オタサーの姫になったロケットおっぱいで超爆乳女子大生の悲しい末路[エッチ体験談]

大学生の時、一人の女の子と仲良くなった。

彼女とは高校からの同級生で
学部も語学のクラスが一緒だった

でも高校の時は、全く絡みがなく、
同じクラスになった事もなかった。

でも、お互いの顔ぐらいは知っていたが

正直、彼女のJK時代は
むっちりとした肉付きのいい健康的な身体と、
ピッチリしたシャツをハイ・ウエストな位置で
留めたスカートに弛み無く inしてるので、
ツンと自己主張する胸と、そのすぐ下で
纏められたシャツから生み出される
横からのシルエットは、物凄いものであった。

本人は気付いていな いだろうが、
ロッちゃんと呼ばれていた

これはロケットおっぱいちゃんを略したもので
→ロッぱいちゃん→ロッちゃんってアダ名を
男子達に付けられていたw

というわけで、俺も知っていたわけだが、
大学で再会していきなり超爆乳をガン見というのも、
印象が悪いので見てはいなかったが。

彼女を、俺が入っているサークルに誘ってみた。

オタクサークルだが彼女には合っているし、
それにサークルで出来た友達に、
中の良い女友達を自慢したかったという
気持ちもあったかもしれない。

男だけで約10人のサークルだと
伝えると少し悩んでいたが、了承してくれた。

女の子を男しかいないサークルに誘うなんて、
今思えば一番やってはいけないことだった。

1年近く一緒にサークル活動してくると、
やっぱりその弊害は出てくる。

彼女はサークル員と馴染んで
完全にサークルの一員になったのだが、
部長、副部長、イ ベント幹事という
サークルの幹部全員が、
どこか彼女を贔屓している

というか彼女に対して
アプローチしているように見えた。

オタサーの姫状態に自然と
なってしまった

男達は彼女を狙っている。

その3人は確実だったし、
水面下でもう何人かはいたのかもしれない。

そして彼女に一番近しいと言える男が、
最初に知り合い、授業等も一緒の俺なので、
俺へのサークル員の態度は、
あまり温かいものではなかった。

ある日、彼女がボーッとしてるので、
どうしたのか聞いてみると、
部長と副部長にほぼ同時期に告白されたのだと。

「ねえ、どっちと付き合ったらいいのかな?」

「そりゃあ好きな方だろ。
どっちが好きなんだ」

「うーん…異性としては、どっちもかな」

じゃあいいじゃん付き合わなくて、
と言ったのだが、彼女はまだ悩んでるようで

ロ「でもこういうのって、断った方は悲しむよね」

「まー悲しむだろうね、
増してや一緒のサークルだし、居づらくはなるかも」

この発言がいけなかった。

後で思い知らされる羽目になる。

結論から言うと、彼女は部長、
副部長、そしてその後告白してきた
幹事の三人と同時に付き合うことになった。

まさか三股をかけるとは・・・

もちろんそれぞれに
「サークルの皆には内緒」という条件を付けて。

それを聞いた俺は当然、怒った。

傷つけたくないと言う気持ちが
あるのかもしれないが、そんなことは許されない。

今すぐ全員にバラして謝りサークルを辞める
か、特定の一人に絞ってあとは振り、
隠し通すかどちらかにするように言った。

彼女も事の重大さを把握したのか、
3人を振ると言ったのだが

ここからは聞きづての話。

一足遅かったようで、
その直後にあった飲み会(俺は参加できなかった)で
三人と付き合ってた件が発覚。

部長達は各々を恋敵と見做し、
彼女もその後部長の家に連れて来させられ、
責め立てられた。

「ごめんなさい、私、サークルで
みんなとお話するのが楽しくて
誰も嫌な気分になって欲しく無くて」

と、感情の全てを吐露したようだ。

しかし、それが部長達はそれを聞くと

「じゃあ、俺達全員の彼女になってよ。
俺たちが皆同じ立場だったら、
誰も不幸にならない。
嫌だったら俺会長下りるわ」

「でも、そんなのって…おかしい」

俺達の気持ちを踏みにじった
女の言えることか!

とすごまれ、彼女は納得した。

全てを忘れようと、
彼女は大量に酒を飲んで、泥酔し、
彼らに身を預けたそうだ

俺はバイトが忙しくなったり、
サークルで空気な扱いだったため
気が付かなかったが、
彼女への扱いはそうとうえげつなかったようだ。

部長達はもちろん、
部長たちに許しを貰った部員は、
好きな時に彼女の体を
触っていいということになっており、
ノーパンノーブラで授業受けさせられたり、
空き教室でフェラさせられたり、
と様々であった。

さらに、新入生勧誘では
ロケットおっぱいを強調させた彼女に勧誘させ、
入ってきた冴え無さそう、
且つ自分に忠誠を誓わせた後輩にのみ、
筆おろしをさせるというやり方で、
強いテリトリーを作っていた。

もはや彼らにとって彼女は、
彼らが恋した一人の女の子ではなく、
ただの都合のいい肉便器+自分が
絶対の王国染みたものを作ら せる
道具程度の扱いでしか無かったようだ。

そんな状態になっていたのを
俺が知るのは随分後だった。

同級生が

「いい加減K(俺)にも味わわせてやりましょうよw
こいつの味知らないのあいつくらいですよ」

という一言からだったようだ。

俺は部長の部屋に呼び出され、
彼らから全てを明かされた。

彼女は目を合わせない。

俺は断った。

こんな腐ったサークルにはもう居られないと思った。

でも彼女は

「行かないで、K君も大切なサークルのメンバーだから
最近忙しかったけど、またアニメやゲームの話しよ?
楽しいよ」

俺「なんでそこまで
このサークルにこだわるんだよ」

「だって!高校や大学で同性と
話す会話のどれよりも楽しくて、
どうしても、失いたくなかった」

俺は彼女と二人になりたいと部長に頼んだ。

彼女も一緒に頼んでくれたので、退いてくれた。

「本当はね、失いたくなかったっていうのと、
もう二つくらいあって、理由」

「ひとつは、こんな形でも
私が必要とされてるってことが分かって、
私高校のとき、軽いイジメ受けてたんだよ。
知ってた?」

「いや…」

「まあ、軽く無視とかそんなレベルだったけど、
辛かった。私なんか必要ない
存在なんじゃないかって思いながら過ごしてたんだから」

「もう一つは?」

「これはね…えへへ、
やらされてたとしても「そういうコト」に対して
積極的になっていく自分が、
割と嫌いじゃないかも、
なんて思い始めちゃったこと、なんだけど」

「?」

「K君みたいな綺麗な側にいる人とは、
もう一緒に居られないかも。
さっきはああ言ったけど、
もういいかな。ばいばい。幸せになってね。」

「…わかった。最後にひとつ、質問していいか?」

「何?」

「お前が本当に好きだった男は
いたのか?」

俺のその質問に、堰が切れたように涙が溢れて

「いない、いないよぉ、ううぅ…」

泣く彼女を後にし、俺は部屋の外で
待っていた部長に抜けることを話し、
彼女との連絡手段を全て断ち、サークルを去った。

同じ授業にも彼女はほとんど顔を出さず、
やがて彼女は中退した。

それがサークルから抜けだす為だったからなのか、
本格的に彼らの慰み物になるためなのか、
俺には知る由もない。

悲しいオタサーの姫の末路で
後味が悪い体験をしました。

その後はもうほかのサークルに入る気もせず
勉強の方に打ち込みました



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする