Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スカートをまくってパンティを下ろしおたがい着衣のままハメあったwww [セックス体験談]

隣に3年前に当時22歳の若い夫婦が引越ししてきた。
そのうち赤ちゃんの泣き声がよく聞こえていた。
少し茶髪でギャルぽい若妻が子供を保育園に預けてから家事が終わると、昼の静かな部屋に喘ぎ声が聞こえるようになった。静かに覗き見に行くと、パンティーが片足に引っかかり、ブラが首まで上がり・・・若妻はオナニーをしていたのです。
喘ぎ声が毎日というほど聞こえていました。

月に一回まわってくる回覧板を、喘ぎ声が聞こえているときにチャイムを鳴らして呼ぶと、若妻は顔を赤くして少し乱れ気味の服装で玄関を空けた。

回覧板を渡すときに、俺は言った。
「旦那さんとはエッチしてないのかな??」
若妻はびっくり顔で、
「え~~なんですか?」
「いや~奥さんの声が毎日聞こえてくるもんで」

若妻はさらに顔を赤くして手で隠して玄関を閉めてしまった。

2~3日すると押し殺したようにまた喘ぎ声がかすかに聞こえてた。
俺はチャイムを鳴らし、玄関が開くと中に押し入った。

なんですか?と追い払うように若妻は言ったが、俺はズボンをおろし、そそり立つ物を目の前に出して言った。

「奥さんこれが欲しいのでは?」
若妻は目を点にして棒立ち・・・

若妻の手を取り、俺のペニスを握らせ、キャミの紐を下げて胸を露出させてから鷲掴んだ。
硬直してるみたいにただ立ってるだけで人形みたいです。

スカートをめくりパンティーの中に手を入れて指をあそこに入れると濡れている。

オナニーで濡れてたのか??
二本指を入れて中で動かすと若妻は顔を上向きにしてしゃがみこんだ。

ペニスを口にあてがい押し込み腰を顔に当てるようにピストンをした。

上半身裸にして乳房を揉み、腰を振りピストンを続けてると、若妻はよだれを口から出すように俺から離れて倒れた。

股を大きく広げたまま、俺はパンティーを剥ぎ取り、乳首を舐めながら指を二本入れてかき回してやると、喘ぎ声を出して体をくねらせて悶え始めた。

俺は若妻を抱きかかえるようにベットに連れて行き、全裸になって若妻に覆いかぶさり、全身愛撫をしたのです。

若妻から「きて~」と言い出し、挿入すると腰を持ち上げて体を反り返り「あ~~~いい~~」と自分で乳房を揉んでは叫んでた。

ピストンも早くなり、俺は射精寸前のペニスを引き抜いて若妻の口に入れた。
チューッと吸われ、俺は快感に痺れながら若妻に口内射精した。

2回目は後ろから突いてやった。

次の日、俺の家のチャイムが鳴り出ると若妻だった。
目がうつろでセクシーな顔。

手を引いて家に上げ、応接間のソファーに座らせた。

ペニスを出すとすぐに咥えてきた。
若妻をソファーに押し付け、スカートをまくってパンティを下ろし、おたがい着衣のままハメあった。

終わるとしばらくして若妻は言った。
「私、子供を生んでから夫としてないの、体が燃えて我慢できないから毎日オナニーしてたの」

そして「明日もお願い」と言ってきた。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする