母の遺影の前で叔母さんと中出しSEXしてしまいました


母の一周忌が先日私のアパートで密かに行われました。
その日の夜、母の妹である「叔母さん」と二人で、母の仏壇の前で夕食をとりました。僕から勧められるままにお酒を飲みながら、叔母さんは母との思い出話をしてくれました。いつの間にか話題が変わり・・・叔母さんの別れた旦那の話、僕が3ヶ月前に別れた彼女なんかの話で盛り上がり、時計を見たら12時近くになっていました。
僕は冗談半分で「もう遅いから今日泊まっていきますか?」と尋ねたら、叔母さんは「だったらお言葉に甘えて泊まらせてもらおうかな?」と思いもよらない返事でした。

叔母さんが炊事場の後始末をしているあいだ、僕は勧められるがままにお風呂に入ることにしました。

湯船に入って少ししたころ、外から叔母さんが「背中流してあげようか?」と聞いてきました。

叔母さんが酔ってふざけてると思ったので「じゃあ、お願い」と返したら・・・「少し待ってて」と叔母さん。まだかなり酔ってたみたいでした。

ガラス越しに叔母さんが服を脱ぐのが見えます。おいおいマジかよと思いつつ、思わず凝視してしまいました。

ブラジャーとパンティーがガラスを通して白色なのが分かりました。
背中を流すといっても全部は脱がないだろうと思っていたら、叔母さんはなんとブラジャーもパンティーを脱いでしまいました。

ドキドキしているうちに、ドアがガチャリと開きました。
叔母さんは、小さなタオルで前を隠していましたが裸でした。

「恥かしいからあまり見ないでよ、お風呂狭いから、濡れちゃうから、裸で来たの」
そういって狭い湯船に入ってきました。

風呂桶をまたぐ時、黒々としたおまんこの毛が見えてしまいました。
お風呂につかると、タオルで胸を隠してはいるものの透けてしまって、大きな乳首も見えています。

「叔母さん、タオル使って隠しても透けてるよ」
「あまり見ないでよ」
叔母さんは諦めたようで、タオルを外しました。大きなオッパイがあらわになりました。

狭い風呂桶に2人入るとかなり密着した状態でした。
僕の足の間に叔母さんが入り込むような向かい合わせの格好だったので、ちんちん丸見えです。叔母さんのお尻のあたりに僕の足が当たっていました。

僕は童貞でまだ経験がありませんでしたが、叔母さんの姿にちんちんが少し大きくなりました。

「じゃあ洗おうか」と恥ずかしそうに叔母さんは湯船から立ちました。
一糸まとわぬ女性の裸を生で見たのは初めてでした。

少し太り気味なのか、小柄な割りに大きなお尻、すこし肉の付いたお腹。
前からなんとなく思ってはいましたが、やっぱり巨乳で、柔らかそうで、大きく揺れていました。

風呂場が狭かったので後ろからは無理です。
正面から向き合うように椅子に座らされて「最初頭から洗うね」と優しく僕に言ってくれました。

叔母さんは膝立ちで頭を洗ってくれています。
頭にオッパイが当たったりで、僕は恥ずかしかったので下を向いていたのですが、たまに目を前に向けると丁度おまんこの毛が視界に入ります。

「どう気持ちよかった」
「うん」
「人に洗ってもらうの気持良いからね、はい、今度は背中向いて」
と今度は背中を洗ってもらいました。

「なんかソープみたい」と言ったら「ソープなんかいくの?」と驚いたような返事が返ってきたので「ビデオで見ただけで行った事なんかない」と正直に答えてしまいました。

少しの間のあと、叔母さんがオッパイを背中に押し付けてきました。
「ビデオで見た事をお話してよ。その通りしてあげるから」
「そんなのいえません」
「言っちゃえ」

叔母さんが興味津々なので、僕も諦めました。
「あそこの毛で泡立てて手を洗ったり、おちんちん洗ってくれて・・・」
と見たままに説明したら、なんと叔母さんはソープの真似をし始めました。

僕も興奮しましたが、さすがに叔母さんのおまんこを堂々と触るわけにもいきません。
こっそりおまんこの表面をこするだけでした。
初めて女性のおまんこの感触、ほんのり粘り気を感じました。

叔母さんが「ちょっと立って」と僕を立たせ、ちんちんを手洗いしだしました。
今までの刺激でちんちんは物凄く反り返っています。

「ワー、凄く元気で立派。おばさんに悪戯されてもこんなになってる」
と言いながら叔母さんは手で丁寧に洗い、お尻の方まで洗い始めました。

「叔母さん色っぽいしね」そう言うと「なんか15歳も歳下の君に言われると嬉しい。ありがと。御礼」とチンチンを咥えてきました。

「固い、大きいのね、若いから」
と言いながら叔母さんのネットリとした舌使いで、チンチンに微妙な刺激が加わります。

片手はちんちん、片手は金玉を刺激されているうちにイキそうになって・・・
「ハイお終い、後でね」とストップされてしまいました。

洗い終わって僕を湯船に入れると、叔母さんも手早く身体を洗い、湯船にまた入ってきました。今度は僕の足の間で、背中向けです。
なので、叔母さんのお尻に固くなったちんちんが当たってました。

「オッパイ触っていいよ」と叔母さん。
恐る恐る両手を胸に持っていくと、大きなオッパイで柔らかい感覚でした。

触っているうちに叔母さんの息が荒くなっていきます。
しかしまた途中でおしまいでした。お風呂を出て、叔母さんは「待っててね」と先に風呂場から出ていきました。

少しして「出てきて」と叔母さんから呼ばれて、出るとバスタオルを巻いています。
「体拭いてあげるね」と僕を綺麗に拭いてくれ、バスタオルを巻いてくれました。

部屋に戻ると、布団の横にはもうひとつ布団がひいてありました。
叔母さんは僕を寝かせてバスタオルを取り「絶対秘密よ」とキスしてきました。
頭の上には母の仏壇があったので、母に覗かれながらになるのでしょうか。

そんな中、叔母さんはキスの舌をネットリからませてきて、そのあと僕の乳首を舐めて刺激してきました。

僕がオッパイを触ろうとすると「何もしなくていいの」と言ってさらに舐めてきます。
大きな乳首がお腹にあたり刺激となり、段々下の方を舐めていき、手で優しくちんちんを刺激してきました。

少し咥えると今度は太股から足を舐めてきました。そしてまたジュルジュル、チュパチュパと部屋中に響き渡る音を立てながらフェラチオをし始めました。

そのうちオッパイを僕の顔に持ってきて「吸って」とおねだりしてきました。
吸いつくと「あ~ん、気持い、もっと、強く噛んで」と叔母さん。
大きな乳首が立って更に大きくなり始めました。

今度は僕の顔をまたぐと、濃い毛のおまんこを押し付けてきました。
目の前にはビデオでしか見た事のない、かなり大きなピンク色したクリトリスがありました。

舐めているうちに口の周りがグチョグチョになるほど、叔母さんのお汁がでてきました。おまんこ独特の香りがしましたがそれも刺激になりました。

叔母さんは「もう我慢できない。淳史くんのおチンチンが欲しいの」と騎乗位でまたがり、チンチンを手に取って、自分のおまんこに突き入れてしまいました。

叔母さんは一瞬顔をうっとりとさせて「あっ、きつい、太くて堅い」と言いながらも、すぐに奥までメリメリと入れてしまいました。

叔母さんのおまんこの穴は身体も小さいからか、締りがよく、ヒダが絡みつくようでした。

僕が腰を動かそうとすると「今はいいの」と言って、僕の上で前後に動かし始めました。
「あ~ん気持良い、固いよ」と言いながらお尻を振ると、目の前で大きなオッパイが揺れてます。

鷲掴みにしてやると「淳史くん、乳首摘まんで」と言われたのでキツくつまむと気持ちよさそうに声をあげます。

そのうち叔母さんは腰を浮かせて出し入れ始めました。僕があわせて腰を使うとあえぎ声が大きくなりました。

叔母さんのおまんこに僕のチンチンが入るのがよく見えました。チンチンは段々お汁でテカテカしてきました。

叔母さんは「ダメ、だめ、駄目」と言って倒れこんできてディープキスをしてきました。
大きなオッパイが胸にあたり擦れました。
体位を変えようとすると「今は良いの、このまま」と動きたがりません。

激しくお尻を振るので僕はもうイキそうです。
「イキそう、叔母さん」
「そのまま、そのまま子宮にかけて」
と言われたと同時にチンチンがドクドクと波打ち、叔母さんの子宮の中へ精液をたっぷり注ぎ込んでしまいました。

叔母さんは僕に抱きついて倒れこんできて、キスすると「気持ちよかった?なんかいっぱい出したみたいね、可愛い」と激しい息づかいをしながら尋ねてきました。

「うん。僕童貞だったんだ。だから絹子叔母さんが僕にとって最初の女なんだ」と訳のわからない事を言ったのを覚えています。

「ワー、ホント!うれしい。でも童貞にしてはうまかったわよ」
「ビデオで見てたのを真似ただけです」
「この年になると若い子とセックスするのが嬉しいのよ」
と笑いながら叔母さんも嬉しそうにしていました。

少しの余韻を楽しんだ後、叔母さんが僕のチンチンをゆっくり抜きました。
僕の顔付近に来て股を広げると、おまんこの奥から僕の精液がドロリと垂れて出てきました。いやらしい光景でした。

「そうそう叔母さん、中に出して大丈夫だったの?」と尋ねたら「今日はギリギリ安全日だと思うから・・・」と言ったので安心しました。

ピンク色したクリトリスを撫でながら「これがクリトリス?おばさんの凄く綺麗だね」と言うと「いや~ん」と恥ずかしそうな返事が返ってきました。

次に叔母さんは僕の寝ていた布団の横に行き、四つん馬になりお尻を上げバックのスタイルになりました。オッパイが布団に着くほど垂れていました。

その状態で「頂戴、淳史くんのチンチン頂戴、お願い」とおねだりされたので、そのまま中に入れると、叔母さんは自分でお尻を動かして来ました。
結合部分がはっきり見えました。

少しすると気持ち良くなってきてまた、チンチンが膨張してきました。
僕も少しずつ腰を動かし始め数分もしないうちに二度目の精液を発射したい気持ちになってきました。

「叔母さん、また中で出すよ」と言ったら、「この体勢では中に出しちゃダメダメ、赤ちゃんが出来ちゃうから抜いてお尻の上に出して!」と意外な言葉が返ってきました。

「わかった」とは言ったものの、叔母さんの締りがきつ過ぎたのと、抜こうと思っても叔母さん自身が思いっきり腰を動かして抜かそうとしなかったので、我慢出来ず「あっ、中でいく」と叫んだと同時に思いっきり中で出してしまいました。

結局その夜、いや朝まで、合計4回もしてしまいました。
後の二回は叔母さんの鞄の中にあったコンドームを使いました。

今度は、土曜日に僕が叔母さんの家へ泊まりに行く約束をして別れました。