Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「いいよ、逝っちゃって」とささやかれ彼女の手の中に出してしまった・・ [セックス体験談]

この間、男三人でスナックに飲みに行ってしばらくしたら、高校の先輩の女の子
3人組が来て一緒に飲みましょうということになったんですよ。
ちなみに、みんな結婚しているし子供もいるんだけど。
俺はその中の浩子さんと話しているうちに、週に何回エッチしていると言う話になったんです。浩子「ねえ、今週何回してる?」
俺「はっ・・・何がですか・・・」
浩子「何がってさ、あれよエッチしてる?」

俺「ええ、まあ・・・」と言ったものの、実はここ2ヶ月くらいしていない。

五歳と二歳の子育て中で、下の子供を寝かしつけるうちにカミさんも寝てしまう。

時々迫ってみるけど、何かぐっすり寝てるんだよな。

で、なんとなく、していないわけと話したら。

浩子「えっ、してないの、インポじゃないよね」

俺「いや違いますよ、」

浩子「じゃあ我慢してるの? そんなこと出来ないでしょ、もしかしてソープ?」

何でスラスラ答えてしまったのか、自分でも良くわからんけど
俺「いや、まあひとりで・・なっ」と言ったとき、間髪いれずに
浩子「マスターベーションしてるの」と。

俺は先輩の口からそんな言葉が出てくるとは思わなかったし、「オナニーしてるの」と言われたらピンときたかも知れないけど「へっ?」と言って先輩の顔を見上げたら、すごいクールな目つきだった。

目と目が合った瞬間、ムクムクと勃起しました。

浩子さんはすぐそれに気づいたんでしょう。
浩子「何か、かわいそうだね、抜いてあげようか」と小さな声で言われました。

何かいけないと思いつつも、彼女のクールな目つきが俺の心をわしづかみに
してしまいました。

こんな恥ずかしいことを話してしまったし、知られたと言う恥ずかしさが、
彼女の言いなりになりたいと思わせたのか・・・。

彼女は子供が心配だから帰るといい、俺も仕事の都合で明日の朝早いから帰る
ということにしてスナックを出ると、近くのビルの陰でしごかれました。

しばらくぶりの女性の手の感覚に、あっという間に逝きそうになったけど
寸止めされて、焦らされるのを5、6回繰り返したかな。

こんな所で誰かに見られたらという緊張感と快感に我慢できなくなって
「お願いです、もう・・逝かせて」とお願いするけど逝かせてくれないんです

彼女を見ると勝ち誇ったような顔しているんです。

膝がガクガクしてきてしがみついたときに「いいよ、逝っちゃって」とささやかれ、
彼女の手の中に出してしまった。

ハアハアしてると「もう一回だね」と言われて、ぬるぬるの手でゆっくりとしごかれた。

それから、しごかれて6回射精させられました。

あのときの彼女の目つき、今思い出しても興奮してしまいます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする