精液をかき出す為に指を妹のあそこに入れた[セックス体験談]


俺が高校2年生の時のエロ体験です。

俺には一個下の高校1年生になる
JKの妹がいました。

そしてある日、妹と俺
そして、山本、榊原、高柳、かおり(全て仮名)の
6人で俺の家で菓子を食べながらゲームをしていた。

俺と山本は仲が良く、
その他は山本の友達であまり喋らない人だった。

みんな同級でかおりっていう女は
顔は普通だが性格がめちゃ悪く、
こちらからはほとんど喋りかけない人だ。

前置きはこれくらいにして、
当日みんなで喋っていて突然ものすごい
睡魔に襲われたことは覚えているが、
そこから何が起こったかは記憶にない。

気がつくと信じられない光景を目にした。

間の前に妹が一糸まとわぬ全裸状態で
椅子に座らされ、手は後ろで、
脚は目いっぱい開いた状態で縛られている。

そして口にはタオルで
声が出ないように縛られ、
涙を流している妹がいた。

次に気づいたのは
俺の腕が背中で縛られている。

そして極めつけは
俺まで全裸にされている。

意識が戻った俺を見てかおりが

「あ、気がついた?
やす君のおちんちん見ちゃった。かわいいね」

と言って俺のちんこをつんつん突いてきた。

どうやら俺達兄妹は睡眠薬を盛られたらしい

俺は「触るな!なんだよこれは!?」と言うと

「私達ね、あんたのこと
まじでむかついてるから
お仕置きしてあげようと思ってね!
あんたの態度まじで腹立つんあよね」

と文句を言ってきて

「まずはあんたの妹の性器を舐めな」

と言ってきて

「そんなことできるか」

と言うと後ろから蹴りが入って、
ナイフを妹の性器に突きつけて

「逆らったら妹のまんこ切り刻むぞ」

と高柳が言ってきた。

俺の髪の毛をわしづかみにされ、
妹の性器のまん前に
俺の顔を持ってきて

「さっさと舐めな」

と言ってきた。

妹は「ん~!ん~」

と声を出して首を横に振っていたが、
俺は抵抗しても無駄な事を知ると
妹のあそこを舐め始めた。

「キャハハ、やす君妹のあそこ舐めてる。
きも~い」

と言いながらあざ笑うかおり。

この女だけは絶対許さない!

そう心に誓って妹のあそこを舐め続けた。

5分くらい経ったときに
妹の性器に変化が見られた。

あそこがぱっくり開いてぬめぬめしてきた。

感じてるんだ

そう思うと妙に興奮してしまって、
ちんぽが勃起してきた。

それを見たかおりが

「あ~妹のあそこ舐めながら勃たたしてる
変態だー」

と言いながら
俺のちんぽを握って扱いてきた。

「こうすると気持ちいいんでしょ?」

と言って上下にゆっくり扱き続けるかおり。

オナニーはしょっちゅうするが、
Hの経験が無い上に、
異性の手でしごかれたことすらない
俺にはものすごく刺激が強かった。

俺は快感を堪える為に
唇を噛み締めて下を向いていた。

おちょくるようにかおりが
俺の顔の前に俺を覗き込むように
顔を持ってきて

「気持ちいい?気持ちいい?」

とにやにやしながら扱き続ける。

大嫌いなかおりの手とは言え、
異性の手はものすごく気持ちよく、
すぐにいきそうになってきた。

「うぅうぅ~」

と堪えていると高柳が

「こいついきそうなんじゃね?」

と言ってきた。

かおりが

「うそ~?まだ触ったばっかりだよ?」

と言って俺の顔を覗き込みながら

「やす君いきそうなの?
いきそうなの?」

とにやにやしながら
上下に扱く手を早めてきた。

「私知ってるよ?
やす君って私の事嫌いなんでしょ?
避けてるもんね。
その私に射精させられるって
どんな気分なんだろうね。
ホレホレ~」

と言って更に手を早めて
手コキの逆レイプ

もう無理

「で、出る」

って言った瞬間、
かおりは手を離した。

「キャハハ、私にいかせてもらうなんて
100年早いよ、バーカ」

と言って笑っている。

「あなたは妹のあそこ舐めてなさい」

と言って俺の顔を妹のあそこに擦り付ける。

俺は再び妹のあそこを舐め始めた。

するとかおりが

「わたしが扱いてあげるから舐めてなさい」

と言って今度はゆっくりと扱き始める。

再び射精感が上がってくる中、
かおりが

「もっと気持ちいいこと教えてあげる」

と俺のちんぽを引っ張って
妹のあそこにこすり付けてきた。

「性器をこすり合わせると
気持ちいいんだよ」

と言って俺のちんぽの先を
妹のあそこにぐりぐり擦り付けてきた。

先っぽが入るか入らないかの
状態でぐりぐりやられ、
すぐにいきそうになり

「だ、だめ、もう無理」

と言った瞬間、かおりが

「やす君童貞なんでしょ?

さらば童貞」

と言って俺の腰を後ろから
グッと押してきた。

俺のちんぽが妹のあそこに
「にゅるっ」っといって奥まで入った。

その瞬間「あっ」と声を出す間もなく

「ドピュッピュッピュッ」

と妹の中に思いっきり
膣内射精してしまった。

かおりが

「え~入れただけでいっちゃったの
っていう~か、妹の中に出しちゃったの?
近親相姦じゃ~ん、
知らな~い」

と笑っている。

「出してもまだ勃ってるね、
腰をゆっくり引いてごらん」

と言って来たのでゆっくり抜こうとすると
抜ける間際に腰を後ろからグッと押し出す。

3回くらい同じことをされ、
その度に俺は喘ぎ声を出してしまった。

「はい、今度は自分一人でやってみなさい」

と言われ、俺はその初めて味わう
快感に負けてしまい、
腰を前後に動かし始めた

気持ちいい

10回くらい前後に動かすと
またもや射精感がこみ上げてきて

「だめ、また出ちゃう」

と情けない声で言うと

「いいよ。出しちゃいなさい」

とかおりがにやけながら言う

もう腰が止まらない

「あー、出るー」

と叫んで腰を突き出し、
再び妹の中でいってしまった。

「あー、すっきりした。そんじゃ帰るからね。
あ、妹さんの中に出した精液早く出さないと
妊娠しちゃうよ」

と言って俺の腕の紐だけ
解いて帰って行った。

妹を中に出した精液を出さなきゃ、
と思って妹の性器に伸ばした。

その時、改めて見る妹の性器に見とれた。

これが女性の性器

そしてゆっくりと手を伸ばして
精液をかき出す為に指を妹のあそこに入れた。

「うっ」

と言って腰をビクッとさせる妹。

精液をかき出す為に指を前後させる。

時折「うっ」 「うっ」と声を漏らす妹。

感じてる?と思って、
精液をかき出す振りをしながら指を出し入れする。

出し入れする度に「ぐちゅぐちゅ」と音がする。

俺は左手の親指で
クリトリスをぐりぐりした。

異変に気づいた妹は突然

「うーうー」

と言って首を横に振り出した。

俺は構わずクリトリスを
グリグリしながら指の出し入れを早めた。

妹の体に力が入ってきて、
より大きなそぶりで

「ううー」

と言って首を横に振ったかと思うと
ビクンッと痙攣してのけ反った。

そしてガグン

いってしまったんだろう。

そして俺のちんぽは
また勃起状態でもうがまんできなくなって

「もう我慢できない。もう一度だけやらせて」

と言った。

妹を見ると無言で横を見ている。

俺はちんぽを妹のあそこに当てがって、
ゆっくりと腰を突き出した。

「にゅるっ」といって奥まで入れると
ゆっくりと腰を前後に動かした。

気持ちいい

そして徐々に腰を早く動かした。

すでに2回出しているとはいえ、
俺を射精に追い込むまでに5分とかからなかった。

「だめ、出そう」

妹は横を向いて事が
早く済んでほしいといった感じだった。

「出るっ!」

どぴゅぴゅぴゅっ

妹の中に3度目の射精をした。

そして妹を縛ってる紐を解くと
妹は無言で風呂場に行った。

そしてそれ以来妹とは
言葉を交わすこと無く月日が流れたある日、
食事をしていると突然「うっ」と手で口を押さえて
トイレに駆け込む妹の姿があった。

これはもしやら・・・
つわりというやつなのか?