自分の妻が他人に中出しされているのに・・[エッチ体験談]

私は45歳、私の悪友の裕太も45歳である。
裕太はギャブル狂で、競輪競馬に狂って自分の家庭に生活費を入れない月もあるような男だ。そんな裕太と私が付き合うのは、裕太の妻の寛美が若くて美人だからである。
寛美は33歳だから、裕太や私よりひと回り年下なのだ。
寛美は芸能人で言うと若い頃の市毛良枝のように日本的美人の典型である。
ただし男運が悪いというか、裕太との結婚は2度目で、前夫との子連れというハンディがある。
だから裕太のような男でも我慢したのであろう。

ある日、裕太は競輪で30万円すってしまい、家庭に入れる生活費として20万円を私に借りに来た。
「次の給料日まで貸して欲しい。利息は一割つける」からと。

私は、「利息はいらないから借用書を書いてくれ。万一返済できない場合は奥さんの寛美を抱かせてもう」と約束させて借用書にもその事を明記させた。

そして翌月の25日に、裕太は私に金を返済する前に競馬で金を増やそうとして給料の大半をすってしまった(笑)私は、約束通り寛美を抱かせてもらうことにした。

寛美は困惑したが、裕太は土下座して寛美に頼み込んだ。
寛美は渋々承諾して、私に抱かれる為に待ち合わせの場所に来た。
小料理屋で軽く食事をしてアルコールを少し飲んで、寛美の緊張を解すというかリラックスさせた。

そして、いよいよホテルへ。
ラブホテルでとも考えたがラブホにはコンドームがセットされている。
『コンドーム付けて下さい』と寛美に頼まれると面倒なので、コンドームのないシティホテルを選んだ。

ただし寛美には私の“生挿入・中出し“の魂胆を悟られない為に、「ラブホテルじゃあ貴女に失礼だから」とシティホテル選定の理由を説明した。

そして、いよいよホテルの部屋に入った。
寛美にキスをして舌を口内に押し込むと、最初は少し抵抗したが、「奥さん、約束です。貴女には悪いが、少し僕に奉仕する態度をとって下さい」と言うと寛美も観念して、私の舌を吸って自分の舌も絡めてきた。

それで私も一気に激情して、寛美をベッドに押し倒して、勃起したペニスをスカートの上から寛美の膣口に擦り付けた。
最初は「いやっ」と言って股を閉じようとした寛美であるが、私は構わずM字の形に足を広げさせて、勃起したペニスをスカートの上から寛美の膣口に擦り付けると、寛美も観念して股の力を抜いて、「あっああ~ん」と快感の溜め息を漏らした。

こうなれば男女は行く着くところまで行くものだ。
私はスボンとパンツを同時に脱いで、寛美に「奥さん。貴女は美しい。美人にフェラチオしてもうと男冥利に尽きます。奉仕の気持ちでしゃぶって下さい」と指示した。

寛美は観念したのか私の命令通りパックリ咥えた。
裕太のペニスは勃起しても11センチくらいらしいが、私のは16センチほどある。
それゆえか寛美も積極的に私のペニスを咥えて頭を上下する。

最初はぎこちなかったが、「唾液で奥さんの口の中をヌルヌルにしてから頭を上下して、抜く瞬間に亀頭のカリの部分を唇でひっかけるようにしてみて」と言うと寛美は指示通りのフェラチオをしてくれる。

とろけそうな射精感になって先走り汁くらいは出たであろう。
寛美「淳さん、出してもいいのよ!」うっとりした目で私を見上げたが、寛美の生膣に中出しをしたいという私の欲望の方針に変わりはない。

私「奥さん、そんなにされたら出ちゃいます。でも、私は貴女の膣に出したい」そう言って中出しをそれとなく暗示したら、寛美は「わりました。
淳さんの言う通りします。私にあなたのペニス入れて下さい。あっ、でも、コンドームして・・・」と案の定、避妊を依頼して来た。

私「奥さん。裕太との約束では貴女に生挿入してよい事になってます。この部屋にはコンドームなんて無いし、大人同士のセックスなんですから、生でするのが当然ですよ!それに貴女だって生で入れられたほうが感じますよ」そんな屁理屈を言ってみると、寛美は意外にも納得したように生挿入を承諾した。

中出しについては寛美が何を勘違いしたのか、自分からは「生で入れてもいいけど、出す時は外に出して」と言ってこない。

私は寛美の服を脱がせた。
シルクの上着とスカート脱がせて、ブラジャーを剥いでショーツとストッキングの姿にした。

続いてストッキング右足だけ脱がせてショーツの股の部分だけ横にずらせてペニスを挿入。
私のペニスは16センチあるが仮性包茎気味で、そのためか亀頭の感度が鋭敏である。
締まりのよい寛美の生膣壁が私の亀頭を甘く刺激する。

挿入して高速ピストンなどしてしまうとすぐに射精してしまう。
実は自分の妻は中出しなど滅多にはしないし、させてくれない。
それゆえ、他人の妻への中出しは無責任だが、その背徳感が加わってなんとも言えない欲望なのだ・・・。

ゆっくりピストンから少し速めのピストンにギヤチェンジすると、寛美は「あっ、あっ、ああ~ん」と可愛い声で呻いて私にしがみついて来た。

M字開脚の体位一本槍で、射精したくなってきた。
ここまで快感が高まるともはや中出しをやめる訳にはいかない。

とは言え、「中に出していいですか?」と聞いてしまうと、「中は駄目」と拒否されるに決まっている。

私は、寛美の耳元で囁くように「貴女の体は最高だ。もう我慢できないからイキますよ!」とキスをして寛美の口を塞いで、中出し拒否の言葉を言えないようにした。

とうとう中出しされる事に気が付いた寛美は目を丸くして、「うっ、うくぐ~ん」と抵抗したが、私の射精は既に始まっていた。

第1弾は寛美の膣の一番深いところへ。
第2~3弾は膣壁に擦りつけるようにして射精感を楽しんだ。

実はこの日のために私は10日間も禁欲してきたのだ。
射精感の長さは放出した精液の量に比例する。
長い長い射精が終って寛美の唇を解放すると、寛美は困惑した顔で、「えっ、中に出したの?ど、どうして?」と私を睨みつけてバスルームへ飛びこんだ。

私の精液を洗い流がしているのだ。
そう思うと年甲斐もなく私は再び勃起した。
シャワールームでショーツとストッキングまで穿いて部屋に戻ってきた寛美を、「奥さん。裕太との約束では、3回はあなたとセックスしてよい事になってます。それに貴女は美し過ぎる。悪いけどもう1回貴女の中に出させてもらいます」と言って寛美を押し倒し、再び中出しをした。

「一度出されたんだから、あとは何回やっても同じことですよ」と諭すと寛美も観念した。

結局この時は寛美は妊娠しなかった。
しかし・・・、甲斐性のない裕太に愛想が尽きたのか、裕太には内緒で寛美と密会する間柄になった。

多少リッチな食事をして別れ際に小遣いとして1万円あげる。
ただしセックスは中出しが原則で、私は避妊はしない。
密会する間柄になって当初は1週間に1回セックスをしていたから、安全日もあれば危険日もある。

密会交際が始まり、中出しセックスを続けて2ヶ月。
とうとう寛美は私の子を妊娠した。
もちろん中絶費は私が負担したが、中絶が合法なギリギリまで寛美には中絶させず、中出しを楽しませてもらった。

今では寛美は、妊娠に恐れをなしたのかリングを自ら入れて避妊している。
もちろん夫の裕太には内緒だから、夫とのセックスはコンドームを付けさせているらしい。
余談ながら、裕太に貸した20万円は半分だけ返済されて、残りの10万円は2万円ずつ分割で返済している。

寛美が裕太に愛想尽かしをするのも当然であろう。
だが寛美は、連れ子結婚という弱味もあるし、一応対面上は家庭というものを持っておきたいのだ。
裕太は寛美の挙動に不信を抱く事もなく、また、まだ私への借金を完済していないからか、私へも不信の目を向けてこない。

自分の妻が他人に中出しされているのに・・・。
1回のデートで1万円貰ったら、ひと月で5~7万円にはなる。
これはちょっとしたパートタイムの報酬よりも良い。

寛美としてはリングを入れていて妊娠する心配も無いし、私とのセックスの相性だって良くなってきた。
自分の妻に中出しできるのは、せいぜい月に2日か3日。
他人妻に中出しを楽しむというのも罪悪であるが、せっかく寛美と作った関係は今後も続けて行くしかない・・・。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする