Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

一気にチンコを後ろから生挿入しました[セックス体験]

入社5年目の時にちょうど定年退職する人の送別会を地元の旅館でやった。
部署単位での送別会だったんで参加者は少なく、メンバーは退職する部長男そして課長男と係長男と僕で、女子は主任の雅子さん(32)、秀美(31)の計5人。
雅子さんの方は仕事は真面目でよく働くんで尊敬してる。ちょっとぽっちゃりだけど、可愛らしく松たか子似だ。
秀美の方は雅子さんとは性格が真逆でおっちょこちょい。見た目も可愛い系の雅子さんとは真逆で細身のきれい系です。ちなみにどちらも既婚で僕はもちろん独身。

送別会も一段落し、男部屋、女部屋へとそれぞれ戻ります。
部屋で男上司3人とビールを飲みながら部長との思い出話に花を咲かせます。

しばらくしたら女子2人が「露天風呂いきませんか」って言うので、課長と僕も加わって4人で温泉に向かった。部長は年のせいかすでに横になって、係長はこの時すでに酒でダウンしていた。

そして露天風呂は脱衣所別々で、中入ると壁一枚だけで、しかも途中までで奥の方では行き来自由だった。実質混浴になっていて、入るまで誰も知らなかった。

うちの部署は下ネタが一切ない部署なもんでどうしたもんかと・・・。課長と2人本気で困ってました。

とりあえず課長と湯に浸かっていた。
そうしたら小さい旅館でちょうど温泉は自分等しかいなかったからか、奥の方から秀美が「気持ちいいですか?」って顔をひょっこり出す。

ヘタレな課長は「こっち来ちゃだめだよ」と言っても、そんなことお構い無しに秀美はお湯から顔だけだしてしゃがみ歩き?でこっちに入って来ちゃいました。
しかも「松主任もこっち来てくださいよ」って恥ずしがりやの雅子さんもこちらへ呼んでしまう。

結局、温泉では湯煙とタオル巻いてたのもあり2人の裸はよく見えず。
風呂から上がってまた部屋へ。課長もすでに寝てしまい、僕は女子の部屋で3人で飲み直すことになった。

2人とも浴衣姿。
僕はどちらかというと雅子さんの方がタイプ。雅子さんはお尻がすごく大きくて、会社でも屈んだ時はお尻を見てしまう、会社のスカートはタイトなんでパンティラインがいんだよね。

2人とは下ネタ一切話したことなかったんだけど、雰囲気も手伝ってかさっきの温泉の話とか、どういう子がタイプとかホント軽い下ネタは話すようになった。

雅子「さっきすごい恥ずかしかったんだ」
秀美「課長も将太君も松主任以上に恥ずかしがってたね」
なんて話ながら秀美はもうビール7、8本は飲んでた。

そのうち秀美は随分酔ったみたいで「もう寝よっか」ってことになった。
すると急に立ち上げって、こっちに背を向け万歳。そして浴衣を上半身腰まで下ろしてブラ一枚。ブラを外してまた浴衣を羽織って布団へと。

雅子さんは苦笑いしてたけど、僕は普段一緒に働いてる秀美のあんな姿(たかが背中ですが)見て少し興奮していた。でも取り残された2人も結局寝るしかなった。

男の僕は自分の部屋へ戻れって感じなんだけど、結局そのまま女子の部屋で寝ることになった。
布団2枚にすでに寝てる秀美と雅子さんで布団の切れ目に僕がって感じで消灯。

「将太君起きてる?」「起きてるよ」
「・・・」「・・・」
そんな感じで、横では秀美がイビキしながら寝てます。
正直頭の中は、横にはあの大きいお尻の雅子さんがいるし、秀美は熟睡中だし、どうにかならんかって思いでいっぱいでした。

もう僕は会社に戻ってからのこと、もし怒られたらなんて考えもせず酔った勢いで、浴衣の上から雅子さんの大きいお尻を撫でました。

雅子さんはすぐに手で払って小声で「ダメッ」。
人差し指を立てて「シーッ」って、秀美が起きてないか心配そうに見てます。直感で僕はこれはイケるって思いました。

横で秀美が熟睡してるのを確認し、雅子さんの方をみると布団の端の方へ逃げてました。
僕は布団の中をゴソゴソと進み、こちらへ背を向けてる雅子さんにそっと抱きつきました。

雅子さんはジッとしています。耳元で「絶対に音たてないから」って言うと同時に、後ろから雅子さんの耳、首筋にしゃぶりつきました。
首筋を舐めてるだけで、体があたたかくなってるのがわかりました。

雅子さんは目を閉じて口を半分開けた状態ですごく感じていました。
ただ横では秀美が寝てるので声は我慢してる状態です。

雅子さんが背を向けてる状態で抱きついてるので、すでに全快となった僕のチンコは浴衣越しに雅子さんの大きいお尻に突き刺さってます。

もう僕はキスよりも胸よりも先に仕事中も常に意識してた雅子さんのお尻を見たいそんな思いになりました。布団の中で抱きついていたため下半分の布団を剥ぎ取りました。

少しはだけた浴衣姿のお尻が見え雅子さんの顔を覗くと枕で顔を埋め恥ずかしそうにしています。
僕はゆっくりと浴衣を下から巻上げ、ついに憧れの雅子さんの白いパンツで覆われたお尻が登場しました。

下半分の布団を剥ぎ取られ、浴衣を巻き上げられてお尻だけドンってな感じです。
形も良く、想像通りの大きくてきれいなお尻です。
我慢できず、パンツ越しに撫で回し、そして一気にそれを脱がしました。

浴衣姿でパンティのみ剥ぎ取られた雅子さん。布団から生尻がでています。
抱きつきながらお尻を揉み、そしてブラの間から右手を入れおっぱいにも到達しました。

ちょうど良い大きさのおっぱいで、さっきの秀美との下ネタ話ではおっぱいが感じるって言ってたので優しく、激しく揉みまくりました。

僕はもう我慢できず、ずっと背中を向けられている状態だった雅子さんの手首を掴んで、僕のチンコに持ってきました。

僕も浴衣でしたのでパンツの中へと雅子さんの手を入れるのは簡単でした。
普段、SEXするときはフェラは絶対してもらうんだけど、さすがに横で秀美がいる状態では体制が厳しく、手コキのみしてもらおうって思ったんです。

でも、ただの手コキではなくさっき脱がせた雅子さんのパンツをチンコに巻いて手コキさせました。

背中を向けた状態で手コキしてる雅子さんはまさか自分がさっきまで着けてた物だとは知らず、途中で知った時は思いっきり怒られました。

途中で布団が濡れてたので「ん?」と思ったら雅子さんのアソコが半端なく濡れてて、太ももをつたって布団へこぼれてました。
まだアソコを触る前だったのにすごく感じやすいんだなと。

それを見てほんと頭が爆発しちゃって・・・ずっと背中を向けてお尻だけ出してる状態だったんで、もう一気にチンコを後ろから生挿入しました。
しかも横で秀美が寝てる状態で横バックで雅子さんのお尻を突く。

片手で雅子さんの肩、もう片方で腰を掴んで激しく突きました。
さすがに雅子さんも声がもれ、秀美にバレやしないかと思いましたがもう抑えることができず最後、浴衣から突き出たお尻に大量に発射しました。

雅子さんはもう放心状態で精子がかかったお尻を出したまま動きません。
テッシュでお尻を拭き取り、アソコもきれいに拭いてあげました。

もう吹っ切れた僕はチンコを雅子さんの顔の前に持っていくと黙ってお掃除フェラをしてくれました。
初フェラがお掃除っていう妙な感じです。

小声で「秀美にも他の人にも絶対内緒だからね。会社でも今まで通りよ」と念を押されました。

「わかったよ」と言い僕はさっきチンコに巻いたパンツを穿かせて、そして布団をかけてやり、キスをしてから部長達の寝てる自分の部屋へと戻りました。

次の日解散後、雅子さんと連絡を取り、その日にラブホでまたしました。
その後はあれから数年経つけど、今でも忘年会等の飲み会のトイレでキスしたり、仕事中にこっそりお尻触ったりするぐらいでエッチはしてません。

雅子さんは既婚だし、俺もずっと彼女いるの知ってるし。
ただ秀美はあの日のことは気づいていないことは確かで、今でも雅子さん、秀美とも仕事は真面目にやっています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!