もう入れて…おまんこに入って来て![エッチ体験]

もう数年前の話なんですが、当時ハマってた2ショットチャットで知り合った人妻・瑞穂・26歳との体験を話します。
瑞穂は当時結婚3年目の人妻で、性欲は人一倍有るのに最近旦那が構ってくれなく、俺も女房が極めて淡白なモノでお互いの不満をチャットで愚痴ってました。
立場が似ている所為も有ってか直ぐに意気投合し、その後暫くはメールで話をしていました。
そんな関係が数週間続いた後、どちらともなく逢ってみようかという事になり、互いの都合を調整し約束の日に。

その頃にはお互いの性癖なんかもざっくばらんに話せる位の仲になっていたのですが、いざ本人に遭うとなると流石に緊張しました。

約束の場所に車で乗り付け待っていると「コンコン」と窓ガラスを叩く音が。
助手席のドアを開けると瑞穂が滑り込むように乗り込んで来ました。

「ごめんね~、少し約束の時間に遅れちゃって・・」
「いや、気にしなくても良いよ」
などと他愛の無い会話をしつつ、瑞穂の身体を見ると白のサマーセーターにタイトミニ。

瑞穂の身体は決してスレンダーという訳では無いのですが程よい肉付きのムチムチ系。
露な太ももや突き出た胸を観ると理性も軽く壊れかけ、思わずディープキス。

「あ・・・むっ・・・」
瑞穂の舌を吸い出すように舐めまわすと、俺の口の中にも積極的に舌を入れて来ます。
数分互いの唾液を交換し合うと、
「コウタさんのキス、すごーい・・・Hなんだぁ~・・」
と満更でもない様子。

そのまま直ぐ近くのホテルまで、瑞穂のすでにグショグショになったおまんこを指で弄りつつ直行。

ホテルの一室に入ると即座にベッドに舌を絡めながらゆっくり倒れこみます。
すでに車の中で前戯が済ませたも同然でしたが、瑞穂のおまんこの味を堪能したかったので、下着だけ脱がせクンニを始めます。

「あ・・や・・ぁひっ!」
舐めても舐めても溢れ出す愛液にこちらも大興奮です。

「瑞穂って、メールでは知ってたけど、マジでエロいんだな~」
「や~・・だって久々だったし・・・」
「すっごいぞ、瑞穂のおまんこ。大洪水じゃんか」
「あ・・恥ずかしい事言わないで~・・・あ・・ああっ!」
おしりから太ももにかけて細かに痙攣させながら、イッてしまいました。

「・・やーん、クンニでイカされたの、ホント久しぶり~」
ゆっくりと起き上がり、上着脱ぐと
「んじゃ・・こんどは私の番ね」
と言いながら俺のギンギンになった肉棒を握りしめて来ました。

瑞穂はちんぽを握り締めながら
「あ・・すご・・おいしそう・・・」
そうつぶやくと、ゆっくりと喉奥に肉棒を咥え込んで行きます。

「ジュポ・・・ジュブ」
「あ・・おいひ・・アム」
数ヶ月ぶりのちんぽの味を堪能するように、数十分もフェラを止めようとしませんでした。

「瑞穂、やばい。もうイキそうなんだけど」
俺は当時、中出しよりも口内射精の方が好きだったので、瑞穂の口にたっぷり出したいと思っていたのですが・・

「コウタさんさ、メールで話してたケドコウタさんのザーメンって本当にそんな勢い良く出せるの?」
「へ?」

そうなんです。前に瑞穂とメールで話をしてた内容が、「俺のザーメンって凄く勢い良く出ちゃうんだよね。正常位で出しても顔面射精になっちゃう」
そんなやり取りを瑞穂は覚えていたようで、是非その勢い良く出るザーメンを目の前で見てみたいと・・

この話に嘘偽りは無いんですが、こっちはゴックンを期待してたんですよね。
しかし、「時間もまだたっぷり有るし、1回位見せてあげても特に問題ないか、ガマンガマン」なんて思い、
「んじゃ、見せてあげるよ」
と少々ガッカリしつつ射精を見せてあげる事にしました。
これが後の大逆転に繋がるとは思ってもみずに。

バスルームに移動し、また暫く瑞穂にネットリフェラをしてもらいながら
「イクぞ!!」
と本日最初の大爆発。

「ジューーッ!!ジュッ!ジュッ!」
正座をしながらしゃぶって居た瑞穂の顔の真横で大量の射精を見せてあげました。

ザーメンは、さほど広くは無いとはいえバスルームの端から壁めがけてべっとり着いてしまいました。

瑞穂は暫し目をまん丸にしながら
「・・・すっご~い。ホント、凄く勢い良く出るんだね!初めて見た~・・」
と、関心しつつ肉棒を握り締めて放しません。

「ふぅ~。ね、勢い良いっしょ」
まだ硬いままのちんぽを一旦洗おうかと思っていたら、瑞穂が肉棒に着いているザーメンをペロッと舐めながら
「・・・こんな勢いの良いザーメンを中で出されたら・・・どーなっちゃうんだろ」
と呟きました。

「え?でも中出しはヤバいんじゃないの?」
俺が聞き返すと
「・・・今日ね、安全日なんだ。私も最初はゴムでしようと思ってたんだけど、こんの見せられたら・・」
と言いながらモジモジしてます。

「旦那に中出しされてるんでしょ?」
「うん。でも旦那の射精は「ドロッ」って感じだし。こんな勢いは無いよ~」
そう言いながら俺の肉棒を強く扱いてきます。

「瑞穂が体験したいって言うなら喜んで・・」
そういいながら再びベッドへ。

69でお互いの性器を丹念に愛撫した後、瑞穂が
「お願い、もう入れて。おまんこに入って来て!」
頬を上気させながら、これから体験する未知への期待に胸を躍らせている様でした。

「それじゃ、イクぞ~!」
丸みを帯びた形の良い瑞穂のおしりを突き出させ、バックから一気に挿入します。
「アヒッ!」
既に受け入れ準備がとっくに出来ていた瑞穂のおまんこに、ちんぽがにゅるっと飲み込まれました。

瑞穂の膣奥はすでにその期待感からか、ヒクヒク波打つように動いており、亀頭の辺りを締め付けて離しません。
その抵抗感がさらに刺激を与えてくれ、かなりの快感が襲ってきます。

「あー、瑞穂のおまんこ、凄く締め付けるな~、凄く気持ちイイぞ」
「うれしい~~あ~、コウタのちんぽも硬くて・・・素敵ィ!」
そんな会話をしつつ、リズミカルに激しく腰を打ち付けると
「アッ!アッ!アッ!」
と瑞穂もそれに合わせ悲鳴に近い声を上げます。

体位を正常位に変え、さらに激しく子宮口近くを刺激すると
「アーーー!もうだめッ!!ダメッッ!!」
瑞穂が絶叫すると膣の締め付けもMAXに。

「そろそろ・・イクぞ!」
瑞穂の腰を浮かせ、ベッドにほぼ直角になるような形で腰を打ちつけ
「出るッ!」
年甲斐も無く俺も叫んでしまい、ほんの一瞬ですが動きを止めた肉棒から次の瞬間、大量の射精感が脳みそを直撃しました。

先ほどバスルームで響いたザーメンの飛び散る音が、今度は瑞穂の膣内で響いて居たと思います。

「ジューーーーッッッ!!ジュルッ!!ビュルルッッ!!」
ザーメンが瑞穂の膣奥の、子宮口に物凄い勢いでぶつかったと思われるその刹那、瑞穂も
「ァヒィィーーーッッ!!」
と絶叫しながら果ててしまいました。

俺も暫くは自分の肉棒を瑞穂の一番奥に挿入したまま暫く動かず、徐々にその硬さを失いかけた頃にゆっくりと抜きました。

ズルンという感じで全てを抜き去ると、それに追いすがるように大量のザーメンがジュプジュプと流れ出てきました。

W不倫という立場上、本来は気を付けなければいけない事と知りつつ滴り落ちるザーメンを眺めていると、背徳感と満足感の入り混じった複雑な感情に飲み込まれて行ったのを覚えています。

その後、2年ほど瑞穂とは関係を持ち続けました。
長文失礼しました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする