美人の姉に中出し[エッチ体験談]

高校の時の話。

俺には姉が居る。美人で誰にもやさしく、高校の時はどの教科も成績は良かった。
誰にでもモテ、俺を通して姉貴と仲良くなろうとする奴もいた。正直怖かった・・・

俺は姉貴を何とも思わない・・・なぜなら・・・

姉「あ~、また不細工からメール来た・・・ホントうざ・・・」

この男みたいな事を言っているのが本当の姉貴だからだ・・・

姉「ねぇ直樹・・・こいつ等アンタのクラスの奴なんでしょ?何とかならないの?」

「無理だって・・・俺が嫌われ者なの姉貴も知ってるだろ?」

姉「あ~・・・wそういえば・・・そうだったwwなんたって直樹はクラスの男子を片っ端らからなぎ倒していったんだっけww」

このクソいまいましい姉貴め・・・

俺は一度姉貴のアドや番号を聞いてくるクラスの男子がうざすぎて、ブチ切れ片っ端らから殴ってしまった・・・
当然その後先生に連行され、生徒指導された。

そしてクラスの女子からは怖がられ、男子にはシカト&無視の攻撃。

それから、2週間ほど経っても、当然変わってない。

でも、いい事が一つあった・・・

それは、イジメられていると姉貴が心配し助けてくれるからだ。

実は俺は小さい頃から姉貴が好きだ。家族としてじゃなく一人の異性として。

姉「ねぇ!聞いてるの!?」

「!?顔近いって!!!???」

姉「はぁ?何言ってんの?あ・・・wそうゆうことか~・・・www」

姉貴は何かを思いつきニヤリとする。

姉「クスクスwもしかして、アンタ私を意識してんの?」

「ななななな、何馬鹿なこと言ってんだよ!?」

姉「いやいやwわかりやすww」

「うるせぇ!!」

姉「正直になったら、お姉ちゃんがイイ事してあげるよ・・・♪」

俺の耳に息を吹きかけながら言うな!!
興奮しちゃうだろ!!

姉「どうせ、アンタ童貞でしょ?正直になりなさい」

「・・・ホントは物凄くドキドキしました」

姉「あら?ホントに?ww」

ニヤニヤしながら顔を近づけてくる。

うう・・・キスしてぇなぁ・・・

姉「キスしたいの?」

「!?何でわかった!!!」

姉「なんとなく・・・リビングじゃ出来ないから、私の部屋行こう?」

「うん」

姉貴は部屋に着くとベッドに大の字に寝ころがった。

姉「さぁ!!アンタがしたい事をしなさい!!」

「今頃だけどホントにいいのか?」

姉「それ、バッチこーい!!」

「なら・・・まずキスから・・・」

寝転がってる姉貴の上に被さりキスをする。

姉「実は私キスした事ないんだよね~ww」

「は?」

姉「いや~今まで付き合ったことはあるけど、そこまでの価値がなかったから・・・男どもは・・・」

じゃあなんだ!!処女なのか!!

姉「あw今変なこと考えたでしょwww」

「か、考えてねぇよ!!」

姉「そうwじゃあ、素直になれないダメな弟にはもうしてあげない」

「待って!!」

姉「ニヤ・・・」

姉「じゃあ、今どんな気持ち?」

「・・・姉貴を犯したい・・・」

姉「そう♪なら、来なさい♪弟の犯罪を手伝ってあ・げ・るw」

「姉貴~~~!!」

俺は姉貴の上の服を脱がしブラをさげ、おっぱいにしゃぶりつく。

姉「あんっ♪もう、なんか赤ん坊みたい♪」

俺はしばらく姉貴のおっぱいを楽しんだ後、スカートの中のパンツを脱がす。

姉「ちょwww直樹アンタまさか、服着たままやるの?www」

「はぁはぁ」

姉「ちょwww聞いてないしwww」

俺はギンギンになった息子を取り出し念願の姉貴のま0こにいれた。

姉「くぅ!!ちょっと!!せめて、入れる時は言いなさいよ!!」

「姉貴姉貴!!好きだぁ!!好きだ!!」

俺は姉貴を無視し腰を振り続ける。

姉「あん!あん!!んっ!!あ!!あ!あ!あ!ううん!!」

次第にお互いエスカレートし、絶頂を迎える。

「イク!!」

姉「ちょ!!中はダメ!!兄弟なんだよ!!妊娠したら!!母さんやお父さんが!!」

「そんなの関係ない!!俺の子供作ってくれ!!」

姉「ホントに待ってってばぁ!!あっ!あっ!」

「もうだめだぁ~!!」

姉「中はいや~~~」

ビュル~~~~~

姉「はぁはぁ」

「はぁはぁ」

姉「直樹・・・アンタ覚悟出来てるわよね?」

「・・・ごめんなさい」

姉「謝って済む問題じゃないでしょ!!しかも、今日危険日だし!!」

「何~~~~!!」

姉「もう、死んでしまえ~~~~!!」

俺はボコボコにされ、姉貴は俺の事を無視する様になった。

でも、その後も俺は何回も夜這いしに行ったり、風呂に入ってる処に行って何回も犯った。

今は姉貴と同棲していますwww

毎日ヤリまくり!!w



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする