッチして、初回はタダみたいな金額でホストクラブに連れ込んで、それからハマるように仕向けて落としたそうです。
当然美容師の給料ではホストクラブに通い続ける事は出来ないので、仕方なくギャバ嬢になって、稼いだお金で通ってるそうです。

依頼主いわく、『たいして金使うわけじゃねーし、太い客も他にいるからうざくなってきた』らしいです。
そいつは前に同じような理由で別れた女が部屋で自殺未遂をしたらしく、今回は綺麗に別れたいから依頼してきました。
自分勝手な話ですけど、依頼する人はほとんどこんな感じでした。

僕達は依頼主から彼女の情報を全て聞き出して作戦を練りました。
依頼主にも協力をしてもらう作戦にしました。
作戦は、デート中に依頼主が浮気をチラつかせて喧嘩してもらって、逆ギレして帰ってもらい、その後すぐに僕がナンパに行く事にしました。
僕はイケメンではありませんが、並以上だと思いますし、彼女のウィークポイントも押さえていますのでなんとかなると思いました。

そして当日作戦を実行してもらい、彼女に声をかけました。
実物はことのほか可愛いくてビックリしました。
磯山さ○かにそっくりです。
またおっぱいもかなりデカイので、そこもそっくりです。
彼女は思いっきり泣いていたけど、ずっと優しく声をかけていたら笑ってくれて、その後飲みにいきました。
飲みにいっても彼氏の話ばかりで、かなり惚れてる事が分りました。
性格もかなり純粋なので、こっちが真面目な人間だと主張して、真剣に好きになってるのを伝える作戦にしました。
その日は帰り際に、「あなたの事を好きになってしまいました。また会って下さい。」とだけ伝えて帰りました。

それから、彼氏と喧嘩する度にメールが来るようになって、頻繁に会うようになりました。
すでに僕は完全に好きになっていました。
だから本気で別れさせて、本気で付き合うつもりでした。
その結果、彼女から「もう彼とは別れるから、そしたら彼女にしてくれる?」って言わせました!
仕事ヌキで最高に嬉しかったです!

そしてすぐに彼氏と別れました。
もちろん彼氏は即答でオッケーしたようです。
仕事も終わらせて、可愛い巨乳の彼女も出来て最高でした。
彼女にはすぐにギャバクラを辞めてもらい、美容師の仕事に戻ってもらいました。
本当に趣味も話も合って文句無しです!
付き合ってからはすぐに体の関係になりました。
予想通りの巨乳で最高の体です。
ただ、所々にアザがあったりして、彼氏にDVされていた事が分りました。
その事には触れないで、とにかく優しくエッチをしました。
彼女はセックス自体あまり好きではないみたいで、僕も極力我慢はしました。

でも、付き合って半年ぐらいすると、彼女のケータイにあの元カレからメールがありました。
内容は「久しぶり!たまには遊ぼうぜ!」って軽い感じです。
彼女は「もうやだ!バカじゃないの!絶対遊ばない!」って怒っていました。
僕はかなり焦っていました。
まだ半年しか経ってないし、当時は元カレに相当惚れ込んでいたし・・・
でも彼女は隠さないで全部しゃべってくるタイプなので、その辺は安心していました。
隠れてコソコソ二股かけるタイプではありません。

しばらく元カレからはメールが来ていました。
毎日「うざい!また来た!」って文句を言ってる彼女を見て少し安心していました。
それどころか勝ち誇った感じもありました。
すると元カレから「じゃあ物だけ返して!取り行くわ」ってメールが来ました。
一人暮らしの彼女の部屋には、元カレの物がいくつかありました。
僕はさすがに「送れよ!」って怒りました。
でも、一つだけ小ぶりなタンスがあって、それが元カレが買った物らしーのです。
僕が業者を呼んで運ばせてもよかったんですが、その時は嫉妬してるのをさとられたくなくて、「じゃあいいよ、取りに来させてすぐ追い返せよ。」って言いました。

当日は、僕は部屋にはいませんでした。
心配ではありましたけど、元カレに顔がバレてるので、別れさせ屋だって言われたらさすがにまずいです。
でも心配だったから、事務所にあった小型カメラを部屋に仕掛けました。
彼女は信じていましたけど、念の為です。

そして日曜日の昼間、元カレがやてきました。
最初は彼女もヨソヨソしくしていました。
気になったのは、彼女がちゃんとオシャレして、メイクもバッチリしているようなのです。
別にその後に出かける予定はありません。

元カレは意外とサバサバした感じで、物だけを運び出しています。
全部出し終わると、「久しぶりだからお茶ぐらい飲ませろよ!もうすぐ帰るから!」って言いました。
彼女も「すぐ帰る」って言われた手前、「じゃあ分かった」ってコーヒーだけ出しました。

ここからは二人の会話です。

元彼:「彼氏できた?」
彼女:「できたよ、何で?」
元彼:「別に、お前カワイイからなー、そりゃそうだろなー」
彼女:「今更なによ、そっちも彼女いるんでしょ?」
元彼:「まぁーな、8人ぐらいいるよ。」
彼女:「ひどい!最低だね、私の時もやっぱ浮気してたんでしょ!最悪!」
元彼:「浮気っていうか、お前が浮気だって話しだけど!あはは!」
彼女:「ホント何なの!バカにしてんの!死ねばいんだよ!」
元彼:「あははは、怒るなよ!体はお前が一番だよ!巨乳だし!」
彼女:「バカじゃないの!それしか無いの!真剣に好きになった事ないの?」
元彼:「うーーーん、真剣におっぱい好きだよ!あはははは」
彼女:「・・・もういい、帰って、二度とメールしないで!」
元彼:「なんだよー、いいじゃんいいじゃん、たまには一発ぐらいヤラせろよ!」
彼女:「ふざけないでよ!彼氏いるっていったじゃん!」
元彼:「言わなきゃバレねーだろー、いいじゃん!今いる女巨乳がいねーんだよ!つまんねーじゃん!」
彼女:「はぁ?ホントにバカじゃないの!帰ってよ!好きな人じゃなきゃしないに決まってるでしょ!」
元彼:「わかったわかった、冗談だよ!マジで!でも俺マジでお前に惚れてたよ、これは本当!」
彼女:「今更信じるわけないでしょ、帰ってよ。」
元彼:「いや聞けよ!俺さー、昔に色々あってさー、俺の親の話とかした事なかっただろ?トラウマがあんだよ・・・」
彼女:「・・・知らないよそんなの・・・」
元彼:「俺の親ってさー小さい頃に離婚してかーちゃんに育てられたんだけど、かーちゃんもすげー遊び人で、俺との約束よりも男を取るんだよ・・・何度も約束しては裏切られて・・・俺も悔しいからさー、友達のかーちゃんがすげーイイって嫉妬させるような事言ったり、かーちゃんとの約束より友達の親と遊びに行く方を優先してたりしたんだけど、結局意味なくて・・・そんな事やってたら彼女にも同じ事するようになってたよ・・・ごめんな・・・」
彼女:「・・・そんなの今更言われたって・・・」

彼女は明らかにその話を信じはじめていたのが分りました。
普通に考えたらこんな男の話を信じる方がおかしいのですが、まだ好きな気持ちがあるのでしょうか・・・

元彼:「いやー、やっぱりさー、どんなに女がまわりにいても寂しさは消えないよなー、でも何でか寝る前にお前の顔が浮かぶんだよなー」
彼女:「・・・そんなの・・・」
元彼:「はい!とゆーわけで!一発ヤラせろ!いいだろ?」
彼女:「は?何それ!今の話ウソなの?」
元彼:「話はマジでホントだよ。いいからいいから!」
彼女:「ちょっ、やだ!ダメ!」

彼女は元彼のペースにのまれたまま、わけも分らずベッドに連れて行かれてしまいました。
元彼はさっさと服を脱ぎはじめてしまい、黒いビキニパンツ一枚になりました。
そして彼女の目の前に股間を突出して、「ほら!」と言いました。
彼女は下から元彼を見上げながら、「最悪なんだけど・・・」と無視していました。
すると元彼はビキニパンツを自分でゆっくり降ろして、彼女の目の前にペニスを出しました。
僕はその大きさに正直引いてしまいました・・・
電話の子機みたいなモノが、「デロンッ」とパンツから漏れだしたような感じでした。
まだ勃起していないのに、凄い重量感と存在感でした・・・その時点で僕の勃起時より大きかったです。
そして二人は無言のまま見つめあっていました。
すると元彼のペニスが、「ビクンッビクンッ」と脈を打ちながらゆっくり勃起しはじめました。
彼女も黙ってしまい、ジッとそれを見ていました。
そして恐く8割り位の感じで勃起したところで、ついに彼女が黙ってペニスの先を舐めはじめました・・・
これはショックでした・・・この時は元彼に強要されるわけでも無く、自ら舐めはじめたのです・・・
僕からしたら、巨大なペニスの魅力に負けて、自らお願いして奉仕させてもらってるような絵に見えました。
元彼のペニスは完全に勃起してしまい、彼女の顔と同じ位の長さになって、太さは女性の手首ぐらいに見えました。

ビックリしたのは彼女のフェラでした。
両手は元彼の太ももに添えてあるだけで、口だけでフェラをしていました。
そして目線はずっと元彼を見ていました。
完全な調教を受けていた証拠に思えました・・・
いくら別れたとはいえ、体が覚えているのでしょうか?元彼が満足そうな顔をしていたのがムカつきました。

元彼:「相変わらず気持ち良いな、お前のフェラは、俺のフェラチオ専用女にしてやるよ。」
彼女:「んんんんん!ふぁかひゃないの!ひゃらよ!」

彼女は会話の最中もフェラを止めません・・・さっきまであんなに嫌がっていたのに、なんでこんなに従順に変われるのでしょうか・・・
そして彼女は自らのどの奥に突っ込むようにして、むせながらもくわえたりしていました。
元彼は「お前も脱げよ。」と言うと、彼女は「フェラだけだよ、これで出して・・・」と言いました。
でも元彼が「脱がねーと終わらねーぞ」って言うと、彼女は一旦フェラを止めて脱ぎはじめました。
元彼に背中を向けて脱いでいるのですが、元彼は彼女の巨乳の横乳が見えた時点ですぐに飛びついて揉みまくっていました。
彼女は「やだ!やめてよ」と言っているものの、抵抗はしていませんでした。
元彼は相当の巨乳好きみたいで、「うわっ、やっぱデケー、たまんねーな」と言いながら揉んでいました。

元彼はそのまま彼女を押し倒して、巨乳にむしゃぶりつきました。
彼女は「こんなのいいから!フェラで抜いてあげるから!」と言っていましたが、元彼は聞いていないフリをしてるようです。
次第に彼女も感じはじめてしまい、ピクピクと体を震わせていました。
元彼が彼女の股の間に手を入れようとすると、彼女は「やだ!そんなの違うよ!エッチになっちゃうじゃん!」って抵抗していました。
でも元彼に内モモを優しく手でなぞられると、足をガクガクさせながら自ら股を開きました。
すると元彼は「うわっ、なんだよコレ!内モモヌルヌルじゃねーかよ!すげーな、うわー」と大きな声で言いました。
彼女は恥ずかしそうにしています。
ショックでしたが、彼女の今までの態度を見ていると、こうなる事は分かっていました

元彼は「じゃあ恒例のアレいっちゃいやすか?」と嬉しそうに言うと、彼女も「もうやだよー」と言いながら自分で両足を抱えました。
元彼は彼女のアソコに指を突っ込んで、「コレだろ?なあ?コレだろ?」と聞いています。
彼女は今までとは別人のような色っぽい声で、「うはぁあ、ああああああ、それ、あああああ、それええええ」と叫びはじめました。
それは僕が聞いた事も無いような大きなアエギ声で、すごくビックリしました。
スイッチが入るとはこの事か?って言うような感じでした。
さっきまでは多少なりとも抵抗したり、早く帰ってもらいたいのが態度に出ていましたが、今回は違います。
自分で両足を抱えてマングリ返しの格好をして、すごい勢いで感じまくっています。

そして数十秒もしないうちに「ひぐっ、ひぐううううう、はぁああああ、いやあああ、でちゃうでちゃううううう」と叫びながら潮を噴き出してイッてしまいました。
本当に「噴射する」って感じで「ブシュッ」と音がしそうな勢いで潮が飛び散っていました。
こんな彼女の姿ははじめてみました・・・でも元彼は『恒例の・・・』なんて言っていました・・・

彼女はひっくり返ったカエルのようなみっともない格好で余韻に浸っています。

ヒクヒク体を震わせてる彼女はイッた後の余韻にひたっていました。
それでも広げた股は閉じないでそのままでした。恐くそれも元彼の調教なのだと思います。
今度は元彼は当然のごとく彼女に挿入しようとしていました。

彼女:「いやっ、ダメだよ、それはダメだよ、あっ、彼氏に怒られちゃうよ、ハァハァ」
元彼:「じゃあいらねーの、もうこれで最後だよ、いいの?」

元彼は巨大な一物の先で彼女の穴やクリをねぶりまわしていて、その度に彼女は「ビクッ」と反応します。
そして「それはダメ」と言ってる彼女も一向に股を閉じようとしません・・・

元彼:「じゃーやめっか、彼氏の入れてもらえよ、ちっちぇーのが好きなんだろ?粗チン入れてもらえよ。」
彼女:「だって・・・こんなのダメだよ・・・ハァハァ、あんっ、あっ」
元彼:「何いってんだよお前、ヌルヌルじぇねーかよ、スケベなくせしてよー、どうすんだよ!」
彼女:「もーやだー、わかんないよー、好きにしてよもー」
元彼:「わかんないじゃねーよ!どうすんだよ!俺のと彼氏のどっちが欲しいんだよ!」
彼女:「もーなんでー、知らないよー、そんなに、あんっ、いじったらダメ、あんっ、欲しくなっちゃうから、あんっ」
元彼:「あーあ、先っちょはいっちまうぞ、どうすんだよ、俺のが欲しいのか?どっちのがいいんだよ!」
彼女:「あっ、やだ、入っちゃうよ、あんん、あああ、やっ、ダメ、もうダメ、欲しくなっちゃう、欲しくなっちゃうから」
元彼:「はい、じゃあやめ!言わないならやめ!お前はずっとクリだけ擦ってろ!」
彼女:「あんっ、やっ、ちがう、ハァハァ、もう、ハァハァ」
元彼:「だから!どうすんだよ、入れるか?」
彼女:「ハァハァ、・・・うん・・・ハァハァ」
元彼:「どっちのが欲しいんだよ、え?」
彼女:「そんなの言えないよ・・・」
元彼:「いいから!昔みたいに言えよ!」
彼女:「・・・これが欲しいです・・・一番おっきいから・・・これが欲しいです」
元彼:「彼氏より?」
彼女:「・・・うん」
元彼:「でかい方がいいだろ?」
彼女:「・・・うん」
元彼:「じゃあ入れてやるよ、嬉しいか?」
彼女:「・・・嬉しい、ハァハァ、早く・・・」

いつの間にか立場が逆転していました・・・なんなんでしょうかこの男の恐ろしさ・・・彼女の方がヤリたかったような関係になってしまいました・・・

元彼:「じゃあ入れるぞ」
彼女:「あっ、待って、ゴム・・・」
元彼:「俺らいつも生だったろ」
彼女:「でも・・・今の彼氏、いつもつけてるし・・・」
元彼:「俺なら生でいいだろ?」
彼女:「えっ・・・うん・・・わかった」
元彼:「生の方が好きだろ?」
彼女:「・・・うん・・・好きだけど・・・」
元彼:「なんだよ」
彼女:「なんでもない・・・いいよ・・・」

彼女はあっさり生ハメを承諾しました・・・これは僕にとっては衝撃でした。僕のイメージでは彼女のポリシーとしてゴムをつけさせてると思っていました・・・エッチはするけどメリハリはつけて、避妊に対しては真面目な女性だと思っていました。でも元彼の言う事は絶対な感じでした・・・

元彼:「あーあ、クチュクチュじゃねーかよ、おらぁ、入れるぞ」
彼女:「あっ、やっ、あんっ、ああああ、やっぱおっきいよ、あああん、あああ」
元彼:「じゃあお前ちょーしこいてっから先っちょだけな、あははは」
彼女:「あんっ、ハァハァ、やっ、なんで、あああん、ああああ、やだ、あああ、そんなっ」
元彼:「じゃ彼氏とどっちのが欲しいか言ってみろ」
彼女:「ああん、やあ、こっちが、あああ、こっちが欲しいのおおお、あああん」
元彼:「俺じゃねーとダメだろ?彼氏じゃ満足出来ねーだろ?」
彼女:「ああ、ああん、うん、ダメ、ダメなのお、これじゃなきゃダメ、お願い、あああ、奥まで、お願い」

彼女は情けなくお願いをしながら、自分で腰を押し付けていました。

元彼:「おし、じゃあいつでもマ○コ使わせろよ、いいか、抜きたくなったらいつでも使うぞ」
彼女:「ああん、ハァハァ、うん、わかったから、あああん、早く、ハァハァ」
元彼:「彼氏なんかより最優先で俺の性処理しろよ、いいか?」
彼女:「あああ、ハァハァ、うん、ああああ、するからあああ、早くうううう、ああああ」

すると元彼は彼女の両足を肩に乗せ、思いっきり彼女の奥に巨根を送り込みました。

元彼:「おらぁ」
彼女:「あっ、かっはぁああ、あっ、はぐっ、はああああ、ひっ、ぐっ、あっ、あっ」

彼女は声にならない感じで、一突きされただけでイッてしまいました・・・なんて男だと思いました・・・
そして元彼が今度は勢い良く巨根を『ブルンッ』と引き抜くと、『ブシュッ』と噴射するように彼女のアソコから大量の潮が噴き出しました。
僕はつくづくこの男は彼女の『使い方』を熟知してるように思えました・・・何をすればどうなるのか全てをこの男は把握してるんです・・・
そしてまた正常位で挿入すると、少し変わった角度で突きはじめました。
でもそれが何故なのかはすぐに分りました・・・彼女すぐに「あはぁあああ、それだめえええ、はぁああ、ひっ、ひぐうう、かぁあはっ、はっ、ぁぁ、くっ、ああ」と体中ブルブル震わせてすぐに連続でイッてしまいました。
でもそれだけではすみませんでした、元彼がイッた後もピストンを続けていると、彼女ずっと「また、あああ、また、ひぐっ、ひぐうう、しんじゃうううう、あああ」と叫び続けていました。
これが噂に聞く『イキっぱなし』というやつなんだって気がつきました・・・
そして彼女の「また、ひぐっ」って声を10回以上聞いた位で彼女が急にぐったりしてしまい、本当に死んでしまったようになりました。
僕は何がなんだか分りませんでした。
でも元彼は冷静に彼女の顔を引っ叩いて、「おいっ、失神してんじゃねーぞ」と言っていました。
僕ははじめて人が失神してるのを見ました・・・もうこの男に勝てる要素は全く無いんだなと実感しました・・・
彼女が目を覚ますと、「お前だけイキすぎなんだよ、俺も出すぞ」と言うと今度はバックの体位に変わりました。

元彼:「どこに出してほしい」
彼女:「あああ、はあああ、どこでもいいい、あああああ、いい、気持ちイイイ、ああああ、なんでええ、すっごい気持ちいい」
元彼:「じゃあ中出しな」
彼女:「ああああ、いいよ、中でもいいよ、あああああ、いい、出して、ああああああ」
元彼:「妊娠させてやるよ、そしたら彼氏と育てろよ」
彼女:「ああああ、いい、いいのおお、出来ちゃってもいいのおおお、出して、ああああああ」
元彼:「いくぞ、ああああああああああ」
彼女:「ああん、あああああ、いい、来てええええ、出して、中に出してえええ、ああああ、イク、ああああ、ひぐううううう」

元彼は彼女のお尻を鷲掴みにして、思いっきり奥に打ちつけて射精していました。
彼女は最初から中出しされるのを分かっていたのか、むしろそれを待ち望んでいたように見えました。
とにかく僕の手の届かない所で二人はつながってるのが良く分りました・・・
元彼がアソコから巨根を抜くと、ブルブル震える体で彼女はお掃除フェラをしはじめました。
まるで崇拝するように巨根にすがっていました。

そしてその後元彼はさっさと着替えてしまい、彼女「もう帰るの?」と言っていましたが、元彼は「帰るよ」とだけ冷たく言ってすぐに帰っていきました。

でも、相変わらず僕と彼女は付き合っていて、彼女はまるで何事もなかったように僕の彼女でいてくれています。
彼女や奥さんの本心なんてほとんどの人が分かっていないんじゃないでしょうか?