Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チャイナドレスのスレンダーな体の女性と・・[エッチ体験]

もう5年も前の事ですが、韓国に出張した時に、商売仲間とカラオケに行きました。

そこで、好みの娘を選ぶのですが、一目で気に入った娘がいたので、即決です。

彼女はスレンダーな身体にチャイナドレスを着ていたので、すごくセクシーに見えた。

隣に並んで座るとこの業界の教え通りに手を私の膝においてまま、おしゃべりしたりして楽しい時間を過しました。

帰り際に仲間の一人が『今夜、つれて帰る?』と云うので、

初め何の事か判らず『誰を?何処に?』と云ったら『彼女が良ければ、どう?』といわれ

まあ、ホテルに一人で帰っても寝るだけだから、暇つぶしにバーで、飲むくらいと考えていたら何とホテルに入ると部屋まで、来るではないか。

驚いた俺は、彼女のするがままにさせていた。

彼女はソファー荷物を置いて座り、俺は少しだけメールがあるかパソコンを見ていたら、

二言三言会話をして『貴方、仕事?私シャワーしていい?』と言ったから

『いいよ、チョットメールだけね』と答えてメールに返信してると何と彼女はバスローブを来てシャワールームから出てきた。

それでハッキリ理解した俺は、パソコンを終わらせ直ぐにシャワーを浴びてタオルを腰にまいて出てきたら、

彼女はバスローブをベッドの上に広げてシーツに包まって俺を待っていた。

直ぐに彼女の横に入り込んで彼女を腕枕して少し話をした。

その間、彼女の白く透き通るような細い手で俺の胸や、腹部を擦ってくれて、その内に俺のジュニアを探り扱きはじめた。

俺も彼女にキスをして胸を弄り乳首を指で弾くと『ウウーン』と鼻にかかった声をあげた。

彼女は細身でバストも小ぶりだか形のよい綺麗なオッパイをしていて、それを口に含み舌で乳首を転がすと呼吸が乱れてきた。

バストが敏感のようだ。

おれのジュニアが適度に硬くなると彼女は身体を起こして慣れた手つきでゴムを被せると馬乗りになってジュニアを自分の花園へ

導くとスルリとそれの全てを飲み込んだ。

少しきつめの彼女の中は時折、キュッキュッと締め付けて、ジニアを刺激しながらピストン運動を始めた。

心地よい摩擦でジュニアをしごき、だんだん早く出し入れしながら彼女の呼吸も荒く喘ぎ始めると、

自分から体勢を交換して俺が上になり彼女に挿入、

ゆっくりと彼女の中を味わいながら、オッパイを吸ったり、乳首を転がしてやると『アン・・アン・・』とピストン運動にあわせて可愛く鳴き、深く挿入すると顔を顰めたりしながらアクメに達したようなので、

そろそろ俺も我慢出来ずに抽送を早めてスペルマを放出して果てた。

彼女の膣はヒクヒクとまだ俺のジュニアを締めていたのに、

俺のジュニアは、そのまま萎れたまま復活しませんでした。

残念!!

しっとりとした肌と可愛い顔、卑猥に蠢く膣、こんないい女が、目の前にいるのにもったいないと思いながらも、

しばらくして彼女が起きてシャワーを浴びるのを待ってから着替えをしてロビーまで見送りに行きエレベーターの中でキスを交わして別れた。

今でもメール交換をたまにしてるけど、なかなか韓国に行かないので、寂しいです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする