憧れのOLが凄く酔っていたので思い切ってSEXしてみたwww [エッチ体験]

麻美とのエッチな話。

勤めてる会社の3年前まで社長秘書を勤めてた麻美。

先日偶然四谷で出会って、意気投合して今回飲みに行く事に。

美人で知的ですらりとした容姿は男性社員の憧れの的でした。

僕は人事課だったので社長との打合せで出入りしてたので親しく会話させていただいたんです。

四谷で出会ったとき、以前と変わらない麻美の美貌にやられました・・・

歌舞伎町の居酒屋で話が弾んで、かなり酔いが廻った麻美でした。

フラフラ千鳥足歩きです。

僕の腕に纏わりついて身を寄せてる麻美を腰を抱えてラブホテルに強引に入ったんです。

部屋のドアを開けてベットに倒れ込む。
僕は朦朧状態の麻美のコートを脱がせ、洋装姿でスカートの裾が乱れて、黒のストッキングからの美脚に見とれていたんです。

麻美は枕にしがみついて寝込んでしまったんです。

ジッパーを脱がしブラジャーとパンスト姿の半裸にしたんです。

3年前、米国語学留学を理由に退社した麻美。

今、まだ独身で都内の商社に勤めてる麻美なんだそうです。

そんな憧れの麻美が今、歌舞伎町のラブホテルで半裸状態で僕に抱かれようとしてるんです。

かなりの酔いのせいか、麻美は無防備状態で寝そべってるんです。

中々のナイスバデイーで僕はつい生唾をのんだほどなんです。

胸も中々だし、腰付きもしっかり、そして美脚が素晴らしいんです。

僕も服装を脱いで全裸で麻美の横に寝そべったんです。

暫くは麻美の寝息と寝顔を見ながら半裸の姿を思う存分見てたんです。

20分ほど経って、麻美の瞼が薄っすらと開いたんです。

「あッ、ここ何処なの?」

麻美は目を開けて自分の姿に気がついたんです。

途端、「きゃいやッ嫌よこんな、こんな。何故何故」

麻美は半裸姿にシーツを宛がって身を隠そうとするんです。

そんな麻美を強引に抱き寄せて唇を奪ったんです。

「ウウウウウッ駄目よ」

僕の手は麻美の乳房を鷲掴みして、麻美をうつ伏せにしたんです。

そして強引にパンストをズリ降ろし、パンテイーも脱がせて全裸にしてしまったんです。

「嫌ッやめてッお願い私ッ彼が居るのよッ」

もう、僕には聞き耳が無いんです。

麻美の背中にしゃぶりついた僕の唇は、美しい麻美の背中を這いずってるんです。

背後から麻美の乳房を抱え込んで、僕の肉棒が麻美のお尻の合間に入り込んだんです。

「堪忍してッ。絶対駄目こんな筈じゃなかったわ。」

僕の唇は麻美の下半身に吸付いて離れようとはしないんです。

麻美の花芯に唇が宛がった時、麻美の裸体が大きく仰け反ったんです。

その仰け反った裸体がメチャ艶かしく、僕の肉棒を更に立たせたんです。

麻美の抵抗が少し和らいだ時、正上位で重なったんです。

そして腰に力を入れて麻美の花芯へ「グイッ」

と差し込んだんです。

「ぎゃッ。うううウウウウウッ」

僕の肉棒を麻美は入れ込んで苦渋の顔つきなんです。

しっかりと奥深く麻美の胎内に入り込んだんです。

麻美の力が急に抜けて、僕はおもむろにピストンを始めたんです。

「イやッ、イやッ」

を繰り返しながら僕の往復のピストンを受入れ始めたんです。

そして後背位から挿入したんです。

「ウウウウウッアアアアアアッ」

僕の肉棒を要れこんだまま激しく喘ぎまわる麻美なんです。

憧れの元社長秘書、麻美と僕は交わってるんです。

僕は麻美の見事な肢体に段々と溺れこんで生きそうなんです。

麻美も緊張のせいか、膣をきつく締め付けてくるんです。

その感触が凄く興奮して肉棒が更に大きくなった感じなんです。

憧れの麻美の美脚を大きく開いて抱き合ったんです。

その瞬間麻美が「アアアアッうウウウウウッ」

呻きだして絶頂を迎えたんです。

僕もつられて「ううううッ」

麻美の子宮の中に大量の射精を中出ししたんです。

しっかり抱き合ったまま結合したまま、僕と麻美は動こうとはしないんです。

お互いの腕の力が抜けた時、麻美が「どうしてこんな事になったの?」

囁いたんです。

「君の事が昔から好きだったんです」

僕は激しく麻美の唇を求め続けたんです。

「私今、好きな彼氏が居るのよ。困ったわ。こんな事してしまって。」

沈黙が続いたんです。

お風呂にお湯を入れて一緒に入ったんです。

麻美のナイスバデイーを見つめながら脚を絡めあったんです。

もう時間は午前2時になろうとしてるんです。

麻美は「もう電車もないし今日はここで泊まってゆくわ。明日はちょうど休みだから」

お風呂から出て、麻美とベットに一緒に入ったんです。

もう麻美には何の抵抗も無く、僕と抱き合って寝たんです。

そして朝方、僕の肉棒が朝立ちしたんです。

気付いた麻美は「再度の交尾」

を受入れて騎上位になってくれたんです。

あれからもう一年。

麻美からメールが入って「好きな人と結婚したわ。もう私の事忘れて下さい」

僕の過去の1ページでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする