このおチンポが気持ちいいっ!!このチンポの方が好きぃっ!! [セックス体験]

大学も夏休みで、暇を持てあましてたら、姉貴に子供達をレジャープールに連れてってくれと頼まれた。
甥は小4と小6で、つきっきりで見てなくてもいいので、それほど面倒ではないし、もともと暇だったので行くことにした。
姉貴の車を借りて、久々の運転なので超安全運転で、ドキドキしながら出発した。
車の中で、早くも甥達は大騒ぎで、先が思いやられた・・・だが、俺はこの甥達を嫌いではない。
赤ん坊の頃からずっと遊んでいるので、俺にもすっかりなついているし、姉に似てルックスも良いので可愛いというかイケメンだ。
俺も、幸い姉に似てイケメンに生まれてきたので、多少人生イージーモードだ。

そして、コンビニに寄ったりしながら、とりあえず到着した。
甥達は、大はしゃぎでスライダーに行き、バターになる勢いで何度もグルグル滑っていた。
俺は、とりあえず流れるプールで浮き輪に掴まって、ノンビリと流れていた。

水着の若い子達を見ながら、悪くないかも。等と思っていたら、一人だけ明らかに異質な水着の女性がいた。
黒髪の真面目そうな女性で、歳は30手前くらいに見えるその人は、ちょっと前にはやった過激すぎるジュニアアイドルや、着エログラドルみたいなとんでもない水着を着ていた。
チューブトップっぽいブラは、幅が乳輪が隠れるギリギリくらいの細さで、ぱっと見ロープでも巻き付けているようだ。

地味な見た目の女性だが、胸はかなり豊満なので、上乳も下乳も完全に飛び出している。
そして、下はヘアを剃っていないと完全にはみ出るくらいの、わずかな面積しかない水着だ。

思わず2度見してしまったが、後ろを向いた彼女の後ろ姿は、ほぼ全裸みたいな感じだった・・・Tバックでお尻が丸見えだし、チューブトップのブラは、ただでさえ細いのに、背中側は本当の紐だった。

しかも、そんな格好のクセに、露骨に照れているというか、恥ずかしがっているのが見て取れる・・・俺は、プールに流されながら、しばらく眺めていた。
一人なのかな?AVかなにかの撮影?調教プレイ?頭の中に色々な疑問が浮かんだ。
そして、メチャ勃起した。

もう、とっくに童貞を卒業している俺だけど、いい歳の真面目そうな女性が、あんな過激な格好で恥ずかしがってるのを見ると、変な興奮がある。
そして、ドキドキしながら一周すると、もういなかった。
幻かな?等と思いながら、しばらく流れていた。

甥達は、唇を真っ青にしながらまだグルグル滑っているので、とりあえずデッキチェアに寝転がって日焼けしようと思った。
すると、いきなり声をかけられた。
「あのぉ・・・お一人なんですか?」女性の声に驚いて、振り返ると、さっきの過激な水着の女性がいた。

顔を真っ赤にしながら、恥ずかしそうに聞いてくる女性に、驚いたが興奮した。
逆ナンは、たまにされることがあるが、こんな年上の真面目そうな女性に声をかけられるなんて、初めてだ。
「え?あぁ、甥っ子と来てますけど?」「そ、そうなんですね・・・」そう言ったきり、困ったように黙り込む女性。

しかたなく、俺から話しかけた。
「お姉さんは一人なんですか?」「あ・・・えっと・・・はい・・・そうです」「へぇ、女性が一人で来るなんて、あるんですね」「あ、はい・・・たまに来ます・・・」「そうなんだ・・・どうですか?よかったら、お昼でも食べます?」
俺は、お腹がすいていたこともあるし、なんでこんな格好なのか凄く気になったので、誘ってみた。

「い、いいんですか?私なんかと・・・」「どうして?お姉さん、凄く美人で、スタイルも良いじゃないですか」「そ・・・そんな事・・・ないです・・・」
顔を手で隠して恥ずかしがりながら言う女性。

たしかに、その過激な水着に目を奪われるが、顔も悪くない。
吹石一恵をちょっとふくよかにした感じだ。
ただ、その左手の薬指に指輪が光っているのが見えた。
「今日は、旦那さんは一緒じゃないんですか?」「えっ!?」驚く彼女に、指輪を指さす。
「あぁ・・・はい・・・一緒じゃないです」どうも歯切れが悪い。

「それにしても、凄い水着ですね。お姉さんくらいスタイルが良くないと、似合わないですよね」「こっ、これは・・・主人の、趣味です・・・」「へぇ・・・あ、なんか、買ってきますね」そう言って、俺は焼きそばとか、ビールなんかを買いに行った。

戻るとまだ彼女はいて、やっぱり恥ずかしそうにしていた。
「はい、コレどうぞ」そう言って、ビールと焼きそばを渡す。
「あ、お金・・・」「ごちそうしますよ」「そんな、ダメです・・・」「いいですよ。お姉さんみたいな美人と食べられるなんて、ラッキーですから!」

褒めると、顔を真っ赤にして照れる。
その、過激な格好とまったくそぐわない感じだ。
すると、甥達が「兄ちゃん、腹減った!!」と、駆け寄ってきた。

お姉さんを見て、「うわっ!ヒモねーちゃんだ!」
「おっぱいはみ出てる!」
二人で大騒ぎする・・・慌てて黙らせて、お金を持たせて昼を買いに行かせるが、お姉さんは顔が真っ赤で、耳まで真っ赤だ・・・
「ごめんなさい、翔学生なんで、見たまんま言っちゃうんですよね」「いえ、全然・・・」
うつむいて、真っ赤なまま言う彼女。

「それにしても、凄い水着ですよね。スタイルがいいから似合ってるけど・・・それ着てたら、よく声かけられるでしょ?」「はい・・・かけられます・・・」「付いてったりするの?」
俺も慣れてきたので、ため口にした。

「いえ、そんな・・・たまに・・・です・・・」「マジで!?たまに付いてくの?じゃあ、俺にも付いてきてよ」「はい・・・ご迷惑じゃなければ・・・」「マジ?ていうか、けっこう遊んでるね」「そんな事ないです!」「あるって。ちょっと、泳ぐ?」「はい・・・」照れる彼女を引っ張って、流れるプールに入った。

大きめの浮き輪に掴まって、二人で流れる。
浮き輪に掴まる彼女の後ろから、覆いかぶさるようにして浮き輪に掴まると、体が密着する。
でも、彼女は思った通り全く抵抗しない。

俺は、遠慮なく勃起したチンポを押しつけながら、プールの流れに身を任せる。
「お姉さん、コレって、ご主人の命令とかなの?」「あ・・・はい・・・そうです・・・」「やっぱりね。ご主人、ホントはどっかで見てるでしょ?」「はい・・・見てます」

「それって、寝取らせ性癖ってヤツ?」「はい・・・」「じゃあ、セックスもしちゃったりするの?」「それは・・・まだないです・・・お口なら・・・1度だけ・・・」

「そうなんだ・・・ていうか、水着、ヤバいね。透けて乳首丸見えじゃん」「イヤァ・・・言わないで下さい・・・」「コレ、水着じゃないんだね。下着じゃん」

「し・・・下も透けちゃうんです・・・」「ねぇ、お姉さんはこう言うの、好きなの?」
「え・・・、その・・・、好き・・・です」
その言葉を聞いて、すぐにお姉さんの股間に手を持っていき、下着の隙間から手を突っ込んだ。

「ひゃん!だ、ダメ・・・」慌てるお姉さんだが、思った通り、アソコは水ではないヌルヌルの液体で覆い尽くされていた・・・
「ダメって。超濡れてるじゃん。指、入れるよ」「あぁ・・・ダメぇ・・・ハ、ぐぅ・・・」
周りを気にして、必死で声を抑えるお姉さん。
いきなり二本指を突っ込んだけど、何の抵抗もなくスルンと入った。
濡れすぎたアソコは、中が熱々でキツキツだった。

「ほら、声出したら、周りにバレるよ」「だ、だってぇ・・・抜いてぇ・・・あ、くぅあ、あ・・・指ダメぇ・・・」とろけた可愛い声で、お姉さんがあえぐ。

周りには、けっこう人がいる。
ただ、騒がしいのでお姉さんの声に気がつく人はいないと思う。
だけど、格好が格好なので、注目している人はいると思う。
俺はハッタリで「横の人、超見てるよ」と言った。

アソコが、痛いくらい締まって「だ、ダメ・・・見られちゃう・・・聞かれちゃう・・・あ、あぁ・・・」必死で声を抑えようとするお姉さんが、たまらなく可愛く思えた。

今まで、2つ上の女とやったことはあるけど、基本年下の方が好きだ。
だけど、このお姉さんはかなり良い。
清純な感じなのに、とんでもない格好で、しかも恥じらっている・・・イジワルしたくなる。俺は、指を中でこねて、Gスポットをこすり始めた。

お姉さんのスポットは、かなりはっきりとわかる感じで、すぐにピンポイントで攻撃できた。
「おぉ、ふぅあぁ・・・だ、めぇ・・・許してぇ・・・そこ・・・ダメなのぉ・・・」泣きそうな顔で俺に振り返りながら、首を左右に振る。

ヤバい、可愛い・・・ブラに透けている乳首を片手でつまむ。
浮き輪に押しつけられて、周りから見ても何をしているかわからないと思うけど、お姉さんの表情を見れば丸わかりだと思う・・・

「くひぃ・・・ん・・・だ・・・め・・・あ・・・あ・・・、あぁ・・・ほんと・・・に・・・あ、ひぃあ・・・イ・・・イク・・・イッちゃう・・・こんな・・・こんなところでぇ・・・あ、あぁっっ!イクっ!!!」
俺が心配になるくらいの声で、あえいで体を震わせた・・・

「あーーあ。イッちゃった。こんな人のいるところで、ご主人も見てるのに、イッちゃった」
こう言うと、膣がキューーーっと締まる。すると、いきなりお姉さんが俺のチンポを握ったきた。

こんな屋外で、水着の上からとはいえチンポを触られて、けっこうビビった。
俺は、セックスはたくさんしてきたけど、外や車ではしたことがないので、かなりドキドキした。

「大きいですね・・・硬いし・・・素敵・・・」丁寧な言葉遣いのまま、エロいことをささやかれると、かなりクル。
「お姉さん、どっか、移動しようよ。入れたい・・・」思ったことを素直に言った。
すると、お姉さんは後ろ向きのまま、器用に俺の水着のヒモを解いていく。

そして、あっという間にチンポを剥き出しにされた。
水の中とは言え、周りの目がメチャメチャ気になってビビった・・・
「ヤバいって、移動しようよ!」小声でそう叫ぶが、お姉さんはまったく無視したまま俺のチンポを直接握った。

柔らかい手がチンポを握ると、プールの中ということも忘れて、声が漏れそうになる。
すると、お姉さんは俺に振り返り、ニコッと笑った。
さっきまでの照れて恥ずかしそうにしていたお姉さんではなく、エロい痴女みたいな表情のお姉さんに、ドキリとした。

すると、すぐにお姉さんは自分で導いて、俺のチンポを入れてしまった・・・もともと小さすぎる水着なので、バックからならズラす必要もなく入ってしまったようだ・・・熱くて、うねったお姉さんの膣。
周りに人がいるというシチュエーションもあってか、入れたそばからイキそうになる・・・

「ク、はぁっ・・・ン・・・おっきぃ・・・あ、ヒィ・・・あぁ・・・」
お姉さんは、浮き輪にしがみついたままバックで俺に犯されている・・・人妻に、どこかで旦那が見ている状況で、生挿入してしまった・・・

だが、お姉さんはそんな事はまったく気になっていないようで、「入っちゃったね。どう?気持ち良い?」妖艶とも言える表情で聞いてきた。

お姉さんは一旦スイッチが入ると、大胆に、エロく変身するようだ・・・
「ヤバいです・・・気持ち良くて・・・イキそう・・・」「もうイクの?どうしようかなぁ。今日は危険日だから、妊娠しちゃうかも」
こんなとんでもないことを、楽しそうに言われた。

慌ててチンポを抜こうとすると、後ろ手に体をホールドされた。
「だぁめっ。逃げないの。私のこと、イカせてくれたら、抜いて良いよ」
こんな事まで言う・・・あまりの豹変ぶりに、メンヘラ?と、怖くなる・・・すると、お姉さんがいきなり手を振った。
えっ?と思ってプールサイドを見ると、40くらいの男性が手を振っている。
そして、俺と目が合うと、ニヤリと笑った。

「だ、旦那さん?」「そうだよ。旦那さんが見てる前で、私を妊娠させちゃうの?」
本当に、エロい言い方で言うお姉さん・・・いや、奧さんか・・・
「ダメですって・・・」俺は、完全にビビってチンポを抜こうとする。

「ほら、イカせてくれないと、妊娠しちゃうよ」そう言って、腰を左右に振る奧さん・・・その刺激で、イキそうな感覚が強まる。
俺は、必死でアジアンとかハリセンボンとかの不細工を思い浮かべる。
それで何とかイキそうなのを押さえ込みながら、腰を動かし始めた。

といっても、派手にピストンは出来ないので、押し込むような動きだ・・・「それぇ・・・凄いかも・・・大っきいのが・・・擦れてるよぉ・・・あ、あぁ・・・凄いぃ・・・」奧さんは、周りに声が聞こえても良いと思っている感じだ。

「ダメだって、声、デカいって!」「だってぇ・・・お兄さんの大っきくて気持ち良いからぁ・・・あぁっ、んんっ!!」
もう、ドキドキして死にそうだ・・・だけど、シチュエーションでまたすぐにイキそうになってくる・・・

人の大勢いる流れるプールで、堂々とハメている状況・・・しかも、それを旦那が見ている・・・きっと、監視員とかも気がついて見ているはずだ・・・すると、奧さんが自分で乳首とクリトリスをまさぐり始める。

アホかと・・・本気で”バカッ!”と叫びそうになった。
この状況で、ハメられながら自分で乳首とクリを触る奧さん。

「くヒィッ!アァァッ!凄ぃぃ・・・ホント・・・気持ちいいぃ・・・お兄さんのおチンポォ・・・ゴリゴリ来るぅよぉ・・・」
奧さんは、場所もわきまえずに淫語をしゃべり始める。

あぁ・・・ヤバい・・・もうイキそう・・・頭の中で、九九をしたり、彩芽を思い出しても、もうダメだ・・・
「ダメ・・・奧さん・・・出る・・・ヤバい・・・」
俺は、泣きそうになりながらそう言うが、「イッてぇっ!そのまま中でぇ・・・妊娠させてぇっ!!」と、うめいた。

その言葉にもう限界で、思い切り奧さんの危険日マンコに中出しをしてしまった・・・
「あぁ・・・ごめんなさい・・・」
謝りながらイクのは初めてだ・・・
「うぅあぁっ!イクぅ・・・種付けセックスでイクっ!」

奧さんは、体を痙攣させながらイッた・・・そして、慌ててチンポを抜いたが、「今さら焦ってもおんなじだよ。凄かった」奧さんは、嬉しそうだ・・・
「ホント・・・ごめんなさい・・・」謝る俺・・・すると、水着を戻して、俺の手を引きプールサイドに上がる。

すると、旦那さんがいた・・・俺は、慌てて謝る・・・
「いや、いいよ、いいよ・・・それよりも、ちょっといいかな?」
旦那さんは、温和な表情でそう言ってくれた・・・そして、二人について歩いて行く。

そのまま、有料の個室ブースに移動した。
それほど広くないスペースだが、こんな空間があることを知らなかった。

「あ・・・垂れてきちゃった・・・」奧さんが、楽しそうに言う。
奧さんを見ると、小さすぎる水着・・・実際は下着だが・・・から、しみ出した俺の精子が太ももを垂れ流れていた・・・
「いっぱい出たね。初めまして。ミクはどうだった?」
旦那さんが、奧さんの感想を聞いてきた。

「そ、それは・・・凄く気持ち良くて、美人で、スタイルも良いし・・・最高でした・・・」「へへへ。照れちゃうなぁ・・・」奧さんがおどける。
「じゃあ、ここでもう一回いいかな?」旦那さんがそんな事を言う。

「えっ!?でも、危険日じゃ?」
「一回も二回もおんなじだよ。大丈夫、私が認知するから」
こんな事まで言う・・・世の中には、色々な愛の形があると驚いた・・・他人の種で嫁を孕ませて、それを産ませて自分の子として育てる?信じられない・・・呆然としていると、奧さんが俺の水着を脱がせ始めた。

あっという間に全裸にされると、奧さんは俺のチンポをくわえてきた・・・
「うわぁ・・・やっぱり・・・大っきいなぁ」嬉しそうに言いながら舐めてくる・・・

「デカいね。けっこう遊んでるでしょ?」
奧さんにフェラをされながら、その旦那さんに声をかけられる・・・頭が変になりそうだ・・・すると、いきなり奧さんにキスをされた・・・舌を突っ込まれ、口の中をかき混ぜられる・・・

「あぁ・・・ミク・・・凄い・・・」
旦那さんが、キスを見て急に興奮し始めた・・・さっきまでの余裕がある態度が消えて、なぜか弱腰の声だ・・・

奧さんは、俺とキスをしながら、旦那の方を見ている・・・旦那に見せつけるように、濃厚なキスをする奧さん・・・俺も、ブチッと切れた・・・興奮しすぎて、奧さんの口の中に舌を荒々しく差し込み、かき混ぜる。

奧さんは俺に抱きつきながら、キスをして、手でチンポをまさぐる・・・
「あぁ・・・ミク・・・」旦那さんの、切なげな声が響く・・・俺は、旦那さんの情けない声を聞いて、余裕を取り戻してきた。

奧さんを、後ろ向きにして壁に手を付かせて、立ちバックではめる。
その、エロいブラを外して、胸を剥き出しにする。
そのデカい胸を、荒々しく鷲づかみにする。
「くぅぁっ!ヒ、ぎぃんっ!お、おぉお、当たってるぅ・・・奥にぃ・・・」
奧さんは、背中をのけ反らせながらあえぐ。

さっきと違って、声も大きめだ。
個室とは言え、音はけっこう漏れると思うが、かまわずにハードピストンをする。
「グゥッ!ヒィッ!あ、ヒィッん!ヒィん!ヒィん!ヒーーィンッ!おチンポ大っきいいぃっ!!」
奧さんが、テーブルに手を付いて立ちバックで鳴く・・・

旦那さんは、テーブルの反対側に回って、奧さんを正面から見ている・・・その顔は、泣きそうで、辛そうだが、興奮しているのもよくわかる・・・
「ほら!旦那見てるぞ!生チンポでヒィヒィ言わされてるの、じっと見てるぞ!!」
そう言って、ガンガン突く。

「うわぁぁっ・・・あなたぁ・・・あなたじゃないチンポォ・・・生で入れてますぅ・・・ゴメンなさぃぃ・・・」「あ、あぁ・・・ミク・・・そんな・・・」

旦那さんは、泣きそうな顔でうめくが、股間を見るとズボンを突き破りそうなほど勃起している・・・俺は、思わずニヤリと笑ってしまった・・・ホントに、変態っているんだな・・・良い勉強になった・・・

「ほら、旦那勃起してるぞ!奥さんが犯されてるの見て、勃起してるぞ!!」
「お、グゥッ!!あなたぁ・・・ダメぇ・・・ああっ!!もう・・・イッちゃうよぉ・・・あなたのじゃないおチンポでぇ・・・あぁ・・・イッちゃうよぉ・・・!」
奧さんは、旦那さんを見ながら叫ぶ。

「お、俺のと、どっちが大きい?」旦那さんが、泣きそうな声で言う。
「ヤァァ・・・、そんな・・・言えないぃ・・・」

「言えよ!」俺がたきつけると「あ・・・あなたのよりぃ・・・このおチンポの方がおっきいッ!あなたのチンポより、このおチンポが気持ちいいっ!!このチンポの方が好きぃっ!!」
「う、あぁ・・・」
旦那さんが、変な風にうめいた・・・

不思議に思って旦那さんを見ると、股間のところがビクンビクンと脈打っている・・・しかも、シミが出てきた・・・「ハッ。旦那、イッたぞ」半笑いで俺が言う。

「あなたぁ・・・私ももうイクっ!この人のチンポでイクっ!!この人の精子で妊娠するっ!!!」ほとんど絶叫だ・・・俺は、限界が来たので、「イクぞ・・・」と言った。

「イッでぇッ!中でぇッ!!!アァァッ!種付けしてぇっ!!!!おお゛お゛お゛お゛ぉっ!!イッグゥゥッ!!!」
そう言って、ガクガクッと体を震わせた・・・

俺は、遠慮なくたっぷりと中出しをして、一滴残らず注ぎ込んだ・・・
「ミク・・・」
旦那さんは、夢見心地といった感じで、それを見ていた・・・だけど、俺はイッた途端に急に冷静になって、ビビり始めた・・・

床にへたり込む奧さん・・・俺は、慌てて水着を着て、「あ、ありがとうございました・・・じゃあ、失礼します・・・」そう言って、逃げるように個室を出ようとする。

すると、放心状態の旦那さんが、名刺を渡してきた。
「い、いつでも、キミがしたい時にしてくれて良いから・・・連絡してくれるかな・・・」
旦那さんは、弱腰で言ってきた・・・

俺は、名刺を受け取りながら、「はい、わかりました・・・」と言って、逃げるように出た。

名刺を見て驚いたが、弁護士さんだ・・・しかも、所長さんだ・・・よく、こんなものを渡したと驚いたし、逆に怖くなった・・・

プールに戻ると、甥達は相変わらず狂ったようにスライダーを滑りまくっていた・・・そして、帰り支度を始めて、家路についた・・・車の中で
「ねぇねぇ!あのヒモねーちゃん、変だったねっ!!!」
「おっぱいボーンだったね!!」
と、大騒ぎだった・・・

姉に、ヒモねーちゃんのことを言わないように念を押しながら、家に戻った・・・強烈な経験だった・・・ちょっと、くせになるかも。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする