出会い系で見つけた女が姉貴だったなんて・・でもやりてえ・・


俺は携帯のメアドがまんま番号なんで、
出会い系やるときはヤフメとかのフリーの使うんだよ
ある日無性にヤリたくなってたら、一個下のハタチのオンナがかかったワケ。
そのオンナもノリノリで、ワタシもやりたいよー!なんて言ってんの。
ココまでノリノリだとフツーはアヤしーんだけど、
写メもまーまーだし、とにかくヤリたかったんでとりあえず会うことにした。
クルマあるって言ってたんでバイクカッ飛ばして、
友達にクルマ借りて待ち合わせ場所行った。

待ち合わせ場所行ったら・・・いた

顔は後ろ向きでワカラナイけどカラダはまぁまぁ、
ミニスカからの脚がウマソー!!コレならヤレる!って思ってクラクション鳴らした

気づいてオンナも振り向いた

俺の姉貴だった…

テメー!何が二十歳だ?

俺より年上じゃんか!
しかもミニスカなんか履きやがって!

だいたいアイルって何だよ。ヒロコじゃんか。

そもそもあの写メだれだよ。・・・それは俺もか。

姉も気づいて固まってる 仕方ないから電話した

「お、おい何してんだよ」

「そっちこそ」

「そんなこといるとハズカしーだろ、入れよ」

「わかってるわよ」

姉貴がクルマに乗ってきた 姉を乗せてのまさかのドライブ

「このクルマどうしたの」

「友達に借りた」

お互い確信には触れない会話が続いた

けどよ、運転してても姉貴のミニスカと
バックリ開いた胸元に目がいくんだよ
不覚にもおっきしてしまった

一度おっきすると元々ヤリたかったワケだし、
おさまらない ヒロコをホテルに連れ込んだ。

「ちょっと本気?」

驚くヒロコ

「一回だけ一回だけ」

と言うおれ。

「お母さん達には内緒よ」

結局姉が折れた

腹を決めたらオンナはスゲーよ
部屋に入ると手慣れた風に風呂にお湯ためソファーに
腰掛けくつろぐ 姉貴そのパンツはこの時用だったんかい

「見たい?」

姉貴は俺の視線に気づいてミニスカをさらにまくりあげた
光沢のある青いパンツが全貌を現す、
もともと知ってるのにクラーってするほど興奮した

「姉貴」

口の中がカラカラだ
姉の唾液で潤そう…

姉の目も潤んでる、どうひいき目に見てもカワイクないのにカワイク見える

姉は俺の頭を抱えるようにキスした キスの仕方が似てて驚いた。

お互いねちっこいんだよ。

舌をどっちが吸うかのせめぎあい。

たぶん姉貴も溜まってたんだよな
糸ひくくらいのきょーだいでのねちっこいキス終わったら風呂がたまってた

「俺風呂入るわ」

トーゼンの様に服を脱ぐ姉
今でも下着姿見たことあったけど、
さすがに全裸はなかったんで新鮮だった

姉貴の下着姿なんて景色みたいなモンで意識してなかったから
ケッコー乳デケーのにビビった
「ケッコーデカいね、何カプあんの?」

「Dだから、そんなにないよ」

姉貴が両手でオッパイ持って見せてくれた

生唾飲みそうになってお茶っていって飲みにいった
ちなみに姉貴の乳首は、ほんのちょっと茶色だった。

「さき入ってるねー」

お茶飲みながら姉貴のそんな声きいてたら、
なんか姉貴とヤリたいって思った

なんてゆーのかな?だまし絵がハッキリわかった瞬間みたいな、
オートフォーカスのピントがあったような感覚

意味ワカンネーと思うけど、
オンナじゃなくて姉貴とヤリたいってコトかな
それで風呂入りながら鼻歌歌ってる姉貴をそっと抱き締めた

ゴメン作った。実際は  ガチャッ 「遅い」だった。

でも姉貴に近づいて

「姉貴」

っていーながらギュッってしたよ

「カラダ汚い!ワタシ洗ったのに」

っていーながらも、あんまり長く抱き締めるんで抱き締めてくれた

姉貴のオッパイが体にあたって気持ち良かったー 続けてキスしよーとしたら

「ベットでしようよ」

って言われた 風呂からあがると姉貴がバスタオルす巻きにしてた

す巻きはケッコー良かったんで
姉貴の横いってキスしながらバスタオル外した

まん毛は少なめで上にチョロチョロ生えてる感じ
キスしながら体に触れ、オッパイを優しく触る

「んっ」

塞がれてる口で声にならない声をあげる姉貴、
相変わらずキスはねちっこい。 お互い上下の唇までなめる。

似すぎ。 口離すと、また糸引いてた。

オッパイはまだ触ってるけど乳首には触らない

ちょっと強め揉むと吐息のような声を出す

初めて聞いた ついにオッパイを舐める、
オッパイの端からツーっと乳首まで舌を這わせて乳輪を円を描くように舐める

でも乳首はまだ。

姉貴乳首がせりあがってるぜ!
姉貴ついに頭を抑えてなめさそうとしてきた

俺必死に抵抗、諦めて力がゆるんだんでペロッてなめてあげたら、
大声で

「んあっ」

みたいな声出した そっからはベロベロ舐めまくる

「あんっあんっあんっ」

って姉貴カワイー声出してるわ
アソコをさわったらヌルヌルのグチョグチョだった。

クリの上部を撫でるように触ってたら姉貴

「ゆ・指入れて」

だってよ。 入れてあげましたよ。 そしたら

「あんっあんっ」

っていーながら、俺のチンチンしごいてる。

さらに喘ぎながら舌を伸ばして舐めようとしてた

姉貴あんたエロすぎだろ
しばらくすると口をんーってしながら、ビクビクッてなった

姉貴逝きおった。
おとーとにイかされよった。

今度はお礼?お返し?とばかりに姉貴がフェラ、
さきっぽチロチロされて、タマタマ舐められて、
最後はねじ込む様なピストン

今度は俺があんって言う番だった。
しかも、姉貴視線は俺見ながらやってる

どんだけエロいんだ

んで69にした、姉貴ケッコー使い込んでるねー
あのフェラもナットクだわ

顔中ベトベトになりながら69を終えてついにハメハメ
迷ったあげくゴム着けてソーニュー、
なんだろ?肌が吸い付く感じがする

姉貴のおまんこはしっくりくる、が

「姉貴あのさ…」

「…いいよ」

姉貴も一緒だったみたいでゴム外した
もーどうなってもいいやってくらい気持ちイイ!

これは生だからだけではないハズ カクカク腰が勝手に動く

「気持ちイイよ、姉貴」

「わたしも何かいつもと違う」

しばらくカクカクしてると、姉貴が目をギュってつぶったんでピストン速めた

「タカシだめっ気持ち良すぎ」

ホテル来て初めて名前呼んでくれた 嬉しくてさらにピストンをする 正直俺もヤバイ

「ヤバイよ姉貴」

「いいよ、いっしょにいこ」

「いくよ?いくよ?」

「うん」

姉貴のお腹に大量にぶちまけた

姉貴はお腹に出された俺汁見て

「溜まってたねー」

だって。

それから姉貴のお腹を俺がキレーにして、
俺のチンチンを姉貴がキレーにした んで、
ベットで並んで寝て姉貴と話した

「タカシなんか気持ち良かったね」

「良かった、姉貴エロいわ。」

そんな事話してたんだけど姉貴急にトーン変わって

「でも…やっぱり」

「ばれたら親泣くよな。」

「タカシこれっきりにしようね」

「そうだね」

そんな話ししながらも何気なく姉貴の乳首触ってたら
「あんっ」とか言ってんの それで二回目やり始めた 姉貴も抵抗しなかった

今度はバックでしようとしたんだけど、
姉貴ケツあげてグーっと体反らして入れやすくしてたわ。

貪欲すぎる。

んで終了後、また話し合い→いつの間にかセックスしてた。

三回目終了後

「またやっちゃったね」

「うん」

「ホントはダメなんだよ」

「でもさ、俺たちヤリたくなったらまた出会い系するよね?」

「…そうね」

「出会い系は危険だしさ、ハズレ多いじゃん」

「?」

「だったら姉弟の方が楽じゃね?」

「それもそうかな?」

こうして結論でました