昼休みに会社の倉庫でハメまくるアホ夫婦


昼休み、私はこっそり事務所を抜け出すと、夫のいる倉庫に行きました。
「チョット遅いんじゃないか」と、夫がキョロキョロ外を見回して私を中に引っぱりこむや、さっそくパンティをずり下ろしてきます。
「だって、課長いっぱい仕事を押しつけるんだもん」
夫はある食品工場の倉庫係をしていますが、私は人手がないからと頼まれ、パートで事務に出ることになったんです・・・。
「おれらがあんまり仲がいいんで、やいとるんじゃないか、それで、わざと仕事を押しっけるんじゃろう」
「でも課長、私らがここで一緒にお弁当を食べてると信じちょるみたいよ。まさか、こんなハレンチなことまでしちょるとは考えてないみたい」

私は自分からパンティを、足首から抜いてポケットにしまい、夫のズボンのファスナーを下ろして、もうギンギンになってるちんぽをつまみ出しました。
「もうええ・・・それより、早うチン棒をしごいてくれえ」
夫が興奮しきった声でささやき、私のアソコをグイッとわしづかみにしてきます。

「はあっ、ほんまにスケベでしょうがないんじゃからね、信弘さん」粘膜にズキンとした快感が走りました。私は立ったまま両膝をゆるめ、熱棒のようなちんぽをしごきたてたのです。

夫は十歳も年下の29歳です。カラオケスナックで知り合い、彼の親の反対を押し切るようにして、この春結婚しました。

夫は私が初めてのオンナだったので、私の肉体にすっかり夢中になってしまったみたいです。現代いくら童貞が増えてるといっても、29歳で初体験はオクテですよね。

でも、その分、セックスにはとても好奇心が強くって、激しくって・・・。
いまだに毎晩求めてくるのはもちろんのこと、一緒に働くようになってからは、昼休みにもナニしないと我慢できなくなったみたいなんです。

「明子だってスケベじゃないか。おまんこ、こんなに濡れをよるもん、ふふ」
夫が指を三本、恥穴に突き入れてきて、グチャグチャとかきまわしはじめました。
「あうっ・・・そ、そりゃ私だって」
私は腰を揺すってあえぎ、お返しにちんぽを激しくしごき立てます。

「ほら、みい、ワシばっかりスケベちゅうて言えんじゃろうがや」
「あああ、わ、分かったって・・・ああっ、気持ちええね。私、信弘さんが好き」って、熱い息を吐き出し、ますます愛液をドクドクあふれさせていました。
そしたら、夫は急に指を抜いて私の肩を押さえつけたんです。

「明子、しごくより、チン棒をねぶってくれえや」と、私のすぐ目の前でちんぽをピクンピクンさせます。もう先っぽからは透明のヌルヌル液をいっぱい吐き出してる。

「もう、強引じゃね、いつも・・・ああ、こうして欲しいん?」
初めてセックスした時にフェラチオしてやったものだから、以来コトあるごとにしゃぶってくれと甘える夫。とっても可愛い、私の年下のオチンチンチンです。

私はちんぽの根元を握ると、舌でヌルヌルのキトーをペロペロとなめてやりました。
「ううッ、ええ気持ちじゃ」夫がうっとりと私の口元を見下ろします。
「うふっ、根元までヒクヒクした。まだチョットなめただけなのに・・・」
「なんでもええから、ああ、早くせえや」ってググッと腰を突き出す夫。私は口を開いて、ペニスを口いっぱいに頬ばってやりました。

「うっ、むーっ」ちょっぴりおし*この匂いがしました。でも、夫の匂いなんだから、ちっともいやじゃありません「ああ、温い。ちんぽがゴキゴキおっ立つ」夫が腰を震わせます。

「おいしい、信弘さんのちんぽ。ふふ、ほんとに大きゅうなるね」私は舌をキトーにからませ、竿をウグウグ吸いたててやりました。
そしたら「おおっ、それ、えーのォ!」と、吠えるような声を上げ、のけぞった夫です。

私はその声に刺激され、ますます強く吸いました。そして、唇を竿にすべらせて、激しくしごきたてたんです。
夫が二段に積みあげたダンボール箱に私を後ろ向きにしがみつかせました。

「今度はワシが明子を喜ばしちゃるからの」と、スカートを背中までまくり上げ、お尻の肉を左右に押し広げます。
「ああん、そんなに開いたら、お尻の穴まで見えるじゃないかね」
私はさすがに恥ずかしくなりました。そしたら、夫は面白がって、さらにお尻を開きます。

「見たいんじゃ、明子のカラダの隅々まで・・・」

「ああ、これじゃ喜ばしてくれることにならん。信弘さんが楽しんどるだけじゃないん?」
「分かったよ。おまんこをなめりやあ、ええんじゃろうが」いきなり乱暴にワレメに唇を押しつけてきました。

「あーっ、そ、そうよ。いっぱいなめてくれんと、いけんよ」私はお尻を高々と突き出し、くねらせました。
「よォツ、すっごい濡れちょるのオ」夫がすぐさま舌を伸ばし、花びらと花びらの間をなめくりまわしはじめます。

「あっ、あっ、あっ、すごい感じる。ジンジンするゥ」たちまち腰が気持ちよくマヒしてきて、頭がボーッとしてきました。私はダンボールにしがみつきながら、お尻をクネクネ揺すりたてていました。

「こうやったら、もっとええんじゃろう」夫が舌を恥穴にくぐらせてきて、奥までえぐりはじめます。セックスに熱心で好奇心が旺盛だからか、一年もたたないうちにすっかりテクニックを身につけ、私を驚かしてくれている夫。

「そ、そうよ。ええんよ、すっごい・・・ああっ、体がとろけてしまいそう」

私は背すじを震わせ、すすり泣きました。「マメも立っちょる」夫が指でクリトリスも揉みたててきます「ひっ、ひっ、ひっ・・・おかしくなってしまう、あーっ」私はお尻を振りたくりました。そして、とうとう、

「もうダメよ。ちんぽ入れて、早うちんぽが欲しいんよ」って、わめきちらしていたんです。夫がすぐにクンニをやめて、私の腰を両手で抱えました。
「入れるけえ、もっとケツを落とせよ。チンコが真上を向いて立っちょるから、ハメにくいんじゃ」

「そ、そうね。立派なポッキじゃもん・・・これでええ?早うシテ、シテ」
私は我を忘れて淫らにわめいて、お尻を落としながら、ちんぽをつまんでポッキを水平にして、恥穴に当てがいました。「よ、よし、ええか。ぷちこむど」と、夫が一気に腰を押しっけてきます。

「ヒィーッ!」猛りきったゴツゴツの若竿が、濡れた粘膜を押し広げてグッと埋まりこんできたものだから、私は思わず声をほとばしらせてしまいました。
「お、おい、そんなに大声出すと誰かに聞かれるど。見つかったらどうするんじゃ、こがいなエッチしよるのを・・・」夫
が声をひそめます。「けど、スリルがあってええじゃない。ほら、気にせんと、早う気持ちようしてよ」

夫は気づいてないけど、ほんとは私たちの昼休みのセックス、何人かにのぞかれてるの、私はとっくに知ってるんです。でも、私、見られてると知って、ますます体がカーッと燃え上がってしまう・・・。

「そ、そうか。明子のおまんこ、ハメちょるだけでも気持ちええから、ピストンするの忘れちょった」
夫があわてて腰をヒワイに動かしはじめました。
「そう、そうッ・・・ああん、感じすぎるわ、私のアソコ・・・」
「いつも明子の声はええから、コーフンするよ」

「はう~ん、すっごい、ええんよ。あああっ、おまんこがたまんない・・・やって、もっといっぱい」
私はあえぎながら、お尻を夫の動きに合わせて打ち返します。

「こうか、こうか!」
「そうよ、そオーッ!ヒーツ、ほんとにイッちゃうーッ、イクーッ」
「ワ、ワシも出す、出すぞ」「出して、出してよ、いっぱい・・・あーっ、イクーッ」

夫が熱いザーメンをほとばしらせると同時に、私の全身にケイレンが走りました。