Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私の太ももを抱えるようにし腰を振るスピードを早めて・・ [エッチ体験]

今から5年前の夏、私が23歳の時に働いていた会社に専門学校二年のカズ君がバイトとして入ってきました。
カズ君は私より4歳年下で、たまに一緒に仕事をしたり、会社の人たち数人でで飲みに行ったりはしました。
カズ君には「カワイイくていい子」という印象しかなく、男性というよりも弟のような感じでした。
翌年の春にカズ君は学校を卒業し、遠くの実家へ帰っていきました。
最初は「時々連絡するね」なんて言ってたけど、案の定連絡も途絶えがちになりました。

その年の冬、久しぶりにカズ君から連絡があり「そちらに行く用事があるので会社にも寄ります」とのことでした。
約1年ぶりくらいに顔を見たカズ君は顔つきがちょっとだけ逞しく見えました。

私の仕事が終わりカズ君が乗って来た車に乗せてもらいドライブ。
カズ君「薫さん、あまり変わってないですね~」
「あら失礼ね。さらに綺麗になりましたねって言いなさいよ」
などと軽いノリで会話も弾みました。
よく考えてみればカズ君と二人でこんなに話すのは初めてでした。

それからボーリングに行き(田舎なので、こんなものしか娯楽が無いのです)焼肉を食べに行きました。
食事が終わってから「どうしよっか?」という話になり、じゃあカラオケでも~となってカラオケへ。

私は大人数なら最初から歌えるのですが二人きりなんて初めてで、とてもシラフでは無理なのでビールを注文して気分を盛り上げつつ歌いました。

カズ君は車を運転しているし、そもそも下戸なのでお酒は飲めません。
ビールを飲みながら歌う・・当然酔いも回ってきます。

カズ君の「飲みすぎですよ」の言葉を無視してビールを注文しました。
かなり盛り上がって(私だけかもしれません)カラオケも閉店時間になり外へ出ましたが酔いのため上手く歩くこともできません。

もう私は眠くて眠くて・・ウトウトと寝てしまいました。
カズ君が私を起こしてきて「送っていきますよ。家どこですか?」と聞いてきましたが、私はホワ~ンとした気分のため何も答えず眠りに落ちていきました。

それからどのくらい時間が経過したのか分かりませんでしたが「車の中じゃ凍えちゃうので何処か温かい場所へ行きましょうよ」と言うので寝ぼけたまま「うん、いいよ~」と答えました。着いた場所はホテルでした。

私も寒くて眠くて、次の日休みだし家に帰るのも面倒なのでホテルでもいいやと思い、カズ君と中に入りました。

寒かったのでさっさとシャワーを浴びて、備え付けのバスローブを着て眠りにつきました。

彼氏が私の秘部に顔をつけ、舌で愛撫しています。
両手は伸ばすようにして私の両胸を揉み、時々乳首をクリクリとしてきました。

(夢なのかな・・すごく気持ちいい。おかしくなりそう・・でもなんか変。いつものやり方じゃない・・・あれ?夢じゃない。彼氏と一緒???ちょっと待って。ここ何処だっけ?)

夢見心地からスーッと現実に引き戻され、目覚め私が脚の方に目をやると顔を埋めていたのは彼氏じゃなくてカズ君でした。

(なぜ彼氏じゃなくてカズ君?どうして私こんなところにいるんだろう?)
混乱する頭の中とは別に「ちょっと待って。止めて」という言葉が無意識のうちに出ていました。
(付き合っている人以外の男性とのセックスなんて絶対に考えられない。ましてや以前一緒に仕事をしたことのあるカズ君とだなんて・・)

カズ君は顔をあげると「俺が抱きたいって言ったら薫さん、うんって言ったよ」といい再び私の胸を揉み始めました。

(ちょっと待って。私そんなこと言ってない!)
そう思いましたが、もしかしたら酔って寝ている間に返事をしてしまったのかもしれません。そういえばカズ君が横で私に何か話し掛けていたような気がしないでもないのです。
でも私は「絶対にイヤ!」という気持ちにはなれませんでした。

それはカズ君の愛撫の仕方が彼氏とは全く違うものだったからです。
実は私は一年ちょっと前に彼氏と付き合い始めて、その人が始めてであり身体を許した唯一の人です。

彼氏の愛撫はとても優しく、男性は彼氏しか知らない私は(セックスの気持ちよさはこんな感じなんだ)と思って満足でしたが、カズ君のは全く異質で、一見荒々しいのですが感じるポイントを的確に突いてくるのです。
乳首の触り方ひとつをとっても彼氏にされるよりも気持ちよく、背筋がゾクゾクしました。

「薫さん。寝ている時からココ、濡れてたよ」
とカズ君は舌の先でクリをチョンと突付きました。
全身に電気のようなものが走り、思わず「んっ」と声が漏れてしまいました。

もうダメでした。頭の中で理性がが切れてしまいました。
「じゃあ本気でいくよ」とカズ君は言うと私の胸を揉み、乳首を人差し指の腹でこするようにし舌の裏側を使って転がすように責めてきました。

もうそれだけで気が変になりそうなのに、カズ君は私の乳首に顎を当て、ガクガクガクッと痙攣させるようなことをしてきました。
「あんっ、んんっ!」思わず仰け反ってしまうほど、今まで経験したことのないような衝撃でした。
「いっぱい気持ち良くなってね」
さっきまで私に敬語を使っていたカズ君とはまるで別人のようでした。

私はもうどうなってもいい、と思い「うん」とカズ君の背中に手を回しました。私がクリが一番感じると悟ったカズ君はクリを責めてきました。それもただ責めるだけじゃなく、私が「ダメっ!イキそう」という時になるとスッと舌や指を離すのです。
焦らさらる経験など初めての事なので気が変になりそうでした。

もう何度「お願い、入れて」と言おうと思ったか分かりません。カズ君に全身の感じるポイントというポイント全てを責められ、69もしました。
彼氏以外のアレを見るのは初めてでしたが、あまり抵抗なく口に含むことが出来ました。「もう我慢できない。入れたい」とカズ君は備え付けのゴムを付けました。

ナマで入れてこようとしたらどうしよう、と思っていた私はゴムを着けてくれただけで安心した気持ちになりました。
正常位の体勢になり、カズ君が入れて来ようとする時もアレを私のアソコにこすりつけるようにして焦らしてきました。
私は我慢できなくなり「もう、入れて、耐えられない」と言いました。

カズ君は私の両膝を持ち、グッと腰を前に出してくると先っぽが少し入ってきたのが分かりました。
「んっ・・」そしてゆっくり、ずにゅずにゅっと進入してきます。
「はんっ、んっん~」自然と漏れた私の声はカズ君のが完全に入った合図のようなものでした。

「最初は少し馴染ませよっか?」とカズ君。
(なんでこんなにセックスが上手いんだろう?)
確かにカワイイ子だけど女性の扱いに慣れている風には見えませんでした。

カズ君はゆっくりと腰を前後に動かし始めました。
カズ君の腰の動きに合わせて私の胸は揺れ、それに同調するかのように「んっ、んっ、あっ・・・」とリズミカルな声が私の口から自然と出ました。

それから何度も体位を変えてカズ君とセックスをしました。
彼氏とは正常位、背後位、騎乗位しかしたことがなく初めて他の体位を経験する事が出来ました。

「最後は薫さんの揺れる胸と感じている顔を見ながら」というカズ君の言葉で正常位になりました。
「もうそろそろイキそう・・薫さん、イッてもいい?いい?」
「うん、いいよ。いっぱい出していいよ」

カズ君が私の太ももを抱えるようにし、腰を振るスピードを早めてきました。
「ああ、いくっ・・っ!!」
カズ君の腰がビクッ、ビクッと二度、三度と打ち付けらるのと同時に、私も頭がシューッと真っ白になるような感覚を得ることが出来ました。

カズ君はゆっくりと自分のモノを抜くと、そのまま私の横にドサッと寝てきました。
私はカズ君にピタッと寄り添うように身体をくっ付けました。

それから2人ともいつの間にか寝てしまいましたが、起きてから二度目のセックスをしました。
私も一回目よりも余裕が出て、カズ君の腰の動きに私の腰の動きを合わせたり、騎乗位では自分から腰を振ったりしてカズ君に応えました。

夢のようなセックスでした。
その後また眠りにつき、起きてからホテルを出ましたが平日のサービスタイムだったので料金も安く済んだのでよかったです。

2人で食事に行った後、カズ君は地元へ帰っていきました。
彼氏にはこの事実は言ってません。最低な女だと自分でも思いますが彼氏の事は大好きですし、彼氏とのセックスも満足には違いないです。

それ以来カズ君とは会っていませんがまた来てくれないかな~、またしたいな~と思っている私がいます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする