若い男に膣奥まで挿入されピストンされているのかもしれません… [セックス体験]

勤め先の仕事の転勤に伴い、引越し業者を依頼した日の出来事でした。
トラックから降りてきた若い男2人は、ロン髪、茶髪に金のネックス。体は、引越し業が天職のような男達でした。
作業が遅れていた私は、2階の荷造りに精を出していました。暫くして、1階の状況を確認しに1階ホールに降りた私の目に妻の痴態が目に飛び込んできたのです。
なんと、洗濯機にもたれ掛かった作業員のマッスル太股に手を当て、型の良いペニスを、妻が咽喉奥まで呑み込んでいたのです。

妻の頬の窪み具合を見れば、その行為が強要されているものでない事は容易に想像できました。

チュバ、チャプ、チュブ・・・
ストロークの度に心地よさそうな吸引音を発する、妻の吸い上げる様な呑み込みに、作業員はケツッペタをピクピクと反応させ、ペニスを突き出している様子です。

もう一人の作業員は、跪く妻の背後から大きな胸を揉みしだき、窄まる妻の頬を食入る様に見詰めていました。

「奥さんのおっぱい。大きいですね」
そう言うと、背後の男は妻の身体に密着するチビTシャツを捲り上げブラごと夢中で揉みしだきます。

すると妻の柔らかく大きな乳房は、行き場を失ったように飛び出してしまいました。

妻の飛び出した乳房は、吸引ストロークに合わせゆっさゆさと揺れ、背後の男は覗き込むように乳房を見詰めていました。

チュブブ、ピチャッ、チュブブブ・・・
妻が、乳房を揺らしながら大きなペニスを今まで見たことの無い頬のへこみで吸い上げる光景は、私のペニスから先走りを誘発しました。

「奥さん。凄いやらしい吸い付きですね」
と言う、背後の男も夥しい先走り状態に違いありません。

「欲しいんじゃないんですか?奥さん」
そう言うと、背後の作業員がたち上がりベルトを外しズボンとパンツを一緒にずり下げました。

露にされた作業員のペニスは、妻の咽喉奥に吸い込まれているペニスに劣らず隆々と勃起し、妻の背後で反り返り抑え切れない先走りを溢れさせていました。

背後の作業員が、頬を窄ませねっとりとペニスを吸い上げる妻をバックからの挿入姿勢にし、妻のジーンズとパンティーをずり降ろしました。

くびれたウエストに、張り出したエラの様な臀部と、乳房のような深い切れ込みの尻肉があらわれました。

「奥さんの尻のライン。いやらしいですね」
「凄い溢れてるじゃないですか」
作業員の言う通り、既に妻の尻肉の中央は作業員のペニスを導き入れる事を心待ちにしているかの様に溢れているのが見て取れました。

「奥さんのお尻。実にすばらしい肉質です」
「ブチ込ませてまらいますよ」
そう言うと、背後の作業員はカリの張った大きなペニスに先走りを根元まで溢れさせ、ペニスの鈴口を妻の尻肉の中央にあてがいました。

背後の作業員のペニスは、鈴口を膣口に当てがうだけで、妻の溢れる蜜と鈴口からの夥しい先走り液に誘導されズリュンと妻の膣に呑み込まれていきました。

「はあぁぁん」と、その間も頬を窄ませ、もう一人の作業員のペニスを吸い上げていた妻が膣奥まで一気に大きなペニスを挿入され、たまらず、歓喜の声を発していました。

作業員が、妻に深い挿入状態のまま、丸く張り出した両の尻肉を鷲掴みにすると、白く柔らかな妻の尻肉が作業員のゴツイ指の間からこぼれ出ていました。

「奥さんのお尻は実にいやらしい」
「こんなに柔らかい肉質の尻。あぁ・・いい眺め・・」
そう言うと、ゆっくりと粘膜を堪能するようないやらしいピストンを開始しました。

柔らかな妻の臀部はそれだけで既に波打ちを始めます。
その波は、これから作業員達が、野太い太股やケツの筋肉に力感を漲らせ妻の臀部を撃ち振るわす光景を想像するには充分でした。

作業員は自分のペニスが色白の尻肉の中央に呑み込まれて行く光景と妻の臀部の波打ちにピストンのピッチは瞬く間にその律動の速度を加速させていきました。

「パン・・パン・・パン」
「奥さんのお尻。ピストンされる為にあるようなお尻ですね」
「肉質が柔らかいから臀部全体が乳房の様に弾むんですよ」
作業員の強烈なピストンで打ち震える臀部の波紋は、大きなペニスを丸呑みするように作業員のペニスを次から次へと呑み込んで行きました。

「やらしいお尻。たまんねえ」
「パンッパンッパンッ」
「突きまくりますよ」
背後からの作業員の鋭いピストンにブラからこぼれ出た妻の大きな乳房が絶え間無く反応しピストンに追従するようにリズミカルに揺れています。

作業員の強烈な腰使いのピストンを浴びる度に、妻の乳房のような両尻は形が変形する程たわみ。いやらしい肉音を響かせています。

私は、作業員の妻への強烈なピストンに視覚と聴覚から同時に嫉妬心を刺激され。先走りがペニスからが溢れ。痛い程勃起していました。

力感の漲ったピストンの合間に見え隠れする作業員の大きなペニスは、お互いの溢れる液でいやらしくヌメリで黒光りしています。

妻の咽喉奥に吸い込まれる様にペニスを呑み込まれている作業員は、ピストンに撃ち震える妻の臀部と乳房。そして、窄まった妻の頬を代わる代わるに凝視している様子でした。

恐らく、吸引ストロークの度に先走っているのでしょう。
背後の作業員のピストンが更に勢いを増し、妻の臀部を波打たせだすと、もう一人の作業員のペニスを頬を窄ませ吸い上げていた妻は、ペニスを咥えていられない状態です。

妻は、「凄い。凄い奥。もっと突いてェ」と言いながら必死で喘ぎをこらえている様子でした。

作業員は、夢中で妻の臀部を凝視し一心不乱に大腰ピストンを連発します。

妻は、重量感のあるダイナミックな律動で大きなぺニスを子宮口へ到達するようなピストンで連続で打ち込まれ、アクメに達したようです。

「はあぁん。ダメェンイッちゃう」
崩れ落ちそうな妻の体を支えながら、尚も突き出され、括れたウエストに色白に実った両の臀部に襲い掛かる、作業員のゴツゴツした下半身に射精を予感させる力感が漲っているように見えました。

「奥さんこのままイっていいですか?」
「中で出したいの?」と妻。
作業員は、「奥さんのこのぷにゅぷにゅのお尻を思いっきり掴んでイキたいんです」

妻は、息を荒げ懇願しながら臀部を鷲掴みにし、若い作業員が執りつかれたように大腰ピストンを連発し、射精をこらえている光景に母性を刺激されたのでしょう。

「思いっきり。思いっきり出していいのよ」
その言葉の後の、作業員のピストンは射精を目指し、律動に迫力を増し妻の臀部全体を変形させて行きました。

「ぐはぁ・・はぁ・・ああぁ。イェクゥ」
作業員は、妻の二つの尻肉をムンズと掴みこみ、のしかかる様にがに股で深々とペニスを挿入しています。

作業員のケツっぺたが深く窄まったまま絞り込まれた様子から妻の膣内で脈動を開始した様子です。

妻は、膣奥に白濁液を発射され、体をピクつかせながらも、もう一人の作業員の大きなペニスに必死で頬を窄めていました。

息をのむ様な強烈な射精を終え引き抜かれた作業員のペニスは、妻の膣内で更に勃起していたらしくとても大きく見え。とてつもない嫉妬心にかられました。

私は、妻が見知らぬ若い男の活のいい大きなペニスのピストンを背を反らし受け入れ、膣奥での射精までも許してしまった事への嫉妬。

そしてにより、妻のエラの張った乳房の様な尻肉が若い男の強烈なピストンで弾け飛ぶ光景に憤りを覚え、もう一人の作業員のピストンを阻止しようと考えました。

私は、一度階段を上がり、2階から妻の名を大きな声で呼びました。
そして、私は、1階の様子を見に行ったのです。

妻に、1階の状況を尋ねると、「順調よ」との返事がありました。
私は、1階の様子を見て回るふりをし、たった今、妻がピストンされていた洗濯機の前を見ると、粘っこい液体がたれている所が数箇所ありました。

作業員達は、何もなかったように作業を進めていましたが、私の目は、たった今、精液を妻の膣奥に放ったばかりの作業員と妻の窄まった頬に吸引され、喉奥で先走っていた作業員の股間を観察せずにはいらせませんでした。

どうやら、二人目の作業員の挿入は取り敢えず阻止できた様子です。
しかし、スキがあれば、彼らは必ず、再び妻に挿入するはずです。
そう思った私は、自らも、1階での作業を始めました。

しかし、若い男の大きなペニスを欲していたのは、妻の方だったようです。
そして、妻は、私から離れるように2階へと消えて行ったのです。
案の定、暫くすると作業員達も2階の作業へと向かったのです。

妻は、作業員が2階に上がるやいなや、大きなペニスを咽喉奥へと私の時より深い頬の窄みで再び呑み込んでいるのでしょうか。

それとも、猛り狂ったように勃起した若い男に、再び膣奥まで挿入され、ピストンされているのかもしれません。

私は、妻の乳房が正常位で弾き飛ばされている光景や、尻肉が背後からの強烈なピストンで打ち震えている光景を想像していました。

2階へ上がろうとも。一人が監視しているかもしれない。そう思うと足が動きませんでした・・。

しかし、妻の事が心配な私は、ある行動にでたのです。
私は、1Fのリビングの窓から2階の妻を呼んだのです。

「おい、BSのアンテナケーブルを外すから。手伝ってくれ」
すると、返事はあったものの中々、妻はバルコニーに出てきません。
もう一度、呼ぶとようやく妻がバルコニーから顔を出しました。
バルコニーの手摺り越しに下を除き込む妻の背後に一瞬、作業員の姿が見えました。

なんと、妻は背後から若い作業員の大きなペニスをズップリと挿入された状態でバルコニーに出てきたようです。

妻に近すぎず遠すぎずの距離感は、妻の突き出された両尻を掴み込んでいるのでしょうか。

よく見ると、妻の頬が震える様に感じられる事から、作業員がピストンを放っているに違いありません。

しかも、私の顔を見ている妻が受け止めているピストンはかなりのダイナミックな律動のようでした。

なにより、妻の手から伸びるケーブルの揺れをみれば、作業員のピストンが強烈に射ち込まれている事は容易に想像できました。

妻という最高の見張り役を得た作業員のピストンは何の躊躇も無く振り込まれています。
そのダイナミックな律動は、もはや、誰にも止める事も不可能なくらい躍動し妻の臀部に襲いかかっているに違いありません。

事実、確かにそれと分かる肉音が1階にまで聞こえてきているとは、夢中な二人は気付いていないのでしょう。

陽光を浴びながら、真っ白く縊れた両尻を突き出し、背後からの若い男の豪快な大腰ピストンを受け、波立つ妻の臀部にあの大きなペニスは益々力感を漲らせ先走り液を溢れさせながら妻の膣奥へ何度も何度も射ち込まれているはずです。

その後、暫くすると、一際大きな肉音が続いた後、一転して静寂の時間が流れます。

おそらく、作業員が射精しているのでしょう。
きっと、深い挿入で私の妻の膣奥へ向け白濁液を放っているはずです。

長い長い沈黙が作業員の強烈な射精を連想させます。
私の脳裏には、けつッペタを窄めた作業員が妻に密着している光景が鮮明に描かれていました。

作業が終わり、1Fへ降りてきた作業員の汗でビッショリと濡れたTシャツが激しいピストンを物語っていました。

その後、作業員達は、暫く作業した後、上手に積み込めばトラックに1度で積める荷物をわざわざ積み残しました。

「ご主人、1度新居へ下ろしに行きます」
「新居の開錠と立会い。奥さんにお願いできますか?」
という作業員の言葉に再び鼓動が早くなりました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする