Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

保健室で先生にしゃぶりを要求されそのまま・・ [セックス体験]

この前、少し具合が悪くて保健室へ行きました。そこでのことを書きます。

私の学校の保健の先生(N)は愛想が悪いといわれ、嫌われています。でも、顔はかっこいいんですww

私は体も弱くよく体調を崩すので、保健室の常連になっていました。

「先生。ちょっと具合悪いんですけど……」と、いつもの調子で保健室へ行きました。

「ああ、んじゃ休んでて」と言われたので、いつも使っているベッドに寝ました。

「は~い」

「あ、そうだ」

「何ですか?」

「あのさ、まふぅ彼氏いるの?」

私には優しいNですが、いつもはこんなこと言いません。

「え?いないですけど……」

「ふ~ん、そっか」と言うと、ドアに鍵をかけ、Nがこっちに近づいてきました。

「じゃあ、俺とHしない?」と言われ、ビックリして自分でわかるほど顔が真っ赤になってしまいました。

「可愛いなぁ。照れてるの?」

「え、いや、まっ」

オロオロしていると、Nがベッドに乗ってきて、私の足の間に自分の足を入れてきました。

Nがキスしてきました。

「んん!?んんっんむ~」

Nが舌を絡めてきます。「ふぅ、ううんっうあぁ」

Nが口を離しました。

「しわになるから脱がすよ」と言って、制服のボタンを外します。

「胸、大きいね」

Nが胸を揉んできます。

「んっいやぁ」

「感じやすいね。自分で触ったりするの?」

「そ、そんなことしないです!」

そう言うと、「じゃあ、俺が初めてかな?」と耳元で囁きました。私は耳が弱いので感じてしまいました。

「ふあああぁっ」

「ふぅん。耳が弱いんだw」

そう言って、耳元で「好きだよ」と言いながら、下着越しにおまんこを触ってきました。

「やっああぁんん」

静かな保健室に私の喘ぎ声とクチュクチュという音が響きます。

「いれるよ」

いつの間にかNもズボンと下着を脱いでいました。

「まっ、待って」

「ん?」

「は、初めてだから、痛いのは、ヤダ」

「じゃあ舐めてくれる?」と言って、私の顔の前に脈打ったものを差し出しました。

舐めたことはありませんが、痛いのは嫌なので、我慢して口に含みました。

Nは「出るよ」と言って口の中に出しました。

少しはいてしまったけど、飲み込みました。(飲んでも平気だよね?)

「いれるよ」と言って私の中に硬いものが入ってきました。

「ああああっ」

そして、激しいピストンをされ、Nはいきません、私はいってしまいました。

誰かに聞かれちゃってるんじゃないかっていう、ドキドキ感がたまりませんでした。

しばらく、保健室に通おうと思ってます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする