Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私おかしくなっちゃう・・いくいくいく!!![エッチ体験]

俺は35歳。妻・里美は29歳。子供は無しの夫婦です。
先週の週末、妻の友人の優子が遊びにきた。優子の事は里美から何度か聞いた事があった。
キッチンで俺が酒の仕度をしていると妻がよって来て、
「ねぇ優子にちょっかい出さないでよね」と言った。優子が俺のドストライクだと妻は見抜いていた。優子は清楚で可愛らしい女だった。
ワインを3本も空け、皆酔っぱらっていた。
 優子はその晩泊まっていく事になり、妻は客間に布団を敷いてから風呂に入った。
俺と優子は残りのワインをちびちび呑んでいた。

妻の後に優子が風呂に入り、俺はリビングの後片付けをしていた。
「お先に頂きました~」
優子を見るとバスタオルを巻き付けただけの姿だった。

優子の身体を見まいと俺も風呂に入った。
脱衣場に優子が着ていた服が丁寧にたたんであった。

服をめくると黒の上下お揃いの下着があった。
俺は葛藤したが欲望に負け、手に取り、パンティーのステッチの部分をスウハアしたり染みの部分を舐め回した。

風呂を出ると部屋は暗くなっていた。妻はもうぐっすり眠っているだろう。
里美は呑むと朝まで起きないたちだから・・・

ふと客間を見ると扉が開いていて、中から声が聞こえて来る。
俺は心配になって覗いてみた。と、優子がオナニーしていた。

「辰男さん・・もっと優子を虐めて」
俺は耳を疑った。
「優子さん・・」と、思わず声が出てしまった。

俺と優子は目が合ってしまい・・・

俺は自分を泊められなかった。優子を抱き締め激しいキスをした。

「駄目です・・里美に悪いから」
「俺 優子さんを見た時から」
「えっ、私も辰男さん素敵・・って思って・・つい指が・・」
「じゃあ俺をおかずでオナニーしてたんだ~」
優子は恥ずかしがりながらこくりと頷いた。

 俺は優子を抱き締め唇にキスをした。舌を入れると優子も絡めてきた。
唾液も飲ませた。唇・・耳…首筋・・胸…乳首・・脇の下・・太股・・舐め回した。

優子は身体を弓なりにし悶え始めた。
左の乳首が感じるらしく身体をピクピクしていた。

俺はペニスを差し出すと優子は手に取り扱きながらゆっくり舐め回した。
亀頭から裏筋・・玉袋・・誰に教え込まれたのか最高のフェラだった。
 そこらのピンサロの女なんて目でない。

我慢汁を優子は吸いながら飲んでいる。69になりお互いの秘部を貪りあった。
優子のおまんこはピンクで綺麗だった。

「辰男さん・・私いっちゃう・・ああ逝く~もう入れて下さい」
「自分で入れてごらん・・」

俺は優子を上にまたがらせペニスに指を添えさせ、ゆっくり腰を沈めた。根元まで入ると子宮に当たるのがわかった。

 優子は腰を上下に振りGスポットを探していた。
「あう・・ああん・・私またいっちゃう・・辰男さん・・」

正常位にし一気にペニスを差し込んだ。
優子は身体を弓なりにし悶え喘ぎ出した。

俺が舌を出すと優子から絡めてきた。
優子は俺の腰に脚を絡め首に腕を絡めて来た。初めて交わったようには思えない雰囲気だった。

「辰男さん・・私おかしくなっちゃう・・いくいくいく・・」
「優子・・俺も逝きそうだよ・・何処に出す・・」

パンパンパン、部屋中に肉のぶつかる音が響き渡り、男と女の匂いが立ち込めた。

「今日は安全日なの・・中に中に出して・・一杯ちょうだい」
優子に腰を押さえつけられ、腰を引けず思わず中に・・・。

「ああ逝く~一緒に来て・・いくいくいく・・」
「俺も逝く~おおおお・・」
ドピュドピュドピュドックン~
「凄い一杯・・辰男さんのが一杯私の中に・・」

「まだ抜かないで・・」
繋がったままキスをして俺は優子の唾液を飲んだ・・・
初めて会った妻の友人に中出ししてしまった。
妻にちょっかい出さないでよって釘をさされたのに。
でももうとめられない。

それからは月1でウチで飲み会をし、妻を早めに潰して優子とSEXしている。
最近では待ちきれずラブホで即SEXってこともある。

こんなことしてたら、俺も優子も地獄に落ちるかな?


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!