Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

彼に口に射精してもらいザーメンを飲んであげました [エッチ体験]

わたしは21歳の大学3年生(女)です。
私は、近所のスイミングスクールに通っているのですが、そこで私は、2年前、人には言えないような恥ずかしい体験をしました。
ある日、いつもより早く家を出たわたしは、いつもより早い時間にスイミングクラブに着きました。前から計画していたあることを実行するためです。
それは、誰もいないプールで、全裸で泳ぐことです。
クラブに着いた私は、水着に着替え、プールに行き、誰もいないのを確かめると、すぐに水着を脱ぎ、全裸になりました。

水着は、誰か来たときすぐに着られるように、ビキニタイプのものを。

水着は自由指定なので、何を着て来ても問題ありませんでした。

誰も居ないとわかってても、さすがに全裸というのは恥ずかしいので、しばらくはプールの中でじっとしていました。

でも、このままではつまらないので、思い切って泳ぎはじめることに。

初めて全裸で泳いだプールは、想像以上に気持ちのいいものでした。

そもそも私は、水着があまり好きではありません。

私の胸は、とても大きくて、サイズのあった水着でも、窮屈に感じてしまうんです。

それに比べて、全裸というのは、身体を縛るものが何もないので、とても開放的な気分になるんです。

泳いでるうちに気持ちよくなってきた私は、プールサイドにあがると、大の字に寝転びました。

こんな広い場所で全裸で寝転がるなんて、とても恥ずかしいことをしているんじゃないかと考えると、なんだかとってもエッチな気分になってしまいました。

「あっ、んっ、んんっ・・・」

気がつくと、ひとりでにわたしはオナニーを始めていました。

ちょうどそのときです。私以外のメンバーのみなさんがプールに来たのは・・・。

このスイミングクラブには、去年たくさんの女性がやめてしまったとのことで、今女性は私ひとり、つまり、他の皆さんは全員男性なのです。

このとき私は、股を大きく開いて、オナニーの真っ最中でした。

すぐに、他の男性の皆さんも集まり、オナニーをしている私を囲みます。

普段の私なら、大声をあげているところなのですが、今の私は、妙な開放感に包まれていて、恥ずかしいという気持ちよりも、この格好のままでいたいという気持ちのほうが強かったんです。

しかも、男性のみなさんに見られることで、私が裸だということを再認識させられ、それが私をもっと興奮させてしまいました。

正直に書くと、このとき私は、見られて感じてたんです。

「あ、あの、これは、あっ、ああっ、だ、ダメ、イっちゃうっ!」

このまま私は、男性のみなさんの前でイってしまいました。

山下「ねえ、何してんの?」

私「え、えっと、オナニーです」

山下「プールってそういうことする場所じゃないよね」

小川「それに、何で裸なの?水着は?」

私「前から、裸で泳いでみたかったんです。それで・・・あの、このこと、絶対誰にもいわないでもらえますか。私が、裸で泳ぐのが大好きだってこと」

私は頭を下げ、必死にお願いしました。

こんな秘密が広がったら恥ずかしくてたまりません。

山下「そうだな。じゃ、一発犯らせてよ」

小川「そうそう。俺たちたまってるんだよね」

市川「俺たち全員相手にするなら黙っててあげてもいいよ」

これを聞いて私は安心しました。

自分が犯されるかもしれない状況で、安心するのも変な話ですが、このとき私は、秘密が守られるなら、セックスのひとつやふたつ、なんともないと思っていました。

高校のときにすでに経験済みだったのでそれほど怖いとは思っていませんでしたし。

私「わかりました。私の身体、好きにしていいですから、約束、守ってくださいね」

山下「ああ。それと、俺たちに逆らうようなことは絶対にするなよ」

そして、私と男性メンバーとのプールでのエッチは始まりました。

みんな、私が巨乳なので、胸ばかり責めてきます。

気持ちいいので、別に嫌ではありませんでしたが、他のところも責めて欲しかったので、私はみんなにおねだりをしました。

私「あの、おっぱいもいいですけど、アソコとかも弄ってほしいです」

男性「え、何処をいじって欲しいって?大きな声でいってごらん」

私「私のおまんこを、たくさん責めてください!おちんちんもたくさんしゃぶりたいです!もう我慢できません!」

こんな卑猥な言葉を、大声で言ったのも、これが初めてでした。

普段なら、絶対にこんなことはいいません。

でも、このときは、なんだかとってもすっきりした気分でした。

私の希望通り、ひとりが私の腰をあげると、股に顔をうずめ、もうひとりは、私の口におちんちんを押し込んできました。

おちんちんを押し込んだ彼は、私の顔をつかむと、腰を動かしてきました。

俗にいうイマラチオというものです。

最初はとても苦しかったのですが、口を犯されていると考えると、とても興奮してきて、私はおちんちんに舌を絡ませて、彼がもっと気持ちよくなれるように努力したり、流れ出る我慢汁を必死に飲み干しました。

そしてそれがしばらく続いた後、いきなり彼は、おちんちんを根元まで押し込んでくると、私が逃げられないように、顔を抱き締めてきました。

そのまま彼は、私の口に射精してきました。

口に射精されたのは初めてだったので、とてもびっくりしました。

口の中に異臭が広がって、思わず吐き出そうとするのですが、口がふさがれているので出すことが出来ません。

結局私は、しばらく口の中で彼のザーメンを味わった後、一滴残らず飲み干しました。

彼がおちんちんを抜くと、すぐまた別の人が、私の口におちんちんを入れてきました。

下のほうも、さっきとは別の人が私のおまんこを責めています。

このときの彼は、さっきの彼ほど乱暴ではなかったので、思いっきりおちんちんをしゃぶることが出来ました。

お礼に私は、彼に口に射精してもらい、ザーメンを飲んであげました。

今度はあまり異臭は気にならず、むしろ美味しいとさえ思ってしまいました。

次の彼が射精したときは、ザーメンをもっと飲みたくて、尿道に残ってるザーメンまで吸い出していました。

こうして、メンバーのほとんどが私の口を犯し終わった頃、とうとう挿入のときがやってきました。

仰向けになり、股を広げ、マンぐり返しの格好になった私のおまんこに、男の人のおちんちんが入ってきます。

私「あんっ、おちんちん、気持ちいいです。もっと、もっと動いてください!」

山下「んー、もうちょっとエロいこといって。それなら動いてあげる」

私「私のいやらしいおまんこを、そのおちんちんでいじめてください!私のおまんこに、ザーメンたくさん中出ししてください!」

そういうと、彼は思いっきり腰を降り始めました。

私「ああんっ、ああっはっああんっ、気持ちいい、気持ちいですっ」

高校の頃は、コンドームをつけていたので、生のおちんちんは、これが初めてでした。

初めての生おちんちんは、想像以上に気持ちのいいもので、高校時代、避妊だとかいって生でしなかったのが馬鹿らしく思えてきました。

そしてしばらくして、彼は私の中で射精しました。

おまんこの奥に、熱いものが出てるのがわかり、とても心地の良い気分になれました。

彼がおちんちんを抜くと、すぐに別の人がおちんちんを入れてきました。

しかし、相手にする人数はまだまだたくさんいます。

そこで私は、あることを思いつきました。

私「あの、もし嫌じゃなければ、お尻の穴も使ってください」

これにはさすがのみなさんもびっくりしていましたが、私は、高校の頃、アナルセックスも経験していたので大丈夫だといい、アナルを使ってもらうように頼みました。

人数が多いので、前と後ろに同時に入れてのセックスです。

私「あっあっあっあふっああんっあああっ!!!おちんちん、気持ちいの、もっと、もっとぉ」

もう私は、約束のことはどうでもよくなってました。

今はただ、みんなに犯して貰いたくて腰をふるのが精一杯でした。

男性「なら、エロいこといってよ、変態さん」

私「そう、私は、変態さんです。裸で泳ぐのが大好きな変態さんです」

男性「そうそう。そんな変態さんにはお仕置きだ」

私「お仕置き、いっぱいしてください。いっぱい、いっぱい、いじめてください」

我ながらとてつもなく恥ずかしいことをいっていると思いました。

でも、言葉にすればするほど、快感が全身を駆け上って、さらに私をエッチな気分にさせるんです。

「ああんっあっあっ、中に、中にください、お願いします、中に出してください!」

「は・・・あひ・・・ま、またイっちゃいました・・・」

「やだ、抜かないでください、中に出して、私を妊娠させてください!」

「ああ、イく、またイっちゃう、イっちゃいますぅ!」

交代ずつ、私はみなさんに犯されました。

もう、ただ気持ちよくなることで、頭がいっぱいでした。

このときは、本気で赤ちゃんができてもいいとさえ思ってたんです。

私「あ・・・はぁ、はぁ、あっ・・・んぅ・・・」

全員終わったのか、私を犯す人はいなくなりました。

私のほうは、何度もイったせいか、体中の力が抜け、立つことも出来ませんでした。

私「あの・・・これで、約束守ってくれますよね・・・」

・・・・・・・

次のスイミングクラブの日から、私は水着を持ってこなくなりました。

みんな知っているので、裸で泳ぐことを隠す必要もないと思ったからです。

それに、エッチをするのに、水着を着ていても邪魔なだけだからです。

今も私は、スイミングクラブに行くたびに、みなさんに犯してもらってます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!