今度は私もシてあげるからいろいろ教えて・・[エッチな話まとめ]


もう5年ぐらい前の話ですが・・・。
嫁の優香は、大学時代のサークル仲間で、小柄で鈴木あみに似た顔立ちだった為、サークルのアイドル的な感じでした。大学卒業前の飲み会で距離が近くなり、付き合いだして、そのままプロポーズして、就職してすぐに結婚。
当初はうまくいってたのですが、結婚してすぐぐらいから夜のほうを拒否されはじめて、SEXレスになりました。
まあ、付き合ってた頃から、優香はセックスがあまり好きではないと言ってましたし(処女ではなかったですが)、それもあってもともと回数もあまり多くなかったのもあったので俺もそれほど気にしてはいませんでした。
まだ二人とも若かったので子供もまだ先でいいと思ってました。

セックスレスになって2年過ぎたあたりの頃でした。
会社を出たら、30前後ぐらいのスーツ姿の女性が立っており、こっちを見て会釈しながら近づいてきました。

背も高く美人と言える顔立ちでスタイルも良かったんで、ちょっとどきどきしつつなんだろうと思っていると
「岡島の妻の芳恵と言います。山本さん(俺)にお話があって来ました」と言いました。

岡島という名前に聞き覚えが無く、はぁと返事して、促されるままに近くの喫茶店に入りました。

「単刀直入に言いますと私の夫の岡島とあなたの奥様の優香さんは、不倫関係にあります」
「はぁ?」
最初は何を言われてるかさっぱりわかりませんでした。

意味がわからないんですが・・と言おうとした瞬間に芳恵は、かばんからてきぱきと書類を出して机の上に広げました。

「やっぱりご存知なかったようですね。とりあえず、これを見てください」
俺は震える手で書類をつかみ、ざっと見ていきました。
どうも浮気調査の結果のようで何月何日何時に会って、とか細かい内容が書いてありました。

写真が貼り付けられてるのもあり、見知らぬ男と腕を組んでホテルへ入るところと出るところを撮影されてるのは、間違いなく優香でした。

芳恵は、知らなかったのなら驚かれるのも無理はありませんね、と告げて淡々と説明してくれました。

岡島は、優香と高校時代の家庭教師だったこと。
二人の関係は、再会した2年前からということ。
週2回定期的に会ってること。
写真を見ていくとなんとウチに優香が岡島を迎え入れてるのもあり、土曜日には、毎週ウチへ来ていたようです。(俺は土曜は出社日)

「私は離婚するつもりですので優香さんには慰謝料を請求させていただきます。山本さんはどうされるか任せますが、優香さんと離婚されるおつもりでしたら資料をお貸しします」
離婚するにあたって有利になると思います。と芳恵は淡々と話しました。

「えっと・・ちょっとだけ時間をもらってもいいですが、あまりに突然のことにちょっと混乱してしまって」
「無理もないです。いずれにしてもすでに弁護士には相談済で一ヶ月以内には、お宅へ主人と伺うつもりですのでそれまでにどうされるか考えてください」

芳恵はそういうと手際よく資料を片付けて俺の分も喫茶店代の払いを済ませて出ていきました。

俺はその後1時間、喫茶店で悩んだ末に帰らないわけにはいかなったので家に帰りました。

優香はいつもどおりの顔でおかえりを言ってくれましたが、俺はとても顔をまともに見ることが出来ずに、今日は疲れたのですぐ寝るとだけ言って部屋にこもりました。

優香を見てると今日の喫茶店での話は、悪い夢だったんじゃないかと思えてきます。
けど、セックスレスはそれほど気にしてなかったとはいえ、別の男とやっていたとなると話は別です。もやもやしたなにかが胸を離れません。

そんな気分で迎えた休日、俺は優香にたまには買い物とか出かけたらと告げ、外に出しました。

優香は、そんなことを言う俺に最初は訝しがってましたが、そういうのなら、と出かけていきました。そんな姿を見てるととても浮気しているようには思えず、決心が鈍りそうでしたが考えていたとおり、寝室と居間にカメラとマイクを仕掛けました。

インターネットはやっていたものの、AV機器には疎く、いろいろネットで調べた末に購入してきたものです。
無事、カメラも仕掛け終わり、俺にとって今までで一番長い一週間が過ぎました。

変などきどきがとまらないまま、イヤホンをつけて、部屋の明かりもつけずに土曜日の画像を確認しました。

「センセおかえりーーーー」
優香の明るい声が入ってました。
・・・おかえりってどういうことだ?
知らない男の声でただいまとも入っていましたが、こちらはあまり元気のある声ではありませんでした。

「じゃーん、今日はこんなのを出してみました。実家から送ってもらったの。高校のときの制服ー。まだ私も捨てたものじゃないでしょ?センセこういうの好きだし」
なんと優香はブレザー姿でした、というかこんな優香は見たこともない・・・。
男は写真で見た岡島の姿でした。

「あのさ、今日は話に来たんだけど・・・」
「えーー、さきにえっちしないの?せっかく着て待ってたのにー」
「いや、なんかさ、妻に気づかれてるような気がするんだ。だから、しばらく来ないほうが・・・」

ガシャン!という音がいきなり響きました。
俺も心臓が止まるかと思うほどびっくりしました。

「なんで?!どうせ離婚するんでしょ!いいじゃない!」
「いや、前にも言ったとおりまだ離婚はできないよ、いろいろあるし、それに君だって山本くんが居るじゃないか」
「それはセンセが早く離婚してくれないからでしょ!センセが離婚してくれたら、私の方もすぐ離婚するわよ!もともと好きで結婚したんじゃないんだし!」

がつんと頭を何かで殴られたかのような衝撃を受けました。
どういうことだ・・・?

「それはちょっと山本くんにかわいそうじゃないか?彼は君のことが好きなんだろ?」
「あの人の気持ちなんてどうでもいいんじゃない!私が好きなのはセンセだけ」

そういいながら優香は岡島の腰のあたりでもぞもぞしはじめました。

「センセ以外とこういうことしようとすると吐きそうになるんだもの。センセが私を高校の頃にこんな身体にしたんじゃない」

岡島はうう、とうめきました。
・・・フェラしてやがる。
俺は頼むことすら出来なかったのに。

「ふぉら?きもひいいでひょ?ほんなにおおひくなってるひ」
しゃぶりながら喋る優香はとても俺が普段知ってる優香とは思えません。

口を離すと手だけ岡島の股間にあるまま、岡島に顔を近づけて言いました。
「センセだって奥さんにこんなことしてもらったことないって言ってたじゃないの。私だったらなんでもしてあげるよ。毎日でも」
「で、でもさすがに離婚は、いろいろ私にも立場があって・・・」
優香は、また咥えはじめました。

岡島はぶつぶつとまだ小声で何か言ってましたが聞き取れず、そのままうめきをあげてました。どうやらイったようです。

岡島は開き直ったのか、そのまま優香のスカートをまくりあげて前戯もせずに後ろから突き入れました。

キモチイイとか、好きとか愛してるとか、優香は獣じみた叫びをあげながら受け入れてました。
俺はさすがに耐え切れず、ヘッドホンをはずして動画だけ早送りしました。
優香が騎乗位で腰を振ってたり、岡島の全身に舌を這わせて喜んでいたりというシーンが矢継ぎ早に流れていきました。

見終わった後、俺は脱力でした。
苛立ちや怒りはどこかへいってしまうほどのショックでただ脱力するのみでした。

俺の心は決まり、芳恵へ電話をしました。

「例の件ですが、私も優香と離婚することにしました」

そうですか、と感情も見せずに淡々と言う芳恵に少し腹が立ってきました。

「例の資料、もらうだけでは申し訳ないので私も証拠を取りました。それをお渡ししたいのですが」

証拠はもう充分あるので・・という芳恵にそう言わずに是非ということで会う約束をしました。
DVDにして持っていき、お互いに手持ちの証拠を渡して別れました。

冷静になって動画の内容を思い返して見ると、優香のほうが岡島に惚れてるのは間違い無さそうです。
高校時代というからには、家庭教師のころになにかあったんでしょう。

私の知ってるのセックスに対する潔癖な優香とは別人のように淫乱で岡島に奉仕してました。
まあ、実は潔癖でもなんでもなく岡島に操を立てていただけというのが本当だったのですが・・・。

いずれにしろ、話の中にあったように芳恵が岡島をしっかりと捕まえていれば、こんなことにはならなかったんじゃないかと・・・。
明らかに逆恨みなのは当時でもわかっていたのですが、そういう気持ちになってたのも確かでした。

そこから先の展開は早かったです。

岡島と芳恵はウチへ訪れ、優香への慰謝料請求の話と弁護士に任せた旨を伝えてきました。
俺もその場で優香に離婚したい旨を申し入れ、慰謝料請求をさせてもらうと話をしました。

優香は、夫と浮気相手の妻から同時に慰謝料を請求され、窮地に立たされているはずなのに、満面の笑みを浮かべて頷くだけでした。

岡島はただ、喜んでいる優香とは対照的に赤い目をしたまま、ただうなだれていました。
俺はすでにこういう結果になることを覚悟していたので、そのときはあまり感慨はありませんでした。

そのときは、俺はなぜか芳恵が気になり、芳恵の顔をじっと見てましたが、俺へ浮気の話を告げたときと変わらない表情で淡々としてました。

ずっと押し黙っていた岡島が帰り間際に口を開き、俺に向かって「謝って済むことじゃないけど、君には済まないことをした」とだけ言いました。

俺は「いえ・・・」としか言えませんでした。
正直、この状況で喜んでみせる優香の気味悪さ、嫌悪感と対照的に岡島に対する怒りは失せていくのがわかりました。

その日のうちに優香は実家へ帰し、実家の優香の親からは、言葉だけの謝罪を電話越しで受けました。

芳恵と俺への慰謝料は相場から考えるとかなり高額でしたが、優香の親は裕福でしたし、一人娘だったのでどちらへの慰謝料も一括で払い込まれました。
離婚届も優香から送られてきたものに捺印し、俺が提出して終わりを告げました。

あぶく銭だけが残り、どっちの夫婦にも子供が居なかったのは幸いだったなという変な感慨だけが残りました。

それから半年後、芳恵から電話がありました。
「話をしたいので時間取れますか?」と・・・。
俺はなんとなく気になっていたのもあって、会いにいきました。

「あの二人、籍を入れたみたいですね」
俺の顔を見るなり、芳恵はそう言いました。
「はぁ、そうですか」
「あまり驚かれないですね」
「まー、優香はそのつもりだったみたいですし、そうなるだろうなとは」
岡島からの慰謝料も分割の予定が一括で払われてきたのでそうじゃないかなとは思ってました。

「あれから連絡は取ってないのですか?」
「取るわけないでしょ。DVD見たんでしょ?2年以上夫婦やっていながら気持ち悪いとしか思われてなかったんですよ。夜も拒否されてましたし。そんな女に連絡取りたいなんて思うはずもない」

芳恵は目を伏せて思ったより割り切れているんですね、と言いました。
「そういう芳恵さんは、思ったより割り切れてないみたいですね。そんな顔してるなんて思いもしませんでしたよ」
「・・・・」

自分であれだけ仕切って、進めておいて何をいまさらという感じでした。
そんなことを言うためだけに俺を呼び出したのか、とも。
そう思ったら、また少し意地悪をしたくなりました。
「芳恵さんは岡島さんに実は未練あったんじゃないですか?そんなんだったら離婚しなきゃよかったのに」

「・・・岡島の浮気は許せませんし、岡島は私じゃ満足してなかったってことですし、優香さんのほうが良いようでしたから」

「はぁ?浮気は許せないのはわかりますけど、岡島さんは明らかにあなたのほうへ未練あるみたいでしたけどね。それに満足って・・あなたのところもレスだったんでしょ?」
芳恵はきっと俺を睨んできました。

「レスだったのなら満足も何もないでしょ。そりゃ若い女に誘惑されりゃそっち行きますよ」
なんで俺は嫁の浮気相手だった岡島を擁護してんだと思わなくもなかったですが、なんとなく自然にそんな言葉が出てしまいました。

「どうせ、妻の座に胡坐かいて旦那に優しくもしなかったんでしょ?」
そこまでいいかけたところで思いっきりひっぱたかれました。
「ぁんたに何がわかるのよ・・・」
芳恵は涙目になってそう言いました。

がちゃがちゃとバッグから財布を出し、その店の勘定を済ませると店を出ていきました。
ま、思ったよりわかりやすい人だなと思いつつ、店を出ようとすると店の外に芳恵が居ました。

そのまま無言で俺の服の袖を握ると俺を引っ張って歩いていきました。
「ちょっ・・・言い過ぎたのは謝りますよ」
「あなた悪いと思ってないでしょ!」
そして、そのまま芳恵が引っ張っていったのはラブホテルでした。

「・・・マジっすか?」
「・・・イヤならいいわよ」
「いや、気が変わらないうちに行きましょう」
俺もなんだかんだいってレスが長く、欲求不満だったのは事実です。

それにこんな美人とヤレるなら、願ったり適ったりです。
実際、呼び出されたときに何も期待してなかったというと嘘ですし。
ラブホで部屋に入ったと同時に芳恵のタイトスカートを捲り上げて股間に顔を突っ込みました。

「ちょっ・・・ちょっと!シャワーを・・・」
「そんなんいいですよ、おれこういう匂い好きなんで」
「こっ、この変態・・・」

もうどうせ会うこともないだろうし、どうせなら好き勝手やってやれって腹でした。
優香には気を使って出来なかったこととかも。

嫌がる芳恵のストッキングを破り、パンティをずらして直接アソコを嘗め回します。
汚いからやめなさい、とか叫んでますが気にせずナメナメ。

「あれ、もしかして芳恵さんアソコなめられたことない?」
「あ、あるわけないでしょ・・・」
あーこれは、確かにこういうのが嫁だったりしたら引くな。
実際俺も優香は潔癖だと思って、変わったこと何も出来なかったし。

「芳恵さんのココ、いいにおいだし、味も美味しい」
もう変態全開です。遠慮しなくていい相手なので。
そのとき、芳恵がぶるっと震えて次の瞬間、どばっというかんじでアソコから愛液が拭き出してきました。

もう濡れるというより、流れるといったほうが正しいぐらいに。
芳恵は、顔を抑えながらうーっと唸り、そのままがくがくと震えつづけました。
いい反応してるじゃないか。
ということでさらに遠慮なく舌を突っ込みます。

芳恵は腰に力が入らないようでぐったりしたままです。
「んじゃ、お風呂はいりましょうか。」
ぐったりしたままの芳恵を脱がして風呂場へ連行。
さすがに照れているのかこっちを見ようとしないままです。

「洗ってあげますよ」
「いや、いい。いい。自分で洗う」
「そう遠慮せずに」
俺はボディシャンプーを手に取るとそのまま芳恵の体にぶっかけました。

「ちょ・・今度は何をする気?」
「洗うだけですって、何かしてほしいんですか?」
芳恵はまた顔を背けました。
けっこうかわいいかもしれない。

俺はアソコを中心に芳恵の体をまんべんなく石鹸でぬるぬるしていきました。
芳恵はぶるぶる震えながらもなすがままになってましたが、アナルのほうも念入りに洗ってやると暴れだしました。

俺は気にせずに洗い続け流した後にもがく芳恵をよつんばいにさせて、アナルに舌突っ込み。
「ちょっううういやいやいや、おしりに何か入ってきてるっ」
「俺の舌ですんで、痛くはないでしょ?」とだけ言ってまたねじこみ。
「いやっ汚いからやめてやめて」
気にせずに舐め。この人やっぱこういうのに弱いな・・・。
ぐったりした芳恵をベッドにつれていき、いよいよ挿入。

まあ、さすがにコンドーム付です。あとあと面倒なことになっても困りますし。
後ろからがしがし突くけど、声を押し殺してる芳恵。

なんとなくつまらなかったんで、一回抜いて備品のローターを購入。
芳恵は顔をベッドに伏せたままだったけど、仰向けにさせ正常位で挿入。

相変わらず声を抑えていましたが、ここで秘密兵器導入。
ちょうど芳恵のクリにあたるところにローターセットして俺と芳恵ではさむような状態でスイッチオン。

突然の異物感と振動に芳恵はびっくりして逃げようとしましたが、動けないようにロック。

俺も腰動かせませんが、挿入ったまま、ローターの振動とダブル攻撃。
芳恵は、一瞬だけ獣じみた声を上げてイってしまいました。

ぐったりしたところで、俺もイこうと思いっきり突きました。
俺も無事イクことが出来て、満足したところでコンドームの処理をしてると後ろでぐったりしてた芳恵が話しかけてきました。

「・・・気持ちよかった?」
「ん?最高でしたよ」
「・・・こんなふうに優香さんともしてたの?」

「いや、させてもらえなかったんで普通にしかしてないですよ。それも数える程度です。2年も結婚しててね。芳恵さんはどうなんです?岡島さんはテクニックあったんでしょ?優香があれだけメロメロになってたぐらいだし」

「ううん、こんなことあの人にされたことない。普通だった」
「芳恵さんが拒否してただけじゃないです?」
「・・・うーん、かもしれない」

まあ、やりにくいってのはあっただろーな。
なまじきりっとした美人でスタイルもいいだけに。あの男、いかにもな優男だったし。
俺は後先考えてないからここまで出来たってだけの話で。

「ね、ね」
「なんです?」
「・・・こういうことさせてあげたり、私からも誘ってればあの人も優香さんと浮気しなくて離婚しなくて済んだのかな」
「・・・かもしれませんね」
なんか、ここで急に自分が情けなくなってきました。

少なくとも岡島は芳恵からも優香からも好かれていたのは間違いない。
優香は操を立てるような真似をして、俺との性的なことをあれだけ嫌悪してたし、芳恵だって素直になれなかっただけで岡島のことは好きだったのは明白。

そんな中、俺はいったいなんだったんだ?
結局、誰からも必要とされることはなかった。
一回、そのことに気づいたら涙が出てきた。

「・・・どうしたの?」
「・・・なんでもないっすよ。なんか、急に自分が情けなくなっただけです。岡島さんは優香にもあなたにもそれだけ愛されてたのに俺はいったいなんだったのかってね」

涙声でそんなことを言う俺が、ほんと情けなくて、よけいに泣けてきた。
と、いきなり背中にやわらかな感触がきた。

「・・・ごめんね」
後ろから俺に抱きつきながら芳恵はそう言った。

「・・・なんで芳恵さんが謝ってるんですか、なんかよけいにみじめなんすけど、俺」
「・・・ごめん」
芳恵は俺の顔をぐいっと後ろに向けてキスをしてきた。

「・・・なんか中*生レベルのキスっすね」
「えっ、キスってこういうのじゃないの?」
ぷいっと芳恵がふてくされた顔をしました。

「・・・せっかく勇気出して主人にも自分からしたことないキスをしたのに」
「なんか、俺、いま唐突に岡島さんがかわいそうになって来ました」
そういうとよけいにふくれる芳恵。

「・・・あのね、気持ちよかったよ」
「えっ?」
「・・・さっきのセックス。主人・・ううん、岡島とのセックスより君がいましてくれたセックスのが気持ちよかった。これは本当」
なんかさっきまでの惨めな気分が嘘のように晴れてニヤけ笑いがこみ上げてきました。

俺の顔を見て芳恵も笑いました。
「もう一回する?」
「します」
「・・・じゃあ、今度は私もシてあげるからいろいろ教えて」

その後、芳恵とはちょくちょく連絡を取るようになり、半年後ぐらいには俺から申し込んで付き合いはじめて、今では結婚1年目です。
岡島とは、一回だけ仕事中に偶然会って少しだけ話をしました。

岡島は俺に「君に迷惑をかけて傷つけた分、優香は幸せにする。謝って済むことじゃないが本当にあの時は申し訳なかった」と言いました。

俺は芳恵とのこともあり、もう優香には未練もなにもなかったので
「優香が望んだことだと思いますし、もういいですよ」とだけ言いました。

優香との間に子供も出来たみたいでしたが、岡島はえらく老け込んでいてあまり幸せそうには見えませんでした。

「芳恵も再婚したみたいだし、君も幸せになってほしい」
あれ、知らなかったのか。と思いちょっと意地悪をしたくなりました。

「芳恵さんと結婚したのは俺ですよ。あれがきっかけで付き合いはじめました」
「えっ・・そ、そうか。そ、それはよかった。どっちのことも僕はし、心配してたから・・・」
明らかに動揺してました。

「・・・姉さん女房だからか、芳恵さんはいろいろ世話を焼いてくれて幸せです。夜のほうも凄いし」
それを言った瞬間の岡島の顔は完全に凍りついてました。

では、と言って俺は岡島から離れました。
・・・ま、ちょっと悪趣味な一言だったかな。
けど、人の嫁に手を出したのは事実だから、これぐらいの意趣返しはいいだろ。
芳恵を絶対に幸せにしよう・・・そう思いました。