Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

えっちがマンネリになってきたのでラブホのSM部屋に行って・・[エッチな話まとめ]

えっちがマンネリになってきた頃、彼に「私って、ちょっぴりMかもなあ」と言ってみました。

すると彼は嬉しそうに、ラブホの検索を始め、「こんなのあるよ」と、SM部屋なるものを見つけてきました。
恥ずかしいのと好奇心と半々で、二人でその部屋にお泊まりしました。

部屋には牢屋みたいな柵が!

お互い「どうやって使うんだろうねー」とか、照れて引きぎみの会話をしていました。

彼に「縛ってもいい?」ときかれて「でも、痛いのはいやだからね」とOKしました。

彼に手を柵にくくりつけられ、目隠しをされて、彼の愛撫が始まりました。

胸を荒々しくはだけられ、ブラをずらされて、おっぱいだけ出したいやらしい格好にされ、さらに、おっぱいにも紐をかけて縛られました。

そして、紐の間からむにゅっと飛び出している乳首を、彼に摘まれて、私は激しく悶えました。私は乳首が一番感じるんですが、おっぱいを縛られると余計乳首の感度がよくなった気がしました。

「縛られると感じるんだ。えっちだな」

彼はさらにしつこく私の乳首を弄びました。

「んっ!!あっっあっああ!!」

私はすぐにイキそうなほど、感じました。

彼は私の目隠しを取ると、「ほら、天井見てごらん、すごいやらしい格好になってるよ」

見ると天井は鏡になっていて、胸を縛られて弄られているえっちな私の姿が映っていました。

「あん、いやあっ、恥ずかしい……」

「もっと恥ずかしくしてやるよ、ほら、胸を見て」

彼はいやらしく私の胸を揉みました。乳首もツンツン刺激されて、「ああ、いやあ、やあん……、いや、あっあっやめて、あああ~~!!」

私は胸の愛撫だけでイってしまいました。

「ダメだよ、まだイッたら……。さあ、こっちはどうかな」

彼の指が下の方を探っています。

「あーあ、びしょびしょになってるよ。もっと苛められたいの?」

彼の指が敏感なところを容赦なく刺激してきます。

「ああ、ダメ、そこは……、あ、だめえ」

私はのけぞって悶えました。もう、おかしくなりそうです。

「やらしい躰だな、、ほら、おしおきだぞ」

最後には彼に激しくつかれて、絶頂までのぼりつめました。

終わったあと、彼は優しく解いてくれながら、「ごめん、めっちゃ興奮していじめちゃった……」と言いました。

「私も、すごく感じちゃって恥ずかしい……」と言ったら、「いいよ、すごいそそられたよ。また、しような」と言われました。

以来、時々縛られてます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする