尻を振って中出しをせがむ義母に・・


妻が盲腸で入院。その間、妻の母親65歳が妻の代わりをしてくれた。
まだ子供はできてなかったので、世話と言ってもあまり負担をかけてないはず。
その義母と間違いがおきた。
義母は数年前に亭主に先立たれ一人住まい。だから泊りがけで来る。普段なら義母は俺の晩酌に付き合うことなく、風呂に入り個室に引きあげるが・・・
その夜、ふと性欲がきざしたので裏ビデオをみていた。
もちろんオナるつもり。そこへ浴衣姿の義母がビデオに気付かずに
「今夜はいやに蒸すわね、ちょっと涼ませてね」と俺の横のソファに座った。

義母は「あらっ」といってやっと目の前のテレビに気がついた。俺は何とも言いようがないので無言。

しばらく2人とも無言が続いた。
そっと義母の顔を窺うと上気している。口が半開きになり、呼吸が激しい。
「こんなの初めて見るわ」とかすれた声でいう。

 ビデオの女が佳境にはいった。義母が生唾を飲み込んだ。
俺は再び勃起していた。義母の手を思い切って握る。抵抗がなかった。
その手を俺の股間に押しつけた。義母の掌がちんぽを握り締めた。

ビデオの女が絶頂を告げ、男が身体を離して女の口元で射精を始めた。
「今日だけ、してあげる」
女がちんぽを咥えるのを見た義母が、俺の股間に顔を伏せた。

亀頭を咥えて手でちんぽを擦る。手慣れた技巧に俺はたまらず腰を突き上げる。
義母が手を離し、激しくちんぽを吸引した。我慢できず弾けた。

 すっかり精液を飲み込んだ義母を抱き起した。
ソファに横たえ、浴衣をまくり上げる。

二重に段がついた下腹の濃い茂みに触れる。割れ目を分けると愛液が滲み出ていた。
「あー」と義母が叫び、慌てて口を押さえた。その口にちんぽを押しつける。

おおまんこに入れた指を2本3本と増やす。
親指で実を擦る。義母の顔が歪んで背が反った。
3本の指が滲み出た液体で濡れそぼった。

「ちょうだい、入れて」
義母が口から吐き出したちんぽをおおまんこにあてがう。
義母が腰をずらし器用に収めた。義母の両足が俺の背中に絡まる。

「あっいい、いい」
義母が四肢で俺を締め付け、絶頂を告げた。
俺が動きを速めると「一緒に、ねえ、早く」と腰をゆすり、俺の射精を感じると一気に上りつめた。

数日後、義母との目も眩むようなシーンを思い出し、もう一度やりたくなった俺は、勤め帰りに飲んだ勢いで、一人住まいの義母を訪ねた。

 もちろん義母は俺の来た目的は百も承知。
玄関の戸を義母が締めた途端、俺の腕の中に義母を抱え込んだ。

 抵抗して逃げる義母だが弱弱しい。義母の尻を引き寄せ腰を密着させる。
口を合わせ舌を入れると義母が脱力状態になり床に腰を落とした。

 Tシャツの襟から義母の豊かな乳房が見えたので、手を入れた。
緩めのブラジャーの中の黒ずんだ乳首を摘まむ。すぐに乳首が膨らみ、義母がかすかに喘ぐ。

シャワーを浴びて、ソファーで缶ビールを飲みながら義母を待った。
義母が浴衣に着替えて来た。余計な会話は不要だった。
義母を横抱きにして浴衣の裾を割ると何も穿いていなかった。

乳首を含み、茂みをかき分けて芽を擦る。
義母の片足を俺の膝に乗せ股を開く。黒ずんだ陰唇を分け、滲み出た液体で指を濡らして激しく芽を擦ってやる。

 義母が仰け反り声をあげた。義母の手が俺のパンツをまさぐりちんぽを掴んだ。
硬く握り締めたまま一瞬硬直し絶頂の言葉を何度か叫んだ。

ぐったりとして俺の股間に顔を伏せた義母は、ちんぽを取り出し口に入れる。
若い俺が2度や3度は出来るのを知っているのだ。

 最初の放出を呑み込んだ義母が俺を押し倒した。
床に膝をついて俺の両足をあげ、陰のうを含む。味わったことのない快感だ。

 さらにその下の縫い目の部分に吸い付く。ちんぽが再び勃起してきた。義母の手がちんぽを掴んだ。たまらなくなった俺は身を起こす。

義母がソファーに手を付く。デカイ尻に腰を押しつける。
義母の手が俺を導き収まる。
抜き差しすると、ゆるみきった膣から液体が溢れ出てきた。

覆いかぶさって垂れた乳房を愛撫すると、義母は自ら股間に手を伸ばし芽を擦り出した。
何度も気をやる様子が、なんとも淫らでたまらない。

締りのない膣だ、義母の淫らな様子が十分に官能的だ。
義母が中での放出をしきりにせがみ出した。口に出すだけでなく尻を揺する。尻の穴が閉じたり開いたりしている。

 膣から流れ出た淫液を肛門に塗り指を差し入れた。
膣と肛門は薄皮一枚で分かれているだけだった。
薄皮の両面を擦ると、義母が頭を左右に振り聞いたことのない善がり声をあげ、俺の指を強烈に締めながらソファーに倒れこんだ。

 俺はちんぽを抜きとり指の替わりに肛門にあてがった。
しかし固く閉じた肛門にはいくら押し当てても入らない。

 義母が振り向き濡れたちんぽを口に入れた。口を固くすぼめて締め付ける。
義母の頭を引き寄せ腰を使う。
長い射精の快感を味わいながら、そのうち義母の肛門を犯す日も近い予感がしていた。

先日久しぶりに義母を訪ねた。罪の意識があるため義母は追い返しこそしないが、応対が固い。2度の肉体関係を持って、あられもない痴態をさらしたことなど無かったかのように振る舞う。

 そんな態度もソファに座って無理やり引き寄せて、口を吸い、乱暴に乳房を揉んでやるとクラゲのように芯のない躰になる。

義母の上半身を裸にして膨らんだ乳首を引きちぎるように揉むだけで、口が半開きになり鼻孔を膨らませる。官能に火がついた義母はもう理性のかけらもない。

そんな義母を立ちあがらせ風呂場に行く。
互いに全身を泡立て、隅々まで洗い合う。
義母の秘所にも指を差し込む。

義母は俺絵ののいきりたったちんぽをしっかり握りしめて離さない。
乳首を噛んでやると絶頂寸前の善がり声をあげる。

 指を抜くと腰が指を追いかけて突きだす。また入れてやる。それを幾度か繰り返すと、義母の秘所から愛液が溢れだす。

「ねえっ、頂戴っ、お願い頂戴」
 ねだりだした義母の陰核を擦り、アヌスを愛液で湿らす。
閉じたアヌスが開き難なく指を受け入れた途端、義母が絶頂に達したことを告げた。
アヌスが収縮し指を締め付ける。

義母を湯船の淵に手を付かせる。愛液が滴る膣にちんぽを突き刺す。1回2回と義母は簡単に絶頂に達する。

 尻を振って中出しをせがむ義母の小山のような尻を左右に分ける。
抜き差しするちんぽの上3、4センチのところにくすんだ色のアヌスが息づいていた。

皺の中心に濡れたちんぽを当てがう。少し押しこむと簡単に亀頭が沈んだ。
アヌスの奥は膣に似た感覚だが、入口の括約筋の締り具合が強烈だ。

義母が凄い声を上げ首を左右に振る。痛いのかと思い動かさずにいると、義母が尻を突き上げちんぽを呑み込んだ。

 勝手に尻を前後に動かせ狂ったように啼きわめいた。
俺の射精を感じた義母も逝き出した。

 後で聞くと膣や陰核とは全然違う快感だと言う。両方の快感を同時に味わうとどうなるのか恐ろしいとも言った。俺も多分病みつきになると思う。

休日に妻にパチンコに行くと言っては義母のマンションを訪問する。
もちろん妻の相手もしているので、毎週義母を抱くわけではないが、ノーマルな妻とのセックスより、おばあさんといっていい年の義母を妻には出来ないことをさせ方がはるかに刺激的だ。

 年相応に3段腹で、でかい乳房は垂れているし、乳首も黒ずんでいるが、おまんこの中は意外にピンク色で妻と変わらない。
今や当たり前のようにちんぽを受け入れるアヌスも、痛がらないので正常なのだろう。

いつからか義母とはパターン化された手順でことが進むようになっている。
まず義母と風呂を使う。リビングで裏ビデオを見ながらビールだ。義母は他人のセックスを見ると異常に興奮する。

 先日は3Pを見せた。若い女性と年増のレズだ。
義母にレズは初めて見せる。普通のレズではないのでどんな反応をするのか楽しみだ。

 長い69が続き、下の年増が淫声をあげだした。
年増の顔がアップになると義母が「若い方男よ」と驚く。乳房があるがちんぽも付いているのに気付いたのだ。シーメールと言うやつだ。

 年増の口から離れたそれは波のモノよりよほど立派だ。シーメールがバックから年増に挿入する。四つん這いの年増が善がり、片手を股間に回して自分でクリを擦りだす。指が激しく動き淫声が高まる。

 義母が俺のちんぽに手を伸ばす。義母を引き寄せ浴衣を剥ぐ。下着は穿いていない。
既にぬかるんでいる膣は3本の指を楽に受け入れる。ビデオの年増が絶頂を告げると、義母も負けじと達した。

 ビデオの年増の眼前に腹の出たおやじが立ち、年増が口で奉仕をする。この年増顔も容姿も悪いが本気で善がる姿るのがよい。

義母が「この人またよっ・・・」と言いながら荒い息をする。
 シーメールが挿入したまま年増のクリに手を伸ばしている。
年増が親父のちんぽを吐き出し唸るような声で逝き出した。

  今度は親父がシーメールを正常位で交わる。もちろんアヌスだ。
年増が横からシーメールを咥えている。まるで女だ。しかしちんぽが付いているのに異様な興奮を覚えるのか、義母が俺を誘う。

 義母の唾液で濡れたちんぽに義母がクリームを塗る。
義母が自ら絨毯に這い尻を上げる。
イソギンチャクのようなアヌスに俺のちんぽをあてがう。

義母が尻を押しつける。先端が窮屈な門をくぐるとあとは根元まで楽に挿入できる。
シーメールが年増に何か訴える。年増が口を離し、勃起をしごきだす。
断続的に精液が飛び出し、それを年増が飲み込んだ。

それを見た義母の淫声が止まりアヌスが収縮を繰り返した。
逝き出した義母のアヌスの入口がちんぽを締め付ける。膣とは大違いの快感を生む。

その膣に義母が指を入れ、薄皮一枚隔てたちんぽを擦る。義母はそれで快感が倍増するらしい。
おれもそれをされると持たない。義母と同時に絶頂に達する。

こんな関係がいつまで続くのだろう。