Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私のアソコに大きくなったアレを後ろから入れてきました… [セックス体験談]

私は26才のOLです。 その前すごいエッチなことしちゃいました。
私は彼氏と同じ仕事場で働いています。
もちろん社内では私たちが付き合ってることは秘密です。
彼は私より4つ先輩でとても格好良くて、仕事も出来る人です。
その日はみんな早めに仕事を切り上げて、
会社近くの居酒屋で飲み会をやる事になっていました。
みんなで仕事場を出て、
新年会場に行く途中で私は携帯を仕事場に忘れた事に気付きました。

「すみません、携帯忘れちゃったので先に行ってて下さい」
と私は言い、急いで会社に戻りました。

そして女子更衣室で携帯を見つけて一安心していると、
いきなり部屋の電気を消されました。

「きゃっ、誰?」
と私がビックリすると後ろから口をふさがれ、胸を揉まれました。
私が慌てて振り返ると、その人は何と彼氏でした。

「もぅっ。ビックリするじゃない」
と私が怒ると、彼は
「ごめん、ごめん。ちょっとおどろかせたくてさっ」
と言い、キスをしてきました。

私たちは夢中になって熱いキスを交わしました。
すると彼の大きくなったアソコが私のお腹に当たってきました。

「どうしたの?おっきくなってるよ?」
「ごめん、何かムラムラしてきちゃった…」
と言い、彼は更衣室の鍵を閉めました。
そして私を床に押し倒し、スカートの中に手を入れてきました。

「ダメだって。こんなところで…誰か来たらどうするの?やばいよ?」
「大丈夫、すぐ終わらせるから。声出さなきゃバレないって」
「でもあんまり遅いと誰か心配して来ちゃったらどうするの?」
「いいからッ」

と彼は言い、ついにパンティの中に手を入れ、
指でクリトリスを刺激してきました。

「もぉっ。ダメだってばぁ~アァンッ~イヤァンッ。アッアッ。アンアンッハァン」
と私は場所の危険さにいつもより感じてきてしまい、
結局抵抗出来なくなってきてしまいました。

「すごい濡れてるよ…気持ち良くしてあげるから」
と言い、彼は私の脚を肩に掛けクンニをしてきました。

もう私は意識が朦朧として、
「ァッアッ。ゥンッアッ。ハァハァ…ヤンッアアンッ…」
と叫ぶように感じてしまいました。

彼は「そんな声出したら誰か来ちゃっても知らないよ」
と言い、私の口を手で塞ぎました。

私も感じながらも喘ぎ声を出さないように精一杯声を殺しました。
するといきなり彼は、私を四つん這いにさせ、
私のアソコに大きくなったアレを後ろから入れてきました。

「…ンンッ。もぉダメェ~ン。ゥウンッ…ァッァァン」
彼が出し入れするたびに、私はもう我慢できず声を出して感じました。
彼も「ぁっ~。気持ちいぃっ~」と叫んでいました。

彼はもう場所もおかましなしって感じで、
どんどん突いてくるから私もどんどん濡れてしまいました。
そして頭がおかしくなりそうでした。

「アッ。だめぇ~もうイキそう。ンンッ…イクゥッ」
と私は言い、アソコに何かが弾けたような感覚で頭が真っ白になり、イッてしまいました。

彼はそれを見て満足したのか余計に強く突いてきました。
私がイッてしまったというのに、さらにピストンしてくるから、
本当に意識がヤバくなってしまい、足がガクガクしてしまいました。

そしてとうとう彼も、
「ぅっ。俺もイキそう。ハァァッ。あーイク」
と雄叫びをあげながらイキました。

私はかなりぐったりしてしまい、彼もフラフラになり、
2人して疲れ切った状態で飲み会に参加しました。

少し戻るのに時間がかかったので周りにもかなり怪しまれてしまいました。
ドキドキしたけどすごい気持ち良かったです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!