Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

M字開脚させクンニしてやるとビクビク反応しながら悶えていますwww [セックス体験談]

私は45歳の既婚です。
お相手は4つ下の他部署にいる未亡人の栄子さんで、2年前に旦那が亡くなっています。
前から気になっていたのですが、きっかけは半年前の社員旅行で、隣に座る事となり、なんだか話が合って2次会も楽しく過ごしました。
その時は、そのまま「また今度飲みにいこうな」という感じで終わりました。
1週間ほど後に
「週末、飲みに行く?」
と誘ったら承諾してくれました。 彼女はどんな感じかというと、自称155/85/58/88で、まぁ実際に嘘でない感じのスタイルが良い細身熟女です。

見た目は30代半ばで通る、ちょっと可愛い感じ+熟女の色気ありです。

週末になり、夜景が綺麗に見えるちょっと小洒落た店を予約して行きました。

大きな窓に向かって並んで座るカップル席に案内され、他愛もない会社の話や仕事の話をし、お酒が少し回ってきた頃に、どちらからともなく、彼女が未亡人である事の話になりました。

そんな話をしていると、
「もっと人生楽しみたいけど、オバサンになっちゃったし」
とか言い出して、意味ありげな雰囲気を醸し出してきます。

「そんな事言って、実は彼氏いるんじゃないの」

とか言いながら腰の辺りに手を回すと、

「あ~、いけないんだ~、セクハラ~」

と言いながらも体を寄せてきました。

こうなれば、今日は何かしないと収まりません。

完全に口説きモードに突入です。

20分ぐらいで
「場所変えようか」
「いいよ」
まで進み、お店を出ました。

お互いに、良い年の大人ですから言わずとも、どこへ行くかは理解しています。

10分ほど歩いてホテルへ…。

部屋に入って、いきなりキスをすると栄子はなんだか少し震えています。

私「どうしたの?」

栄子「えっ、あの、、こんな事3年ぐらいなかったし、あの人(旦那)以外ないし」

私「えっ?旦那以外と経験ないの?」

栄子「うん、キスはあるけど………それ以上はあの人だけ、結婚早かったし………」

と声が小さくなっています。

そう聞くと、処女を前にしたような気持ちで凄く可愛いと思い、同時にエロい気持ちが押し寄せてきました。

ここはこれ以上話をせず、既成事実を作るのが良策と考えた私は、もう一度キスをし、ゆっくりと、腰からお尻を愛撫、栄子の体を引き寄せて、大きくなった私のモノを栄子に押し当てました。

栄子は息が乱れ、恥ずかしそうに顔を押し当ててきます。

ベッドに近くに移動して、ゆっくり寝かせ首…耳にキスをすると
「あっ、あっ」
と可愛い声で反応してくれます。

胸を愛撫しながらブラウス、スカートを脱がせると
「暗くして、ください」
と言ってきましたが、私は無言でブラをズリ上げ乳輪の小さな、40代にしては綺麗な胸に吸い付きました。

「あっ、いゃぁ~ぁぁ」

…感度抜群です。

私の頭を栄子の手が掻き回します。

ワキ腹、おヘソ、下腹部とキスをしてゆくと、どんどん乱れてゆきます。

うつ伏せにして、背中をキス攻めにしつつ、破れないようストッキングを脱がせました。

パンティが半分脱げて、生尻がエロく見えています。

そのままの姿勢で、今度はふくらはぎや膝裏に舌を這わせると、小さく声を出しながらビクッと体をくねらせて反応します。

パンティに手をかけ、下ろそうとした時

「い、いゃ……シャワーして……ないいのに……」

と言って拒もうとしますが、無視してお尻の谷間に舌を入れてやると

「はぁ~ん、ダメってぁ~」

と言いながら、もう

「どうにでもして」

といった感じです。

お尻はきゅっと上がった、良い形をしています。

とても40代とは思えません。

その分足を閉じていてもアソコが丸見えです。

足を少し足を開かせると、エッチ汁で光っています。

お尻を上げて膝を立てさせると

「恥ずかしい」

と言っていますが、もうされるがままです。

アソコを指でいじってやると、

「いゃ~ぁ~~」

と言いながら腰をくねらせています。

指を入れずクリやタテミゾを弄っただけで、ビショビショになりました。

今度は仰向けでM字開脚させ、クンニしてやると、ビクビク反応しながら悶えています。

少し甘いような味がしました。

栄子は恥ずかしそうに両手で顔を覆っています。

指でクリを弄りながら、キスをすると栄子から舌を入れてきて、私のアレを触りに来ました。

「固い………なんかおっきいし、、、」

と言ってしごいています。

「フェラは嫌い?」
と私。

「う~ん、上手くないよきっと」

と言いながら私のアレを咥えてくれました。

(確かに、上手くないなぁ)
と思いながら、そのぎこちなさにまた欲情しました。

69を求めると素直に応じてきます。
さっきクンニで拭ってあげたのに、また洪水状態です。

今度は指を入れてやると、
「うっ、うぅ~」
と咥えたままう悶えています。

そろそろ入れたくなったので、体勢を変えて正常位で挿入……生ですが拒みません。
少しキツい感じですが、柔らかくてアレが彼女に包み込まれているようで、極上の感覚です。

動いてやると、
「いいっ、あぁ~~」
と腰を振ってきました。

ヌレヌレのアソコからはクチクチュとエッチな音がします。
体位を入れ替えたりして、栄子が3回目にイッた時、私も彼女の中に果てました。

栄子は放心したように、少し虚ろな表情で添い寝しています。

私「凄く良かったよ」

栄子「うん、私も………」

私「3年ぐらいしてないって?」

栄子「………本当は、もっとしてないと思う………」

私「こんなに、いい体なのにね、僕なら毎晩するなぁ」

栄子「ヒロシさん(私)って、エッチなんだ」

私「普通みんなエッチでしょ、栄子さんも凄くエッチだったよ」

栄子「うん、凄く気持ちよかったの」

私「たまに会ってエッチしたいな………どう?」

栄子「うん、私も………」

と、抱きついてきました。

その日は、ベットで2回戦とお風呂でイチャイチャして帰りました。
それ以来、月に2-3回密会しています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!