看板を見ないで入った性感マッサージで・・ [エッチ体験]

教師研修会議の終わった後に、折角温泉に来てるからと一人残ってもう一泊して、ゆっくりしてから帰ろうと思っていたある温泉地の事です。

温泉地を散策してましたらマッサージの文字が見えて、年齢の割には腰の痛みなどを感じるので腰がわるいと思っているのと、もう一つは研修に来る前にと父と激しいセックスで腰を極端に使ってましたので研修中も腰が痛くなっていました。

 そんな訳で腰のマッサージでもしてもらってみようと、普通のマッサージの所に行ったつもりなのですが、違う所に入ってしまったみたいです。スタンダード、デラックス、スペシャルとメニューがありましたけど初めてでしたが、折角だからと高目の料金でも3時間のスペシャルを選びました。マッサージしてくれるマッサージ師さんも、スペシャルだったら選べるのも決めて一つです。
 男性、女性の写真が貼ってある本を持って来たので、下着姿でマッサージ受けると思ったので私は男性よりも女性が安心しできると思って、女性を選んで個室に案内されました。個室に入ったら風呂で身体を洗って、首だけ出すスチームサウナに10分間だけ入って身体を温め解すしょうに言われました。

 最初にびっくりしたのは、マッサージ師さんがビキニ姿で私の身体を洗ってくれたことです、そこまでしてもらえるなてとお姫さま気分で足を閉じて椅子に座って背中や胸を洗ってもらってる内に、足を開いて陰毛や指をオ○ンコの中に入れて洗われてのにはなにもそんな風に洗わなくても思いながら、平然としてるマッサージ師さんを見て、男性を選んだら同じようにするのかしらと変に気を回してましたけど、手順なのかもとクリに触れて感じるのを隠すようにして我慢していました。

 もう一つは椅子の割れ目から手を入れて、肛門の周辺を解すみたいに洗われた時にも奇妙な気持ちになってしまいました。スチームサウナに入っている時の別室でマッサージ師さんは、白衣を着て戻ってきました。白衣の下はビキニをも取って素肌に着てるだけの格好でした。

 スチームにはなにか薬品が含まれていたようで、ほんわかとからだの内側から火照る感じがして、匂いでもうっとりとしてスチームの暖かさが内側まで来てると思いました。次にマッサージ台にうつ伏せに寝せられてマッサージがはじまりました。バスタオルでも上にかけてくれるかと思ったら、全裸のままではじめたのに私のオ○ンコが丸見えじゃないのと恥かしい思いでした。

 足首から太股に揉みながら上がって来ては、また足元に戻るを片足づつされ、太股の内側を揉まれていた時にはオ○ンコに触れそうなのは焦らされてるオ○ンコ愛撫をされてるようにも思えました。お尻を両手で揺らしながらのマッサージは、気持ちよかったですけど割れ目に手を差し込んで、下へ上へと滑らせるのには別の気持ち良さがでて困りました。

 身体の火照りも冷めないで益々火照るのが高まり、息を乱し始めて切なさを感じてきてました。身体がなんだか敏感になって来てるようで変な感じになって来てました。腰から背中のマッサージの頃にはマッサージをされてると言うよりも、愛撫されているのじゃないのかしらと敏感な反応を示していました。確かにマッサージされて楽な気持ちになってはいるけど快感らしいのも感じて来てました。

 オ○ンコから愛液が溢れてきていないか恥かしくもありました。背中が終わると向きを変えて仰向けになり、足も少し開きぎみにされ、うつ伏せよりもオ○ンコは見え難いからいいと思っていたのもつかの間で足から太股、さっきよりもオ○ンコ焦らしも強烈な感じで少しで触れてくれたらいいのにと淫らに思ってしまうほどでした。

 次は首からお腹附近までもが始り、胸は手の平で包むみたいに丁寧に優しく、既に堅く起ってる状態の乳首が手の平で擦られるみたいにされ、脇腹やお腹と次第に中心に下がっていってました。お腹を押したり、指先で揉みながら通じはいいですかとかいつ頃出されましたと聞かれたのには1時間ほど前と答え、手の平が下の方で移動して行くのが分かり、期待が一段と高まりました。

 マッサージを受けに来てると、期待感を消すように思っていても身体は勝手に期待していました、後で聞いたスチームでの即効性淫欲剤が皮膚から吸収されて効き始めてしまって、求める気持ちになってしまっていたのです。陰毛の上を行き来するのにほんわりと自然に腰を浮かし、小刻みにお尻を揺らし始めてました。足元の方から両手を合わせてオマンコの割れ目にめり込ませて前後に動かせられた時には、安堵感と待ちに待っていたものが来た思いでした。

 一時間以上も焦らされていたものがやっとと言う思いでした、マッサージ師さんの防音の部屋で外には聞こえませんから、大声の喘ぎ声を上げても大丈夫と聞かされて、喘ぎ声は相当高い声を上げてしまってました。長く焦らされていたのを一気に感じ取ってしまった感じです。溢れ出過ぎた愛液のぐちゃぐちゃ言ってる音も恥かしさよりも、興奮を高める音にしか聞こえないほどに欲しいてしまってました。

 海老反りみたいにお尻を浮き上がらせて、腰を動かしてイッてしまいました。ぐったりと余韻を感じてる時にマッサージ師さんは小窓のカーテンを閉めて、スペシャルコースに移って続けますからゆっくりとしてください、眠っていてもいいですの声かけをして、白衣を脱ぎ全裸になったマッサージ師さんが、手の平で身体全体を優しく滑らせるみたいにマッサージが始まり、気持良さに身体は淫欲剤で火照る一方で、オ○マンコからはまだ尽きることない様に愛液が溢れて来てるのも分かるほどになってるのに、眠り始めてました。

 何十分眠っていたのか分かりませんが目が覚めたのは、下半身が痺れるほど快感が襲ってきてるのに思わず目が覚めた感じでしたけど、その時にはマッサージ師さんが私と股を交差させて、片手で片足を抱き抱えるみたいにして私のお尻を浮かせて、胸を掴んで揉みながら交差した腰を揺さ振って、俗に言うレズの貝合わせと言う、オ○ンコを密着して擦る合うのをしていたのです。

 目が覚めた分かると失礼しましたと下に降りて、私をうつ伏せにしてから背中の方も同じように手の平を滑らし、眠りに入ろうとした時にお尻の割れ目を開いて私の溢れ出た愛液をすくう指に付けて、肛門附近に付けながら揉み解すのに違和感がありながらも一種の快感を感じてるのに眠れなく、指が時々挿入されるみたいに入口を押すので息使いの吐くたいにしてたら、指を吸い込んでしまうみたいに挿入され、マッサージ師さんが準備ができたみたいですのでと仰向けになるように身体を変えられ、いつ身に着けたのか変った黒いレザーパンティー姿で、選んで選んでくださいに見せられたものの一番太いのを思わず指差してしまいました。

 マッサージ師さんは指差したものを手に取り、金具付きレザーパンティに取付け、二股に分かれた男性器をもっている女性に変りました。私には足首を持って大きく開いて息を強く吐きながら待つ様に言って被い被さって、最初に肛門に突き当たっていたものは息を吐いた時にヌーと先が入り、オ○ンコの方も目一杯開く感じで続いて入ってきました。

 私は「ああ・・」と言いながら掴んでる足首を放してマッサージ師の背中に足を回して組んで引っ張る格好になってしまったら、そのまま身体が密着するみたいになるので自分で、奥の方へ入れてしまう結果になりました。喘ぎ声も一段と高くなり、「ああ・・うぐううう・・あうん、あうん」と腰を勝手に自分で動かし、ゆっくり抜いたり挿したりを繰り返してオ○ンコの中身が引っ張り出されてくる感じと、今まで知らなかったアナルの快感を同時に感じてしまい狂ってしまってました。

 マッサージ師さんも動かないですんでるしまった分、感じ過ぎてピンピンに張って飛び出てるクリを優しく撫で、乳首も痛いほど堅く起ってる上を同じように優しく撫でてくるので益々狂ったように感じて、今までの絶頂は何だったのと思うほどの快感が身体中を行き場を無くすみたいに駆け巡ってました。後でニヤ笑いをしながらマッサージ師さんに聞かされた果てた時には、喘ぎ声も出せない状態で「しぐうう、いちゃう、しぐう・・」と全身を急にピーンと伸ばして両手は拳を力強く握り締め過ぎて震わせ、足先の指まで伸び切ってしまうほどまで伸ばして天井に向けて大股を開いて果ててしまったみたいです。

 失神していたみたいで気が付いて少し我に戻ってきたら、恥かしさ一番でその場を逃げ出したい気持ちで全裸でも個室から出ようとしても使い過ぎで、腰も抜けて立ち上がれないでいました。準備された車椅子に全裸のままで乗せられ別の部屋に移される時に、手の先を細めたのをオ○ンコに押しつけ、アナルにも指を挿しこんで、同じようになってると思う女性も別の部屋から出てきてお互いに顔を合わせるのが恥かしい思いで、連れ添って休むベットに隣同士で寝せられてしまいました。

 2時間か3時間眠ってから目を覚ましてみたら、隣のベットに寝ていたと思う女性が私の隣に一緒に寝ていて、股を絡ませて抱き合って寝てました。彼女は先に起きて私が目を覚ますのを待っていたみたいに貝合わせの格好になって、一緒にまた行きましょう、いいでしょう、気持ちいいですねとマッサージさんがしていたのと同じようにして来て、今度は私もイクまでしてしまいました。

 キスもうっとりしてしまうほど本当に上手な人でした。帰りは同じ姿を見せ合った仲と一緒に店を出て、話しなどをしていたら結局、私はもう一泊してしまう羽目になりました。彼女は真正のレスビアンらしくて年に何回か無性に挿入感を感じたい衝動に駆られたら、男性とは絶対に駄目らしいのでその店に来てしてもらうと話しをされ、レスビアン相手に性具を使ってもいいのではと言ったらレズビアンが挿入してするなんて、男性としてるのと同じだからしないそうです。

 だから遠い所なのに隠れてそこに行くそうです。私も最後の夜はその人によってレスビアンの終わりのない、甘美な快感を眠るのを許されない一夜を共に過ごしてしまいました。彼女とは今でもメールで情報交換をしています。マッサージ屋さんを改めて確認しようと帰りに看板を見てみましたら、マッサージは大きく見え易い様に書いていても小さく前に「快感」の文字がくっ付いていました「快感マッサージ」と書いていたのです。

 下の方にも小さく「アクメを知らない貴女も体験できます。」「貴女も知らなかった性感帯の新たな発見」「聖女、淑女も淫らになってしまう快感が貴女を襲う」など書いていました。女性専用の風俗店だったのです。オマンコの中まで洗い、肛門まで洗うのを変と気が付いてもよかったのに世間を余り知らなすぎでした。明るい昼間に見てのに見落としていたのです。

 入口や値段表を見てそこに立っていた私を見て、地元の人が小声で噂するみたいに話しながら通り過ぎると思っていたのが、快感を求めて入ろうと迷ってる20そこそこの女性がいると思っていたのでしょうね。淫乱な女性と思っていたのかもしれないです。最後にそう遠くもないのに思い出しながら書いてる内に興奮してしまって誇張、意味不明言葉があるかと思いますが了承ください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする