母親ほど年の離れた熟女に甘えながら中出しSEX


僕は23歳で年下の妻と暮らしています。
ですが1年前から、仕事の関係で訪問した55歳の熟女(雅子さん)と関係しています。
彼女の旦那は単身赴任中で、息子は仕事の都合で他県に住んでいるそうです。
初訪問時、仕事が片付いてお茶を頂いてるときのことです。
部屋にピンクのパンティー、ブラが干してありました。
僕がその下着を見ていると、
「あらこんなオバサンの下着みても嬉しくないでしょ?」
なんて雅子さんが言ってきました。

僕は「いいえ!そんな事無いですよ!」と言いながら携帯を弄ったりしてごまかしいると、偶然にも雅子さんと同じ携帯だったので、雅子さんが、
「あら私も同じなのよ」
と言ってきました。

使い方がよくわからないので教えて欲しいというので、メールの仕方とか教えてあげ、僕の電話番号もついでに教えました。

その日の夜、早速雅子さんからメールが来ました。
「一人暮らしなので、また近くに着たら寄って下さい。休日は暇で困っています」
などと書かれていました。

適当に返事を送ると2~3日おきにメールが来るようになり、ちょっとエッチな事も書いてくるんで、初訪問時の部屋に干していたピンクの下着の事を、
「普段あんな下着付けてるんですか?実はちょっとドキドキしちゃって」
なんて返信しました。

すると雅子さんが、
「あの下着付けてるとこ見たい?」
と書いてきました。

その後数回メールのやりとりが有り、雅子さんが、
「何か欲しい物買ってあげるからエッチしよう」
と書いてきたので、次の日の夜 雅子さんの家に行ってしまいました。

最初のセックスはあっさりとすぐ挿入して射精した感じです。

55歳で、地味で、ごく普通のどこにでもいるオバサンて感じですが、オッパイがすごく大きいんです。

だいぶ揉まれていなかったらしく、僕がオッパイを揉むと「ああん」と声を上げます。
僕はオッパイを揉みながら挿入し、激しく突き上げました。
雅子さんは「ひーひー」よがり声をあげながら僕にしがみついてきます。

射精の瞬間には「きゅー」とおまんこを締め付けてきました。
55歳で僕の母親と同じくらいなのに、こんなに気持いいおまんこだとは驚きでした。

それから月2~3度週末に彼女の家を訪問する様になりました。
今は「今からオッパイ飲みに行っていいですか?」とか「パンティーとブラジャーだけになってベッドで待ってて」とか電話で言うようになりました。

家に行くと、彼女はベッドに入って待っています。

ブラジャーからオッパイを出して、
「ほらオッパイあげるから早く来なさい」
とか言ってきます。

やさしい表情で頭を撫でながらオッパイを飲ませてくれます。
何だか母親に甘えているようでちょっと妙な気持ですが、すごく興奮してしまいます。

「今度はアナタのも飲ませて」
とフェラしてくれて精液を飲んでくれます。

ときどき彼女の顔と母親の顔がダブって見えてしまい、ドキッ、としてしまいますが、射精のときは妙に気持がいい。
何だか母親としているような気持になってしまいます。

挿入は中出しOKです。中に出したり、オッパイや顔にかけたりもしてます。

彼女は家では黒のスパッツが基本ですが、僕が行くときはスカートを穿く様にお願いしています。

台所でお茶の用意をしているとき、下からスカートの中を覗き込むんです。
母親のスカートの中を覗いているようでとても興奮します。

妻とのセックスも十分いいのですが、母親のような彼女とするときはもっと興奮してしまいます。

母親に甘えたい気持がまだ残っているのかもしれません。