Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

彼ったら私の感じるところ凄い勢いで指を動かすの・・[セックス体験談]

結婚して10数年たつと、妻っていう存在が空気のような存在になっているものです。
私たち夫婦もそんな、どこにでもある普通の夫婦でした。
普通の主婦であったはずの妻が変貌し始めたのは、我が家にパソコンがやってきた日からでした。なんにでも凝り性な妻は、私にチャットというものを教わって以来、毎晩のようにチャットに励んでいました。そのうち何人かのメル友もでき、チャットにメールにと盛んな毎日でした。
そんなある日メル友の中の一人から、男性自信の写った画像が添付されているメールを私は見つけてしまいました。

男心として、このメールの差出人に妻は、なんと返事をしているのか?また、もう会ったりしているのか?など、いろんなことを頭の中を駆け巡りました。

いろいろ経験されてる方々から比べれば、ほんとなんでもない小さなことなのかもしれませんが、その時の私自身のなんとも言えない気持ちは、初めて経験しました。

それからしばらくした日に、相変わらず夜遅くまでチャットに励む妻に、「おやすみ・・」と告げ、一人でベットに入りました。

どれくらい時間がたったのかわかりませんが、暑さで寝苦しいのと、なんとも切ない妻の押し殺したようなかすかな声で、私は、ふと目を覚ましました。

寝室とパソコンの置いてある部屋とは別の部屋の為はっきりとした声は聞こえてきませんが、確かに妻はSEXの時に発するようなあえぎ声をたてています。

私は凄い衝撃に襲われました。
どうにかして、今妻がどんな格好でどんな風に、あんな声を出してるのかを見たくってしかたなくなりました。

寝室のドアを静かに開け、妻のいる部屋に足音をたてずに、こっそりと近づきました。
うまい具合に部屋のドアは、開けっ放しになっています。

おそるおそる部屋の中を覗いてみると、妻は携帯片手にテレフォンSEXの真っ最中でした。

頭が真っ白になってしまう自分がそこにいました。と、同時に、なぜか興奮する自分に気づいたのも事実でした。

妻は、薄いブルーのレースのパンティー1枚を片足にぶらさげたまま、
「凄く感じるの!浩二さんのが欲しいの!お願い!!」
そんな言葉を叫びながら、自分のいやらしい部分を凄い勢いでこすっているではありませんか。

部屋は明るいせいで、妻のいやらしい部分がはっきりと見えています。電気に照らせれて凄く濡れているのがわかるくらいでした。

私は勿論、妻のオナニーなんて見たことがなかった為、凄い興奮を覚えました。
自分のひとさし指と中指とでクリトリスを凄い勢いでこすったかと思えば、その2本の指を、熱くドロドロと愛液を垂れ流しているその部分に出し入れしています。

いつもの私とのSEXでは発しない凄い喘ぎ声が、部屋中にこもっていました。
そうのうち妻は、「出して!お願いいっぱい出して私もいきそうなの」
「あぁ~ほんとに気持ちいいいっちゃうよ!」
といいながら、2本の指を自分の奥深くに挿入し、自分でGスポットを刺激していました。

「ダメ出ちゃう!イクわいっちゃうのあぁ~いくぅ~!!ほんとに出ちゃうぅ~~!!」
と叫びながら、妻のその部分から1本の噴出する体液が床中に飛び散りました。

そうです。妻は潮を噴いてしまったのです。
それと同時に私自信の白い体液も固くなった一物から、おびただしく噴射したのです。

そのあと妻は、「ほんと凄く感じたよこんなの初めて」そんな会話をしていました。
私は知らぬふりをして、というより声も掛けられないまま、その場を立ち去りました。
その後の会話は私には聞く勇気がありませんでした。

これが私の愛する妻が知らない男に変えていかれるはじまりでした。

妻がメル友である男とテレフォンSEXをしているところを目撃してからしばらくたった頃、妻から、「明日出かけてきてもいいかなぁ?」と聞かれました。

私は「別にいいよめったに出かけないんだしゆっくりしてきていいよ」と返事しました。
妻は「じゃぁ少し遅くなってもいい?」
「え?遅くって?そんなに遅くなるの?まぁいいよ子供達は適当に見ておくよ」と、答えておきました。

妻が出かける当日、いつもとかわらずにジーンズにTシャツという格好で出かけていきました。

しかし遅くなるといっていた妻は、意外と早い時間に帰ってきました。

帰ってくると「とっても楽しかった。ありがとうね留守番してくれて」
「で、どこにいってたの?」
かなり酔って帰ってきた妻は「あのねぇ~男の人とデートしてきちゃった」
私は一瞬息がつまりそうになりました。

「その男っていったい誰なんだ!!どこで何してたんだ!!」と、私は怒鳴りつけました。
すると妻は「あなたは知ってるんでしょ?この間も・・・・」
そうです。妻は自分がテレフォンSEXをしているところを覗いていた私を知っていたのです。

妻は「もちろん私はあなたを一番愛してるでもどうしてかあなたが覗いてるってわかってから他の男性とエッチしているの見られたいって思うようになったのあなたに見られてるって思うと凄く興奮するの・・・・」

妻の突然の言葉に私は呆然としました。今までの妻では、とても考えられない言葉でした。
「で今日会った男とエッチしたの?」
と、私が聞くと妻は、「ううんしなかったでもキスされちゃった」
「キスされただけでドキドキしちゃった」
「相手は求めてこなかったの?」
「したいみたいだった・・・でも・・・」
「でもどうしたの?」
「あなたに見られたいの私がその人とエッチするところを」

私は興奮を覚えました。確かになんともいえない嫉妬と興奮と、また怒り、その感情が入り混じった不思議な気持ちでした。

「で、男とはしないの?」
「いいの?私が他の人とエッチしてもあなたは平気なの?」
「平気じゃない・・でも興奮するのは事実なんだ」
「じゃぁしてもいい?」

私は返答に困りました。でも見たい気もするけど・・・・

結局、私は妻の私を愛してるって言葉を信用して
「してもいいよしたいんだろ?」
「うんしたいのそれであなたに見て欲しいの」
「わかったじゃぁ見てやるよ」
「うん・・・ごめんねあなた・・・」
妻はそのあと、私の目の前で彼に携帯から電話しました。

「今からドライブでもどう?迎えに行くから」
そんな会話をしてシャワーを浴びて真っ白なTバックと、おそろいのブラを身に着け、薄い紫のミニスカートで出かけてしきました。

途中妻から電話があり
「あなた○○公園の駐車場に行くからそこで待っててくれる?ほんとに彼としてもいいの?嫌だったらやめるよ」
「いいよでも帰ったら抱かせてくれるよね」
「勿論よじゃぁこっそり見てねもうすぐ彼との待ち合わせの場所に着くからじゃぁね

妻は自分の車に彼を乗せて、これから私の目の前で見せつけることでしょう。

私は急いで車を走らせました。○○公園の駐車場について、あたりを見渡すと何台かの車の中に妻の車を見つけました。
私が覗きやすいようにと思ったのか、一番道路に近い場所に車を止めてありました。

私は車を降りて、ゆっくりと妻の車に近づきました。
うまい具合に道から車を見下ろせるくらいの位置に車がありました。
ドキドキしながら、そ~っと見てみると、二人はシートを倒してキスをしているところでした。
そして、大胆にも妻が男のズボンの中に手を入れてしごいているのです。

妻は男のものをズボンから出して上下に激しくしごいています。
そのうち男も我慢できなくなったかのように、妻の足を開いて妻の濡れているであろう部分を愛撫しだしました。

男は妻の薄いブラウスを押し上げブラジャーをたくし上げて、乳首をなめ回しています。もちろん、妻も男のものを激しくしごいています。

男は妻の真っ白なTバックをひざまで下げて、じっと妻の濡れたその部分を見たかと思うと舐めはじめました。
妻は凄く感じているようでした。

男が妻のものを舐めるのをやめたと思うと、今度は妻が男のいきりだったものを口で含みました。口いっぱいに男のものを含んで出し入れしています。

その間、男は妻の敏感な部分を愛撫しつづけています。
そのうち妻が男のものから口をはずしたかと思うと、妻は1回目の絶頂を迎えたようでした。

そのあとは男のなすがままに、何回もその男の指と口でいかされ続けていたようです。
私は興奮と怒りとの狭間でなんともいえない気持ちでした。

そんな時、別の車のカップルに私が妻の車をのぞいてるのを見つかってしまいました。
そのため、私はこれからっていうときに、その場を去らなければならない状況になってしまったのです。

見てみたいという気持ちを抑えて、とにかくその場を後にしました。

私は妻の帰りを待っていました。
妻か゜帰ったのは、私が帰って来てからかなりの時間がたってからの事でした。

「ただいま・・・」と一言いうのが精一杯のような妻の姿がそこにありました。
妻はかなり疲れた様子で
「見てたの?」と私にポツリと聞いてきました。

「うん、少し見てたんだけどのぞきと間違えられちゃって帰ってきたんだ」
「そうなの・・・」
「で、どうだったの?」と私が聞くと妻は恥ずかしそうに
「したよでも最後まではできなかった・・・」

「そうなの?でも俺が見てたときから大分時間たってるじゃない?ほんとは最後までしたんじゃないの?」
「ううん彼はしなかったよ私凄く興奮しちゃったみたいで・・・」
「興奮しすぎてできなかった?どうしてなの?僕が見てたときもう彼も凄く大きくなってお前も感じてたじゃないか」

「うんあなたより太くって硬くなって大きくなってたよでも・・・」
「そうなんだ最後まではしなかったんだね?それより今も濡れてるの?」

私は妻の状態が気になりました。妻はそんな私の問いかけに、恥ずかしそうに
「お願いシャワーを浴びさせて」
私はそんな言葉を無視して妻の身体を調べました。ミニのスカートをめくり上げて、思わず息を呑みました。
妻の真っ白なTバックだけじゃなく、ミニのスカートまでが染みになっていました。

「そんなに感じたの?」と私が聞くと妻は
「うん凄く感じたよいっぱいいかされちゃった・・」
「彼ね私が触ってあげるといっぱい先からドロドロと汁が垂れてくるの凄いんだまるで射精したかのようにね」

「そんなにいっぱい出てくるんだ凄いんだねいっぱいいかされたってどんな事されたの?」
「いっぱいキスされて私キスされただけで濡れちゃって、彼キスしながら私に言うの、凄く濡れてるよって、もう何がなんだかわからなくなって・・」

「指入れられただけでいっちゃったの・・・彼ったら私の感じるところ凄い勢いで指を動かすの・・・何回も何回も感じちゃった」
「指だけでそんなに感じちゃったんだお前も彼を感じさせたんだろ?」
「うんお口でいっぱい感じさせてあげたよ舐めた感じもあなたのより太くって私凄く入れたくなったの」

「だったら入れればよかったじゃないか」
「うんお願い入れてって頼んだんだけど彼ったらまだまだこれはお預けなんて言うんだもん」
「入れてくれないんだ・・・でずっと愛撫されてるだけだったの?」
「ううんしばらくしてね、車でドライブしようって言われて彼と運転変ったの・・・」

「それでどうしたの?」
「彼ったら私を裸にしてそのまま町中走るの」
「え!!!夜だってトラック大きい車とかだったら見えるじゃないか?」
「そうなの助手席で大きく足を開かされてオナニーさせられちゃったの・・」

「誰かに見られたの?」
「うんトラック運転してる人に信号で止まったときに・・・・・」
「見られたんだね?」
「うん・・・でも・・・見られただけならいいんだけど・・・・」

妻は真っ赤になって恥ずかしそうに小さな声で話ました。
「ずっとねそのトラックが着いてきて・・・そのうち彼ったら・・」
「ん?何かさせられたの?」
「うん次の信号で止まった時トラックの運転主になにか話しにいったのね」
「そしたらトラックが少し走って止まったの彼がじゃぁ一緒においでっていうもんだから・・」

「一緒に車降りたの?」
「うん・・・」
「で何かしたの?」
「お願いもう勘弁して私どうかしてたの!ゆるしてあなた!」
「どうしたんだよそんなに大きな声ださないでもいいいよ怒ってなんかないよ」

妻はか弱い声で話を続けました。
「トラックの運転席の後ろに仮眠するところあるでしょ?そこでね運転手の舐めさせられたの」
「後ろからは彼に私の感じるところ舐められながら・・私は運転手のものを舐めたの」

「私凄く恥ずかしくって変な気分になっちゃって・・・・で私がいきそうなのって言うと運転手のあそこが私の口の中で膨らんだかと思うと口いっぱいに白いドロドロしたものが・・・」

「いったんだね?」
「うんそしたら彼も私のあそこに・・いっぱい・・大きな奇声を発しながらかけてきたの二人とも凄くいやらしい声だしながらね」
「私二人の射精するところ見たらいきなりいっぱい出ちゃって・・・」
「また潮噴いたんだね?いっぱい出たんだ」
「うん止まらなくなっちゃうほど」

「でね、その後始末もさせられないままに、また私の車に乗せられちゃって・・」
「またされたの?」
「うん今度は彼のものを舐めさせられたの」

「彼にさっきのこと思い出してごらん?って言われて触られたらまた感じちゃって・・」
「彼ったらさっき出したばかりなのにまた大きくなってきて凄いのさっきいより大きくなったって感じるくらいに硬くなて・・」

妻は話ながらかなり興奮しているようでした。

「お前もまた感じたんだろ?」
「うん・・とっても明るい道路で彼のものをいっぱい舐めたの彼ったらほらほらみんな見てるぞ!って言うの」

妻は私が見たことのないくらいに興奮したみたいでした。

「彼が車をコンビニの駐車場にとめて・・私のあおこを舐めてきたのそしたら外を見るとおじさんと目があっちゃって・・」
「また見られて興奮したんだろ?」
「そうなの彼にクリトリスいっぱい舐められてるところ見られて感じちゃって我慢できなくなって彼の顔中に私の愛液をき散らしちゃったの」
「車のシートも彼の顔もいっぱいビショビショになったの」

「そうなんだだからこんなに濡れてるんだね」
「うんごめんなさいあなた・・」

私は妻を凄くいとおしく思えました。
そして知らない男にされるがままの妻を、何回も何回も抱きました。

こんな私はおかしいのでしょうか?嫉妬と怒りそして興奮を覚える私なのですが。
けれども、私の妻が知らない男に変えられていくのは、まだまだはじまったばかりでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする