3つ年上の姉と小学校高学年くらいまでレズってた私たち変態姉妹


私は女ですが、小学校高学年くらいまで、3つ離れた姉とレズってました。嘘のような実話の話です。

始まりはいつからかわからないんですが、姉とよく一緒にお風呂に入っていました。そのときに、お風呂でふざけあったりしたのが初めてだと思います。お互いのアソコを見せ合ったり、さわりあったりしました。

あたしが始めて、姉のアソコを舐めたのは、小三の家族旅行のときだったと思います。二部屋とってあったので、両親・私と姉で、寝ました。

いつものごとく、二人でさわり合いをしていると、姉が『ここ、舐めてよ』と言ってきました。もちろん、初めは躊躇しましたが、クリをぺろっと舐めると、姉はいつも以上に喘いだのです。

なんだか私も興奮してきて、ひたすら舐め続けました。気付けば、すごく濡れているので、指を一本入れて、かき混ぜました。すんごくぬるぬるしていたのが、今でも印象的です。

その後もその行為は続き、だんだんエスカレートしていきました。私も舐められたい!という行為に駆られ、姉に『○○も舐めて欲しい』と頼みました。姉は『いいよ』といい、あたしのクリを激しく、優しく舐めました。

電気を走るような快感が未だに忘れられません。グチョグチョに濡れたアソコに姉は、興味を持ち、綿棒を入れ、『検査する』といい、いじくりまわしてきました。

あまりの気持ちよさに、足はがくがくです。私より、姉の方がテクがあったので、だいぶいい思いをしました。そのあとも、二人の行為は続きました。

触り合いをするだけではなく、お互いにHな話をしながらオナニーの見せ合いをしたりもしました。あたしが中学にあがる頃、姉には彼氏ができたため、そのような行為はそれ以来ありません。

そのあと、私はずっとオナニーをしました。高校になって彼氏ができ、SEXの気持ちよさを知りましたが、初めて舐められたときの快感は、未だに忘れられません。