残業中にしてもらった人妻のフェラが快感すぎた・・


職場の後輩の主婦、28歳の佐和子さんとの先週金曜日の出来事。
ちなみに彼女は子供二人アリ、ショートカットのスレンダー系。
年末のこの時期、忙しくて二人で残業をしていた。
息抜きに雑談をしていたとき、ちょうどK大学の痴*事件の話題になった。
男としては、みんなしたいという欲望はあるが、理性で抑えている。
彼女としては、それはわかるが、男のひとは大変ですね。そんな話題だった。
佐和子:もしかして先輩もそういうことしたいという欲望はあるの?私に対しても?
俺:ないといったらうそになる。でも仕事中だしそんなことはありえないけど。
佐和子:こんなおばさんでも?
俺:ぜんぜんまだ十分女性としての魅力は備えているよ。誘惑されたらどうなるかわからないよ。
こんな会話が続いた。

すると、隣の席の彼女は横目で俺を見ながら紺のスカートのすそを上げるそぶりを見せた。
俺は、びっくりして何が起こっているのか動揺して把握できずにいた。
佐和子:どう?どきどきする?ここまでですよ残念。
そういって太ももまで上げたスカートを元に戻した。

俺:びっくりした。でもひさびさにどきどきした。もっと見たかったな。残念。
佐和子:よかった。私も色気があるのね。もっと見たい?
フロアには二人しかいなかったので、俺は調子に乗っていた。
俺:みたいな。お願い。

すると、また太ももまでスカートを上げてくれた。
俺:近くで見ていい?
といいつつすでに隣まで近寄っていた。
無意識に太ももに触っていた。

彼女は黙っていた。
俺の左手は、下着まさぐっていた。
佐和子:だめ。そこまで。
俺:もうがまんできない。ここまでしといてどうしてくれるんだよ。せめて下着だけ触らして。
佐和子:だめ。また今度ね。
そんな出来事がありました。
はっきりいって今週は仕事になりません。

昨日、またいいことがありましたので報告します。
あのあと、特に気まずい雰囲気とかにはならずに
逆に彼女のほうは逆に明るく振舞っていました。
意識してのことでしょうかね。

実は、火曜日の夜、また二人で残業していました。
そして、8時くらいにそろそろ帰りましょうかと二人で帰る準備を
していました。

そのとき、俺は打ち明けました。
俺:あれから佐和子さんのこと気になって仕方がない。お互い結婚している身分なので
いけないこととわかっているんだけどね。
(そして明るいふざけた口調で)
俺:もう一回みたいな〜。
言っちゃった。。。

佐和子:挑発しちゃったみたいでごめんなさい。私にも責任あるのかな?
でも今日は急いでかえらなくちゃだめなんだ。また今度ね。
俺:また今度見せてくれるのかな?眠れなくなるよ。
ふざけた口調で答えて火曜日は帰った。
そして昨日のことです。

昨日は、かなり遅くまで(11時くらい)仕事してました。フロアには2人だけでした。
帰り際に、
佐和子:見たいですか?
俺:えっ?
かなり動揺してしまいました。

佐和子:ちょっとだけならいいですよ。
俺:みたいです。お願い!
子供のような口調で答えました。
すると、グレーのタイトスカートをゆっくりめくり始めました。
太ももまでめくりあげ、ストッキングごしに両足があらわになりました。

佐和子:これでいいでしょ。これ以上なしね。帰りましょう。
俺:もう我慢できないよ。もっと見たい。
そういって近くに寄り、下げたスカートをまためくり始めた。
俺は、太ももを触りまくった。ストッキングがじゃまに思えて
ストッキングを脱がしにかかろうとした。

俺:ストッキングだけいいよね?
そう言うとスカートのサイドのホックとファスナーを下ろして
スカートを脱がした。

彼女は何もしゃべらず、俺のなすがままになってくれた。
ストッキングは自分で脱いでもらった。
すごい光景だった。
普段一緒に仕事をしている後輩の下半身下着姿。
ピンクの下着だった。

下着を見ると、俺はもう抑えられなかった。
俺:したいよ。お願い。
佐和子:誰かきたらやばいですよ。絶対だめ。
俺:どうしてくれるの。生殺しじゃん。
そういうと、佐和子はおもむろに俺をいすに座らせ、ファスナーをおろして
くわえてくれた。

目の前で、彼女が下半身下着で、俺を咥えている。すごい光景に
俺はすぐいってしまった。あまりの早さにはずかしかった。
彼女は、精液をティッシュに出して
佐和子:これでいいでしょ。おしまい。よかった?

俺:すごくよかった。
放心状態だった。
そして、何事もなかったように二人で職場を後にして帰りました。
家に帰り、罪悪感に浸ることがしばしあり、
今後一切やめるべきか、最後まで求めるか苦悩の時間を過ごしてます。

本当の話です。。。
それでは。