Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

経験豊富なマネージャー達が4人の童貞クンに奉仕してくれた[エッチ体験談]

僕は一昨年、とある高校を卒業した者です。僕は野球部所属でその時の事を話します。
 それは僕が1年生の時体験した忘れられない光景です。

 僕が高1の時の2,3年生のメンバーはとても強くて、その年は甲子園に行きそうな勢いでした。そしてついに夏の県選抜で僕らの高校はついに決勝戦まで行きました。決勝前夜にその儀式は行われました。
 その日は決勝前日ということもあり、軽目の練習で汗を流し、解散になると2.3年生だけは解散せずにまとまって練習場の隅に集まっていきました。
 僕はなんだろうと思いましたが、明日の打ち合わせでもしているのだろうと思って、そのまま帰ろうとしました。

 すると「おい! 万! こっちにこい!」と急に2年の鬼軍曹・田所先輩に呼ばれました。ちなみに僕のあだ名は万なのです。
「はいっ!」
 すっとんで行くと他にも3人1年が呼ばれました。なにせ田所先輩は恐ろしいので有名なため僕らはびくびくして整列しました。

「キャプテン、こいつらでいいですね?」
 田所先輩は3年生のキャプテンになにか確認をとりました。
「いいよ。こいつらで」
 なんの会話かさっぱり分からない僕たち1年坊主4人がきょとんとしていると田所先輩は「よし、お前ら今日の夜は暇だな? え? まあ、とにかく今日の夜7時半に合宿室に集合しろ! いいな?」
 この人の命令を嫌だと言えばおそらくズタズタになるでしょう。僕は何のことか分からないままに野球部専用の合宿室に行きました。

 合宿室は畳の大部屋で野球部の合宿に使われる部屋です。学校からも少し離れているし、管理人は半分ぼけたような老夫婦なのでほとんど無人状態です。
 まさか、リンチされるのかなぁ。なんて思いながら部屋に入りました。

 するとそこには2,3年の先輩たちと、マネージャーの女子たちがずらりと揃っているのです。
 うちの野球部はマネージャーが美人なことでも有名でしたので、なんだかこれから行われることが分かった気がしました。
「万君たちはそこの扉の前でそれぞれ見張りをやってくれるかな」
 マネージャーのお局・美和子さんが僕たちに言いました。
「美和子。そろそろ始めようぜ! もう我慢できねえ」
 その後は案の定の事でした。ふすまの前で歩哨に立った僕は終始落ち着きませんでした。
 普段、AVでしか聞かないような生の女性の喘ぎ声やちょっと覗くとクラスで明るい女子の恥ずかしい姿に緊張と興奮はかなり高まっていました。
 中でも、美和子さんは3年目で慣れているらしくキャプテンを相手にモデルのようなスリムな体と巨乳を使い乱れまくっていました。
 田所先輩も普段よりさらに恐ろしいくらいの勢いで1年生の女子のアソコに太いモノを突き立てていました。
 僕のモノは既にズボンを突き破りそうな状態でした。

 そして、一通り終わったらしく、先輩たちはぞろぞろ出て来ました。
「あとはお前らにやるよ」
 そう言われて、座敷を見ると、まだマネージャたちが裸のままいるのです。

 その後は僕たち4人の食べ放題でした。
 コンドームを付けると、今日のお礼に経験豊かなマネージャーたちがたっぷり奉仕してくれました。
 4人とも童貞なのでしっかりリードしてくれたし、様々なテクもしてくれました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする