先っぽだけでいいから妹に挿入したい・・ [エッチな話まとめ]

泥酔して帰ってきた俺の可愛い妹ちゃんw

妹の部屋に連れていき、解放する振りして、おっぱい揉み揉みしたり

どんどん脱がしていったんですよ

もう前から妹が 好きで好きでしょうがないシスコン兄なんです

前から抱きたかったんだけど、

逆に意識しすぎて 仲悪かったんだよね

んでも後で知ったんだけど、

妹も同じ考えだった見たいで

話がそれてしまったが、妹を全裸にして、

俺も裸になって抱き合ったときの、

快感って、もう兄弟好きにしかわかんない物があるよ

もう全身電気が走ったみたいになって、

幸せっていうかなんというか

しかも自分のあそこが、今までに無いって位の勃起状態で、

もうすごいのなんのって

未だかつてあんなに 勃起した事はなかったよ
んで体を触ったり、おっぱいを揉んだりして、

前から気になってた事、とか質問しまくりました

「いつもベットの下にエロ本あるけど何に使ってんの?」

って妹に聞いてみたの

「・・・」

無言ww

「オナニーに使ってんだろ?」

「うん・・・」

「気持ちいいのか?Hな事好きなんだろ?」

「うん・・」

「なら、これからオナニーしたくなったら、俺の部屋にこいよ?」

物凄い興奮しながらw

「うん・・・」

ってな感じの質問ですね、

その後妹ととのキスから始まり、

乳首なめから、徐々に下へ下へと、

正直肌が合うっていうのはああいうんだろうな、

もう興奮と感触の気持ちよさで、

かなり念入りに嘗め回しました、

いざ妹まんこをなめようと、

ちょっとまんぐり返しにして、あそこを舐めたら、

「アヒッ」

なんて声を出してよがってました

しかもこんなに濡れるんだ

というぐらい、

おまんこが愛液でぬるぬるに濡れてました

まんぐり返しで見る妹のアヘ顔

ふっさふさのマン毛と割れ目から覗く

妹のエロ顔にパネーぐらい勃起

舐めながら妹に

「俺のも舐めてよ」

と69状態に体を動かしながら

自分の物を妹の前にだすと、

何処で覚えてきたのか知らないが、

両手と唇と舌を器用に使って

丁寧に舐めてもらいました

これがねっとり絡みつくとは正にこの事で、

逝きそうになるのをずっと我慢しました、

自分のチンポがグチョグチョに

程よく唾液で濡れたので、

妹をせい上位の体位に変えて入れる事にした、

いざ、入れて見ると、

さっきも書いたが肌が合うとはホントにこの事で、

それとも妹が名器なのか?

絡みつきまた

ミミズ千匹とでもいうのか?

あそこの大きさも俺に合わせてるんじゃ

ないのかというほど、

ぴったりの名器ヴァギナ。

妹は「あぁ、あひっあぅ」とよがり声をあげ

俺も興奮して

「気持ちいい?俺は気持ちいいぞ」

なんて、言葉も出てきました、

もう幸せで死にそうと思って腰を動かして

妹もかなりよがり初めてきたときに、

僕が行きそうになり(やばい)と思って、

いったんチンポを抜いたときに突然妹が、

「やっぱり兄妹同士で近親●姦は・・」

っていきなり辞めちゃったんですよ

で、いきなりベットからソファに移って、

(酔っ払ってるので意識モウロウ状態)眠りだして、

俺はショックとマダイってないってことで、

一瞬錯乱状態になったんですけど

裸で寝てるもんだから、

マンコモロ出しなわけ、

でさらに極度の泥酔状態になったんで(妹が)そのまま

ソファに座らせたまま、足を持ち上げてやりました

結局妹は口では

「いや、いや」

といってたんですけど、

性欲には勝てないのか

あまり抵抗無し

そして体位を変えようと思ったとき、

(今だ!)と思い、アナルを舐めました

すると嫌がるどころかなんと

感じてるのです、

「うぁ、あぁ」

僕もびっくりしましたが、

逆に喜びと性欲がまた、さらに上昇し、

次は舌をアナルにねじりこみ

可愛い妹にアナル責め

そうすると、さらに

「ああぁ・・」

と切なげな声を出してよがるのです

思わず妹に「気持ちいいの?」と聞くと、

無反応でした

けど今度は指を入れようと重い

妹の口に俺の指を当てると、

わかってるのかどうか知らないけど、

おもむろに指を舐めて来ました

そしてその指を妹のアナルにゆっくりと入れると、

また今度はくぐもった声を出して、

よがり始めたのです

そこで1本を指2本3本と増やしていき、

今度は両手で1本づつ指を入れ広げていきました

そして両手で2本計4本の指が入り、

それを左右上下に動かし広げていきました、

その間俺は(痛いだろーナー)と思ってたのですが、

妹は声を押し殺しながらよがってました

そして自分のチンポを唾液で濡らし、

妹のアナルに挿入したんです。

入れた瞬間、妹はあそこに入れた

ときとはまったく違う声をだしました

妹は

「あひっ、あひ~」

「きもちいんか?」

腰をゆっくり動かしながら

「あひぃ、あひっ」

とよがっていたのです。

実は前の彼女とかなり

アナルセックスはしてたのですが、

痛がりはしなかったものの、

やっぱり感じるには程遠いようだったので、

アナルで感じる女の子は居ないだろうと

思ってたのです

しかしまさかアナルで感じる女の子が、いてしかも

自分の妹とは思いもしませんでした

あまりの感動でもう何も言う事はありませんでした

そしてあまり激しくすると痛がると思い最後に

妹のアナルからチンポを抜いて、マンコに再び入れて

腰を激しく動かしました、

「あっあっあぅ」

「気持ちいいよ!」

「おにいちゃ~ん」

「いくー」

っと両手を俺の背中に回してきたのです

その瞬間

「おにいちゃ~ん」

と言う言葉と、背中に手を回したしぐさで、

一緒に言ってしまいました

もちろん外だしですが。

まぁネタだと思う人も

居るかもしれませんが事実です。

ちなみにそれから

毎日やれるのかと思っていたんですけど、

やっぱ無理でした

彼氏も妹には居るし、僕にも彼女が居たので

継続させるきっかけすら見つかりませんでした。

正月に入って、実家に帰ってきて、

やろうとしましたがやっぱり

駄目でした

思えば小さいときからよく妹に欲情して

あそこを舐めたり、

見せてもらったり悪戯していましたw

一回だけの兄妹でのガチSEXでですけど

悔いなしです!

いや・・もう一回だけ、

先っぽだけでいいから妹に挿入したい・・

駄目なシスコン兄ですいませんw



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする