Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アナルに指入れられたままクリを責められたりもしました [セックス体験]

私、32歳。子供が2人います。
先日、旦那が出張の時に実家に子供を預けて、ネットで知り合った彼と飲みにいきました。そのときのお話です。
まず居酒屋で二人で飲みました。お酒が入ってくうちにどんどんいい気分になってきて、2件目のお店に行く頃には2人とも手つないでました。
飲んでるとき彼が何回も私に「付き合って」とか「大事にするから」とか「大好き」って言ってきたけど、どーせ酔ってるから言ってるだけだと思い、流してました。

でも居酒屋でずっと手つないでて、チューもいっぱいされました。いろんな人に見られてたけど・・・。

店を出て裏通りで二人でディープキスしたり抱き合ったりずっといちゃいちゃしてて、私がカラオケいこう! って言ったら、疲れたから眠れるのが良くない? って彼が言ったので私はOKしました。

はじめはホテルに行くつもりじゃなかったんだけど、酔ってたせいもあってすんなりOKしてた気がします。

ホテルについて、また二人でお酒飲み始めて一気とかしてたんです。
そしたらソファーで何回もキスされて、電気暗くされて・・・テレビも消されて・・・ながーいディープキスしました。

その間、彼の手が私のブラを外してそのままおっぱいを触ってきました。

酔ってたからいつもより気持ちよくて「あっ・・・」って声だしちゃって、彼がだんだん興奮してきて、「ベッドいこ!」って言われて、言われるがままに連れて行かれました。

そのまま倒されてチューして彼がおっぱい揉んで、乳首も舐めてきました。
すごく感じていやらしい声たくさん出ちゃいました。

乳首を舐めてる間、彼の手は私のズボンを脱がしてていつのまにか全裸になってて彼のも脱がしてあげました。

二人とも裸で、彼はチューしながら私のクリを触ってきました。そして濡れたおまんこに指を突っ込んできました。

私のおまんこはグショグショで彼はびっくりしてました。
「すげー」「濡れ濡れだよー」って言われてもっと濡れちゃいました・・・。

彼の指がおまんこの穴に1本入って・・・2本・・・3本って入ってきて奥まで突かれて部屋中に私のおまんこの音が響いてました。

「クチュクチュ・・・って」
私はずっと叫んでました。
「あっ・・・ハアハアいい! もっと! もっと! イキそう!」って。

私は手マンだけでイってしまいました。(潮も吹いちゃいました)
それから彼のちんこをやさしく撫でて、フェラしてあげました。

彼のはもうかなりでかくなってたので、そこでゴムをちゃんとつけて挿入しました。
はじめは正上位でゆっくり動かして、それからどんどん彼の動きが早くなって・・・

私のおまんこはグチョグチョに濡れてて動かしやすかったみたいです。
部屋にパンパンっていういやらしい音が響いてて、それだけでもっとHな気分になりました。

「あっ・・・あんあんあーーーーー」「だめーーー」って叫びました。
彼の動きも早くなってきて二人とも、ハアハア、ハアハアってなってて彼は私の片足を上げてもっと深くまで入るようにしてくれました。

ピストン運動を何回もして「イク・・・イク・・・イクーーーーーーー!」って二人でイキました。
終わったあとに「凄い・・・。凄い濡れてたよ」って言われて恥ずかしくなりました。

そのまま裸で抱きついて寝てました。
お互い少し寝てて、ふと起きると彼も起きてまたチューってしてそのままディープキスになって、おっぱいにしゃぶりつかれてまたおまんこがグチョグチョに濡れました。

2回戦は、立ちバック、寝バック、騎上位と、いろんな体位でやってみました。

アナルに指入れられたままクリを責められたりもしました。
結局何回もいっちゃいました。

終わったあと彼は私に何回も「どうだった?」って聞いてきて「あんなに濡れてー」って言われて恥ずかしくなって何も答えませんでした。

彼はHした後も優しくって腕枕もしてくれたし手もつないでくれたし凄く幸せでした。

その日はそれでお泊りして次の日の朝にホテル出たんだけど、朝はもうお互い酔いも冷めてて微妙な空気でした。

やっぱり酔った勢いだったんだろうな。って思ったけど、なんか朝起きると彼に惚れてる自分がいてびっくりしました。

私は一週間たった今でもあのHが忘れられません。
旦那に内緒で、また会いたいけど無理だろうな・・・。
気持ちいいHって最高ですね。はまってしまいそうです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!