Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スパートを掛けるとあっと言う間にイってしまった… [エッチな話まとめ]

寛子と出会ったのは僕が27歳、彼女が40歳の時。
バイクツーリングの時に、寛子は旦那に連れられて来た。
まだ免許を取って数ヶ月。まるっきり初心者の浩子は、みんなに着いて行けずアタフタしていた。旦那は・・・ アレ?見捨てたのか?
しょうがないので僕が寛子をゆっくりだが誘導して走った。
帰る頃には随分慣れたみたいで、どうにかみんなに着いて走れるようになった。
解散の時に、
「今日はこんなトロい私の面倒を見てもらって、ホントにありがとう。迷惑だろうけど、またツーリングで一緒になった時はお願いしますね」
と言われた。一回りも年上だけどちょっとカワイイ

それから何回かツーリングに行ったけど、僕のすぐ後ろは浩子が定位置として走るようになった。

8月末、寛子から連絡があった。食事のお誘いだ。
二人で食事をし、ドライブに行った。
ちょっとした高台の公園へ夜景を見に行ったが、風が強くて寛子がよろめく。僕は彼女の体を支え、風除けとなり車へ戻った。

会話も弾んだのだが、そのうち大人の雰囲気に・・・ でもなぜかオッパイの話(笑)
僕はダメ元で「オッパイ触ってもいいですか?」と聞くと、寛子は頷いた。
最初は服の上から触った。いいかな?っと思った僕は、服の中へ手を入れてブラの上からオッパイを揉んだ。

止らない。すぐにブラの中へ手を滑り込ませ、直接揉んだ。
揉みまくった。
寛子はオッパイが感じてるのではなく、雰囲気に感じてる様子だ。

「あん、 ちょっと痛いけど、もっと触っていいよ」
たまらなくなり、寛子にキスをした。
キスをしてオッパイを触っていると、当然僕のチンコはギンギンに・・・

寛子は気付いたらしく、ズボンの上から触り「大きくなってるね。ヌいてあげよっか?」
僕は迷わず「お願いします」と言うと、寛子はベルトを外してズボンとパンツを脱がせてくれた。

2,3度手でしごくとすぐに口に咥えた。
ペロッ ジュルッ ジュポジュポジュポジュポ あん、 すごい ジュポジュポ・・・
すごい気持ちいい。

10分か15分か、寛子は夢中でフェラチオをしてくれた。僕はもっと堪能したかったが、我慢できずに寛子の口の中に大量に果てた。

でも僕とチンコは収まらず「セックスしたいです」
と言うと寛子は「生理中だから大変だよ?まぁ、終わりかけだけどね」
僕はそれでもいいからしたかった。そしてホテルへ移動。

シャワーを浴び、ベッドに横たわる。寛子は「明るいと恥ずかしい」と言うので、明かりは少し暗めに。

バスタオルを外し、僕は寛子の体中を愛撫しまくった。40歳とは思えないほど肌がスベスベで張りがある。

キスをし、オッパイを揉みまくり、クリを攻めた。アソコを舐めようと思ったが、生理中なので断念・・・
指を入れたが、中はキツい。出産はしてないらしいし、旦那とのセックスも無いらしい。

少しフェラチオをしてもらい、いざ挿入・・・
「ちょっと痛い」寛子は痛がった。
処女ではあるまいし。女って暫くしないとそんなものなのか?

でも僕は余計に興奮してしまい、ゆっくりだが動いた。
正常位のみだが、オッパイを揉み、キスをし、舌を絡めながら突いた。
ゆっくりだったピストンもいつの間にか激しくなり、僕はイキそうに。

「もうイキそうなんだけど・・・」と言うと、
「ん、生理だから中に出してもいいよ」
さらに動きは激しくなり、僕は中出しした。

その後寛子とは頻繁に会うようになり、たくさんセックスをした。
40歳には見えない美貌と、明るい性格、そしてセックスとどれをとっても最高だった。

最初の頃より寛子はだんだん濡れ方が凄くなってきている。
最初は濡れにくいなぁ~と思っていたのだが、数ヶ月後にはキスをするだけで濡れるようになっていたらしい。

でも指を入れられるのは苦手らしく、愛撫は乳首とクリ攻めが多かった。
僕が寛子のクリを吸うと「んぁああっ はうぅっ ああん」と喘ぎまくった。そうとう気持ちいいみたいだ。

今度は寛子がオレのチンコをしゃぶる。ネットリしたフェラチオ。
竿をしごき、カリを舌で転がす。次はを竿を舐め上げる。何度か舐め上げると、カポッと咥えてジュルジュルと唇でしごく。手は玉を揉んでる。

続いて玉を舌で転がす。転がしては吸い付くように舐める。暫くこれらを繰り返すと、玉から下の方を舐めてくる。ん?と思ったらアナルを舐められてしまった。気持ちいい~

暫くフェラを堪能したあと、ヌレヌレの穴にぶち込んだ。
強弱を付けながら突付くと寛子は堪らない顔をし喘ぐ。
「はぁ~ん あん あん あん んああぁんっ」
激しくピストンして、ピタッと止める。寛子が「???」ってなったらまた激しくピストン!!そしてまたピタッと止める。

今度はカリで入り口付近を刺激してやる。「ねぇ、ねぇお願い」寛子はせがむ。
暫く焦らしてやると、足をバタバタさせて懇願してくる。カワイイ
そこからスパートを掛けると、あっと言う間に寛子はイってしまった。

オレはまだ止めない。ずんずん突付きまくると「ああん、もうダメ 止めて んあっ はぁあんっ またイッちゃう イッちゃう~っ」って1分も経たずに2回目の絶頂に達した。

今度はバックで挿入。寛子はバックはほとんど経験がないらしく、恥ずかしそうにしている。それがそそるのだが(笑)

パンパン突く。お尻の形が綺麗なんだよなぁ~って思いながらパンパン突付く。寛子は恥ずかしさからか、気持ちいいのか、お尻を左右に振るので追いかけて突きまくる!!
腰骨の辺りを掴みだんだん激しくなると、寛子はまた大きな声で喘ぎだした。

僕はそろそろイキそうに。寛子もイク寸前だ!

もう爆発寸前「お願い中に出して、中に出してぇ~」と言われたので、しっかりお尻を掴んで中に思いっきり射精した。同時に寛子もイッたようだ、体を仰け反らせながらケイレンしていた。

人妻に中出し!気持ち良かった~



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする