感度のいい人妻をイカせまくって中出し


つい先日、チャットで知り合った人妻に中出ししてきたので、報告します。
会社を平日お休みし、暇だったのでチャットをしていたところ、大阪のとっても甘えんぼな人妻と出会うことに成功しました。
その後、1ヶ月ぐらいメールを続け、電話を2度ほどした後で、俺の大阪出張をきっかけに、会うことになりました。
俺が大阪のとある駅で降りると、約束通りに迎えにきてくれ、その子の車でラブホへ直行。
服の上からでもわかるぐらいの巨乳。
おっぱいの大きさに、あまりこだわりの無い俺でも、目は自然にそこに行ってしまいます。

部屋に入った後、少しソファーでお話して、話の切れ間にキスをしました。
舌がすっごくやわらかく、フェラは絶品であることが期待できました。
長いキスの後、胸に舌を這わせると、ピクピクと体が反応。
かなり感じやすいようです。

洋服の上から胸を触ると、そこでもピクピク。
服を脱がせ、乳首をなめると、大声をあげて感じ始めました。

初めて会ってからわずか20分ほどなのに、上半身はすでに裸です。
お姫様抱っこしてベットへ連れていきました。

ベットに入るなり、まずはジーンズを脱がせて、パンティ1枚の姿にしました。
パンティは、中央にすでにシミがあり、濡れているのが手にとるようにわかりました。
胸を散々もてあそんだあと、手を下へ持っていくと、やはりそこは濡れ濡れです。

クリに触れた瞬間に、「はああ」という声。
相当敏感なので、まずはクリでいかせてあげることにしました。

クリを右手でいじりながら、耳元で言葉攻め。
「ほらもうこんなに濡れてる」
「ここ弱いんでしょ」
「一人エッチの時もここを触っているのかな」
「この音誰の音?」
とかです。
言葉攻めされるたびに、あそこはどんどんあふれていき、体をピーンと伸ばした同時にいったようです。
これでまずは一度目。

次は、中に指を入れます。
こやつは、中も相当に感じるらしく、指でぐちょぐちょにかき回してあげると、1分とたたずにいってしまいました。

面白がって、そのままいってもとめないでしていると、連続でいってしまい、たった10分ほどで7回ほどいったでしょうか。
感じている時の声が、すっごくかわいい声だったので、なるべく体と顔を見ないようにしながら、指を動かし続けました。

そうしているうちに、
「もうだめ」「いきすぎておかしくなりそう」
と言っていたきたので、
「じゃぁこれはいらない?」
と、顔の目の前にちんちんを出してやると、
「う、うん、これが欲しい」

「いれる前にすることあるよね?」
と言うと、黙って舐めてきました。
やわらかい舌でぺろぺろされ、フェラは誰に鍛えられたのか、絶品でした。
あぶなくいきそうになったので、ここは我慢です。

そして、お口からちんちんを抜き、また指マンの開始です。
なぜここで指マンかと言うと、生で入れるためです。
指ではすでにいきすぎるほどいっているので、本物が欲しいはず。
そうすると、自然に「指じゃなくおちんちんちょうだい」となるのです。

しかもフェラでぐちゅぐちゅになったおちんちんですから、すんなり入るんです。
案の定彼女の口からは「おちんちん頂戴」の声が。
しょうがないなぁという態度をしながら、そのまま生で入れました。

拒否反応は無く、むしろ喜んでいるようです。
指でしている時から思っていたけど、彼女のここはものすごく狭い。
ちんちんがヨダレで濡れていなかったら、すんなり入ることは無かったと思います。
奥まで入れてそのままで居ると
「いっぱい突いて」
とのこと。
言われた通りに、激しく突いてやると、1分ともたずにいってしまいました。

そのまま突き続け、耳元で
「狂わせてあげる」
と言うと、彼女の体に鳥肌がたつのがわかりました。
かなりのMです。

これを確認した俺は
「ほら言ってごらん私を狂わせてって言ってごらん」
と言うと、あえぎ声に混じりながら、大きな声で
「狂わせて」
と絶叫してました。

クリを触りながら、中を色々な角度から突き続け、
「あだめあたってる。。そこすっごくいい」とか
「クリはだめだめ。またいく~」とか
「おちんちんすっごく大きい硬くてすごいの」とか
「だめだめだめ~もういきすぎてだめ~」
とか言いながら、何度いったかわからないぐらいに、いっていました。

俺にも射精感が襲ってきたので、
「そろそろいってもいいかな?」
と聞くと、
「いって。一緒にいきたい」
と言うので、ピストンのスピードを速めました。

そろそろいくと言う時に、
「どこに出して欲しいか言ってごらん」
と聞くと、
「わかんない。好きなところに出して」
と言うので、
「中でいくよ」と言いました。

さすがに拒否反応があり、
「できたら困る」とか
「子供ができちゃうからダメ」
とか言ってたけど、
「本当は中に出して欲しいでしょ俺のものを受け入れたいんでしょ?」
と聞くと、素直にうんとうなずきました。

「中に出してって言ってごらん」
と言うと、少しためらいながら、
「中に。。中に頂戴」
と言ってきました。
「声が小さくて聞こえないから、抜いちゃうかな」
と言うと、大きな声で、
「中に出して。私の中に出して~~~~~~」
と叫んできました。

「じゃいくよ」
の声と共に、スピードをさらにあげ、彼女も
「いくいくいく」
と連呼している中で、彼女の一番奥に発射しました。
どくどくと熱いものが放出されるたびに、彼女の体がぴくぴくしていました。

「ぴくぴくしてるよ」
と言うと、
「すっごいの。熱くて。また感じちゃう」
と言うので、
「ここで動かしたらどうなるかな?」
と言いながら、まだ小さくなってない息子を動かすと、数度突いただけで、さらにいってしまいました。

しばらくつながったままで居たけど、その後抜いたらドロっと出てきました。

腕枕をしながら会話していると、
「こんなにすごいエッチは初めて」とか、
「旦那ともゴム付きなのに、生で入れられたら感じすぎて、どうしようもなかった」とか、
「あなたのはすっごく大きくて硬い。こんなにいいのは初めて」
など、うれしくなるようなことをたくさん言っていました。

その後、彼女と俺はシャワーを浴びて別れましたが、その後は連絡をとっていません。
次の出張の時にでも、もう1回声かけて会おうと思っています。