姉貴の股間に熱い息を吹きかけてしまう俺の悲しい性癖が発動www


うちの姉貴(3才上)もかなりのべったり派。
普段から仲はよい方だが酒がはいるとヒートアップし過ぎて
ふたりしてエロモードになる。
笑いながら俺の腕に抱きついてきて胸を押し当てるのが始まりで、
「ホント、胸小さいよな〜」と挑発すると必ず
「そんなことないよ〜。これでもDあるんだから!」と言い返してくる。

「ウソだぁ、いまの感触スカスカだったぞ〜」とか言おうものなら
「なら触ってみなよぉ」と自ら俺の手をとって胸を鷲づかみ。
こんな調子でどんどん過激になってくんだが、楽しい反面、
後から何してんだろーなーと思うこともしばしば。

ソファに二人座りながらお笑い番組を見てたりすると
酒飲む→大笑いする→抱きついてくる の無限ループ状態に。
涙流しながら笑って顔くっつけてきて俺の首筋に顔を埋めてこられると
さすがに姉貴を女として意識しちゃうというか、そのノリで俺も
姉貴の首筋にさりげなくキスしたりすると今度はそれが発火点に。

「あーん、くすぐったぃ〜」と笑う姉貴に
「ホントは気持ちいいんだろ?」と混ぜっ返す俺。
「あはは、ナイナイナイ〜」とまだ笑う姉貴に
「ならこれはどうだ!」と鎖骨から耳元まで唇だけを軽くあててはわすと
姉貴の全身がぶるぶる震えて感じてるのが丸わかり。
「それみろー。感じてんじゃん。」とさらに挑発すると
「あんたエロ過ぎ」とまんざらでもないのか、さらにのおねだりの指示が。

ゴーサインが出たとこで姉貴の脇腹に手をいれて、
背中にかけて爪をたてる感じでゆっくり抱きしめながら
さらに続けてなめまわすように首筋にキスしていくと・・・
いつしか禁断のディープキスに・・・
舌をからませて2分か3分か、息ができないくらいに長く
重なりあってると自然、俺もかなりのエロモードに。
背中にまわしてた手は姉貴の胸に伸びてTシャツの上から胸をもみ、
乳首のあたりをつねるようにこすったりすると姉貴の口から吐息が漏れる。
そこでつい調子にのって彼女といる感覚で姉貴の下半身にも手が伸びて
スパッツに浮き出た割れ目のあたりをいじりはじめると
「コラコラコラ〜。ダメー」の一声でゲーム終了。

ベロチュータイムはひとまず終わりになって、それで姉貴も別段
嫌がるわけでもなく、いつだって抱きつかれたまま酒飲みタイムは続く。
姉貴もそれなりに気持ちよいのか、酔うと胸だけはさわらせてくれて、
テレビを見てる間は俺の片手は常に姉貴の胸をつかんだりもんだり忙しい。

シャツの中にまでいれようとする俺の手を軽くぴしゃりと叩きながらも
これまでなんでも包み隠さず話してきた姉弟関係だからか、
姉貴は俺の一番の性癖の理解者? だったりして、
「あんた、本当に胸好きだよねー」と笑って言ってくる。
「そうだよ。だって男にはないじゃん〜。でも足も好きなんだよねー」
と開き直る俺を見てさらに笑う姉。

笑うだけの姉をいいことに、今度は姉の片足を持ち上げて
抱きかかえるようにして俺の足の上にのせ、ふとももをナデナデ。
「変態変態〜」とはしゃぐ姉に
「ちくしょー、でも好きなんだもん」と照れ笑いする俺。
それでも俺の手は姉貴の足の膝からふともも、ももの付け根までを
ゆっくり上下してなでまわし続ける。
「そんなの触ってどこがいいの〜」なんて姉貴の質問は全部無視。
軽く力をいれてマッサージのまねをすると
「あーー、気持ちいい〜」と喜ぶ姉貴。

特にももの付け根のリンパのあたりをもむと喜ぶのは俺が根気よく
そう教育?してきたからなのだが、力をいれる度にスパッツの生地が
張って姉貴の割れ目がくっきりしてきたところで俺もフル勃起状態に。

マッサージを続けながら、姉貴のかかとがちょうど俺の勃起したチンコに
あたるようにポジションを微妙に変えつつその感触を満喫する俺に
「あーん、もうあたってるー! 変態〜」と早くもすべてを見透かされた俺。
そこで終わりにしないのが笑えるエロ姉貴というか、変態変態と
騒ぎつつも、今度は意図的に俺のチンコを足蹴にグリグリしてくるからたまらない。
まさに電気あんま状態に。

酔ってるからたまにハンパない力でグリグリ押されて悶絶することもあるのだが、
調子がよいとき(べろべろに酔い過ぎのとき)は足をつかんだ俺のペースで
力加減をセーブできるんで二人してプロレスしてるかのように
「変態マン 気持ちいいかー」てな姉貴の声も耳にはいらず、
「あっ、やべっ、あっ、あっ」とますます絶頂が近づく俺。

姉貴の電気あんま(そう俺がしむけたのだが)にマヂでイキそうになり
「ちょちょちょ、タイム!タイム!!」俺の叫び声に大笑いする姉貴。
それでも姉貴は止めることを知らず、足の指で俺のチンコをつまもうと
必死になってるからたまらない。
グイグイ押されていじくられて本気で射精寸前になったところで
これはもうダメだと俺の反撃がはじまる。
姉貴のぱつんぱつんのスパッツを必死になってつかんでずりおろすのだ。

「あ、ちょっと、ダメー!」と今度は姉貴が絶叫。
スパッツの膝裏あたりのちょっとたるんだ生地をつかんで
全力をかけて脱がそうとする俺と、腰のあたりをつかんで懸命に
脱がすまいとする姉貴とのスパッツ綱引きの幕開け。

ソファの上での電気あんま状態でのゲラゲラ笑っての脱がし合い。
3才違いとはいえさすがに男の俺の力に勝てるわけもなく、
腰のあたりから姉貴のパンティーがチラ見できるくらいになり、
さらに腰骨が見えてきて、ついには股下あたりまでスパッツを
ずりおろすと姉貴のパンティーも丸見えに。

ここまでくると俺もさすがに余裕ができるのか、あー、今日は
あの下着だったのか〜なんて分析も。
ついつい視線は股間にいっちゃうのだが、レースの色気のある下着のときは
ドキドキしてちょうしにのって、股裂きの計だとか言いながら姉貴を
辱めの開脚ポーズにさせようと俺も必死に。

くんずほぐれつしながら
「きゃー、もうゴメン、ゴメンゴメン、ダメダメー、許して〜」
という姉貴の声が聞こえたら残念、そこでスパッツ綱引きタイムは終了。
ふたりしてハァハァ息を切らせてぐったりしつつ、姉貴はというと
「危ない危ない」と何が危ないのかよくわからないのだが
アハアハ笑いながら水の代わりにさらに酒を飲み、
目をまわしながらソファでうつぶせに寝込む姉貴。

それを見てソファから落とされた俺は、目の前の尻にくいこんだスパッツに
またまた欲情。
「ソファをひとりじめすんなーーー!」とわざとらしく姉貴の尻の上におぶさり、
さらにさりげなく姉貴の尻に顔を埋めてみる。

姉貴の尻を両手で挟み、尻の割れ目に鼻の先から顔面をむにゅにゅ押し付ける俺。
ちょっと汗ばんだスパッツの湿り気が妙に生々しくて、
それでいて尻肉のやわらかさに気がつけばまたまたフル勃起状態に。

こうなるといつもの癖で姉貴の尻に顔を埋めながら、思いっきり口の中に空気を
吸い込んで、姉貴の股間に熱い息を吹きかけてしまう俺の悲しい性癖が発動。
姉貴はといえばスパッツ綱引きで疲れきったのか
「ちょっと、ヤダヤダヤダー、なにしてんのよー 変態〜」とか言いながらも
手足を軽くばたつかせる程度でほぼ無抵抗状態。

無抵抗に寝そべる姉と、その姉貴の尻に顔を埋める俺。
いつもなら 「電気あんまの罰だ」とか言って終わるのだが、
ある時だけは本気でとりあえず抜きたくなってしまい、
うつぶせに寝そべる姉貴にのしかかり、姉貴の尻の割れ目に
勃起したチンコをあて、姉貴の脇腹をくすぐるフリをしながら
こすること数分・・・思わずパンツの中でイッちゃったことを
さすがの姉貴も知らない。

こんな感じで酒が入るとアレコレ イケナイことが起こる姉弟。
お互いにしらふなら抱きついたり腕組んだりする程度で終わりなだけに、
アルコールは怖い。