Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どうだ?俺のザーメンうまいか? [エッチな話まとめ]

私は35歳、妻の結花も同じ年で、子供は1男2女。
結婚して12年になります。妻は童顔で、綺麗な黒髪のセミロングが似合う
可愛い顔をしており、とても35歳には見えません。
そんな妻の様子がおかしいと思い始めたのは2ヶ月位前からで、
それまでは週に1~2度あった夫婦の営みが
急に無くなった事がキッカケです。
こちらから誘っても
「今日は疲れているから…」とか
「もう歳なんだから…」などと言って
拒否される様になりました。

あまりに拒否されるので、私は
「お前浮気してるだろ」
と怒鳴りましたが、妻は
「何バカな事言ってるの?こんなオバサン誰も相手にしないよ」
と言いました。

私はおかしいと思っていましたが、
今まで妻は浮気をした事はなく、
その様な怪しい行動もなかったので、
それ以上何も言いませんでした。

しかし、それから1ヶ月位経った頃です。
私は仕事で事故車のナンバープレートの再発行の為、
陸運事務局に行く途中家の前を通りました。
すると家の陰に1台の自転車がありました。

「何だ…?」と思いましたが、
急ぎの仕事だったのでそのまま通り過ぎました。

その夜妻に「今日誰か来た?」と問いかけたところ、
「ママ友が遊びに来たけど、何で?」
と言いました。

私は
「いや、最近誰のママと仲が良いのかと思って」
と、敢えて今日通りかかった事は言いませんでした。
この時私は妻の事をまだ少し疑っていました。

それから1週間後、ナンバープレートを受け取りに行く途中に
また家を通りかかる事にしました。
すると、今度は2台の自転車が家の陰にありました。

私は不信に思い、車を近くのドラッグストアに停めて
家に寄る事にしました。
家に着くと、窓は全部閉められて、
エアコンの室外機が動いてました。

車があるので家に居るはずです。
玄関を開けようとすると、鍵が掛かっていた為、裏口から静かに入りました。

家に入ると玄関から入ってすぐの部屋から男の声が聞こえてきました。
その部屋はリビングで吹き抜けになってい、
2階から入れる小さいロフトがありました。

私はゆっくり階段を上がって、
ほふく前進の様な格好でロフトに入りました。
恐る恐る下を覗くととんでもない光景が目に入りました。

妻が真っ裸で四つん這いになって、
バックで突かれながらソファーに座ってる男のチンチンを
咥えているではありませんか。

後から分かった事ですが、
この時バックから突いていたのが北村、
チンチンを咥えさせていたのが埋橋という男でした。

妻は以前から
「浮気したら絶対離婚だからね」や
「私はあなただけだからね」などと言っていた為、
私は遊びという遊びもせずに、
妻の為家族の為に一生懸命働いてきました。

なのに…絶望よりも怒りや怨みが一気に込み上げてきて、
「私があんな事言ってたくせに。もう離婚だ」と思い、
証拠を残す為にスマホで動画撮影を始めました。

するとビックリしました。
埋橋のチンチンのデカい事。
妻の口にはカリ付近までしか入らないらしく、
残りのサオの部分をしごいてました。

埋橋が
「結花のフェラ最高だな、もう逝きそうだ」
と言いながら妻の頭を両手で掴み、
チンチンを喉の奥まで突き刺し腰を振り始めました。

妻は
「ヴォエ…ヴォエ…」とえづきながらも、
デカチンの半分以上は口の中に入れていました。

ほどなく、埋橋の動きが妻の頭を押さえたまま止まり、
ゆっくりと口からチンチンを抜きました。
妻の口から大量の唾液混じりのザーメンが流れ出ました。

すると今度は、バックから突いていた北村が
「結花のおまんこいつもより凄く締まるぞ。無理やりされて感じているのか? 
口からザーメンたらしてドエロだなお前」

と言うと、
腰の動きが激しくなり後ろから両手で、
妻の大きくなったオッパイを潰れそうな位揉んでいました。

私は(いつも? いつもって、どうゆう事だ?)と思いました。

埋橋は、チンチンを掃除させる為に
また妻の口に入れていました。
妻は凄く感じていたみたいで、
小さくなった埋橋のチンチンを
ジュルジュルと根元までしゃぶり始めました。

みるみるうちに埋橋のチンチンが大きくなり、
両手で頭を掴み、またイマラチオを始めました。

北村が
「もっとケツを突き出せ。奥まで突いてやる」
と言うと、妻は今まで以上に尻を突き出しました。
北村は両手で妻の腰を持ち、
激しく奥まで妻のおまんこを突きまくりました。

部屋の中は、イマラされている妻の
「ヴォエ…ヴォエ…」
のえづき声と、北村が激しく突いている
「パン、パン…」の音が凄かったです。

少しすると、北村が
「ヤバい、逝きそうだ。逝くぞ」
と言うと、おまんこからチンチンを抜きました。

埋橋にイマラされている妻の髪を掴み、
妻の口をチンチンから引き抜き、
北村がチンチンを妻の口の中に突っ込み
喉の奥で射精しました。

射精しても、北村はゆっくりと腰を振り
「気持ちいい。もっと舌を使って。とろける」
と言い、妻はきたフェラを始めました。

妻の口と、北村のチンチンの隙間から
ザーメンが流れ出てきました。

ようやく北村が妻の口からチンチンを抜くと、
今度は埋橋が妻を仰向けにし、正常位の体位で、
あのドデカイチンチンをおまんこに入れようとしました。

その瞬間妻が
「痛い。大き過ぎて入らない」
と言いましたが、埋橋は
「入るよ、奥までぶち込んでやる」
と勢いよく入れました。

妻の顔が歪み、
「グァー痛い。だめ壊れちゃう、止めて」
と叫びましたが、埋橋は容赦なく突きまくりました。

しばらく埋橋が突いていると、妻は慣れてきたようで
「凄くいい。もっと激しく突いて。こんなの初めて。
もっと奥までちょうだい」と言い、
埋橋は妻の足を大きく広げ両肩を押さえ付け、
激しく突きました。

妻のおまんこからは、凄い量の愛液が垂れてい、
「グチャ、グチャ」と音を立てていて、
埋橋のチンチンも妻の愛液でベタベタでした。

すると妻が
「ア~もうダメ」
と叫びながら体を大きくビクつかせましたが、
埋橋はチンチンを突き続けました。

妻は逝きましたが、すぐに感じ始めました。
すると今度は北村が
「見てたらまた大きくなっちゃたよ。結花、今度は口で抜いてくれよ」
と言い、仰向けの妻の口に北村が上からおもいっきりチンチンを突っ込みました。

妻は苦しがり、涙を流し
「ウォエ、ウォエ…」
とえづいていましたが、北村はそれでも妻の顔の上に
股関を乗せて妻の喉を突きまくりました。

咥えている妻の口から
「ゴボ、ゴボ……」
と液体が吹き出てきました。

何と胃液を逆流させていましたが、北村は
「結花。スゲー、グジュグジュだせ。喉の奥にチンコの先がギュッと
当たって超気持ちいいよ」
と言い、腰を振り続けました。

そうしているうちに、北村が
「ウォー逝くぞ。俺のザーメン飲ましてやるからな」
と上からチンチンを喉の奥に突き入れたまま逝きました。

北村は、妻の口からチンチンを抜くと
「結花全部飲み込め」
と言い、妻に飲み込ませました。

北村は、
「どうだ? 俺のザーメンうまいか? ほら掃除して」
とまた妻の顔の上に股関を乗せチンチンを口に入れて、
喉奥までゆっくり入れました。

すると、妻は今飲み込んだザーメンを
「ゴブッ」と戻しました。
北村は、満足して妻の口からチンチンを抜きました。
妻の顔は、涙と胃液、北村のザーメンで
ぐちゃぐちゃになっていました。

それを見て埋橋は
「結花、お前凄くエロいな。こんなにエロい女だったか?
凄い興奮してきたぞ。俺も出すぞ」
と言いながら、腰の振りが激しくなり
「逝くぞ。逝くぞ。逝くぞ。中で出していいか?」

妻は
「中はダメ。絶対ダメ。お口に出して。逝って、早く逝って。もう逝きそう」
と叫びました。

埋橋は、妻のおまんこからチンチンを抜き妻の髪を掴み、
体を起こすと仁王立になり
「しごいて。口を開けて舌を出せ」
妻はあのドデカイチンチンを
両手でしごきながら舌を出しました。

するとすぐに埋橋が
「逝くぞ」
と大量のザーメンを妻の舌の上に出しました。

埋橋は
「結花俺のも飲んでくれよ」
と、言うと妻がゴクンと飲み込み、
私から埋橋のチンチンをジュルジュル掃除し始めました。

すると埋橋は
「なんだ?まだ俺のチンチンが欲しいのか?」
問いかけると妻は、
「欲しい、欲しいの。2人のチンチンもっと頂戴」
と言うと、埋橋はまた妻の頭を両手で掴み、
イマラチオを始めました。

とたんに、北村が妻の腰をつかみ
バックからチンチンをぶち込みました。
正直まだやるのかと思いました。

ここでスマホの録画時間がなくなってしまったのと、
仕事があった為戻る事にしました。

ゆっくり階段を降り、絶対復讐してやろうと思いながら、
私は裏口から静かに出ました。

さて、あいつらをどうしてやろうか・・・。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!