Gスポット全体をグリグリされる感じで・・ [エッチな話まとめ]

今週の土曜日から日曜日にかけて、親戚のお家に泊まりに行ってきました。
私だけではなくて、違うところから来ていた親戚もいたので、かなりいっぱい集まっていました。その中に小学低学年の男の子が2人いて、兄弟ではなく、いとこ同士です。
最近の小学*は信じられない位大人なんですね!もう彼女がいるって言っていました。
でも彼女って言っても、小学*同士なんて何も出来ないかと思ってたら!何と!キスはしてるらしいんです!!!
ビックリでした!
「おねーちゃん彼氏いるの?」とか「もうセックスしたの?」とか「おっぱい大きいね」なんて普通に聞いてくるのでビックリしました。

その二人は全然人見知りしないので、二人揃うと凄い質問攻めです。

夜になって夕飯をみんなで食べて、テレビを見ながらゴロゴロしてると、「由美ちゃんお風呂入るでしょ?この子達も一緒に入れてやってくれない?」
とおばさんに言われました。

集まった人数に対して、お風呂は一つなので、まとめて入るって事なんです。

私は嫌な予感がしたんですけど、「小学*だし、言ってるだけで触ったりはしないよね?」と思って二人をお風呂場に連れて行きました。

二人はさっさと服を脱いで、お風呂に入ってしまい、私も後から入りました。
はじめはタオルで隠そうかと思ったんですが、逆に変な感じになるので、気にしないで裸で入りました。

入ってビックリです!!!
二人はいきなり飛びついて来て、湯船に3人で入ると、
「おねーちゃんおっぱいすげー」と言って2人で一つづつ、おっぱいを掴んでくるんです!

「ちょっと止めなさい!こら!」と言うんですが、二人ともすぐに乳首を吸ってきて、少し気持ち良くなってしまいました。

子供だからお母さんのおっぱいを思い出してるのかな?っと少し思った私はバカでした!
二人ともおチンチンがカッチカチになってるんです!
一人の男の子なんか皮が剥けていました!

突然「おねーちゃんおまんこみせてよ!」と一人が言い出すと、二人でアソコを触り始めました。

「うわー毛がいっぱいあるぜ!」とか言いながらはしゃいでいます!
私はおっぱいで気持ち良くなっていたので、まずいと思い、浴槽から逃げて、「おねーちゃん体洗うから静かにして!」と言ってイスに座って体を洗いだしました。

でも二人は私の体の周りに飛びついてきて、アソコを見ようとしています。
「彼女は見せてくれないから見せてよ!」とか言ってました。

あまりリアクションすると、逆に喜ぶから、しばらく無視して「ハイハイ」って感じで体を洗っていると、一人はおっぱいを揉んで、乳首をイジっています。

イスに座っているのでアソコは触れないと油断していたら、アソコを触られた感覚がありました!

なんで?と思ったら、お風呂のイスって穴が開いてますよね?その穴からアソコが丸見えになっていたんです。
そしてもう一人の男の子が下からアソコを触っていました。

私の座り方がいけなかったんですが、クリの皮を引っ張るような感じで座ったみたいで、モロにクリが出ているみたいです。
そこを偶然見つけたのか、コリコリと触ってくるんです。

私は無視していましたけど、凄い感じはじめてしまいました。
一人に乳首をシコシコされて、一人に大きくなったクリをイジられると、声を我慢するのに必死でした。

そして、しばらく我慢したんですが「うはあぁっ、ぐっ、ハァハァ」と声が出てしまいました。

もう我慢の限界がきて、「あうぅぅぅ、くっ」とイってしまったんです。

イッたあとはガクガク震えて、二人の声が遠くなりました。
私は恥ずかしくなって、体をさっさと流し終えて「おねーちゃん先に出るよ!」と言って出てしまいました。

でも、その夜は二人と寝る事になってしまいました・・・

その日の夜、子供達は全然寝ようとしませんでした。
私も一緒にト私プやゲームをして、ケッコー楽しんでいました。

さすがに夜中になって来たので、「二人ともそろそろ寝ようか?」と言うと「まだ寝ない!」と言っていましたが、おばさん達に怒られるので無理矢理寝室に連れて行きました。

でもまだ駄々をこねていて、「おねーちゃんも一緒に寝よーよ!そしたら寝るよ!」と言い出しました。
お風呂の件があったので、少し警戒したんですけど、結局一緒に寝る事にしました。

一緒に布団に入って電気を消すと、すぐに二人はおっぱいに飛びついてきました!

私は「こら!違うお部屋で寝るよ!」と言うと静かになりました。
しばらくして、静かになったので、私は疲れもあってすぐに眠気が襲って来ました。

でもウトウトしながらも、おっぱいに違和感があるのを感じました。
また二人で私の身体を触っているんです!

でも、眠くて抵抗出来ないのでしばらくそのままにしました。
二人は私が寝たと思って大胆に触っています。

そして二人が同時に乳首に吸い付いた時には、私もスイッチが入ってしまい、完全に感じていました。

乳首はビンビンに勃起してしまい、止めさせる事も出来たはずですけど、「まずい、気持ちイイ」と思ってしまい、寝たふりを続けました。

そのうち二人は、私が完全に寝たと確信したのか、コソコソ話しながら下の方へ移動していきました。

私はすぐにパジャマとパンツを脱がされて、下半身だけ裸にさせられました。
この時には、二人を止める事よりも、この先どうなるんだろう?っていう好奇心の方が勝っていました。

二人は下の方で「何か甘酸っぱい匂いがするね!」「おまんこの匂いだよたぶん!」とか話していました。
そして二人の指がアソコに触りました。

私は乳首を舐められてる時に、すでにビショビショに濡らしていました。
「なんか冷たいよ!」「女は中から水が出るんだぜ!」と言っていました。
そして二人はゆっくり私の股を広げてきました。

何か二人で喋っていたと思ったら、一人が部屋の外に出て行きました。
もう一人はチョコチョコ、おまんこの匂いを嗅いだり、指でヌルヌルを触ったりしています。
その触り方が気持ち良くて、少し「ピクッ」て動いてしまいました。

するともう一人が帰ってくると、すぐに布団に入りました。
トイレだったのかな?と思ってると、「カチッ」とスイッチみたいな音がすると「おおおお」と二人のビックリするような声が聞こえて来ました。

私は「!!!」と動揺してしまいました!
たぶん懐中電灯みたいなのを持って来たんだと思いました。
二人は私の股を広げて、懐中電灯で照らしながら、ビラビラやクリちゃんまで、はっきり見ているんだと思いました!

二人はコソコソ話しながら、おまんこを広げたり、引っ張ったりして遊んでいます。

私はおまんこを丸見出しにして、子供二人に興味津々でじっくり見られていると思ったら、ドンドン興奮して濡れて来てしまいました。

そのうち一人が、勃起したクリちゃんに気が付いたみたいで、集中的にイジってきました。
子供のぎこちないイジり方が、逆に興奮して、気持ち良くなってしまいました。

必死に痙攣する体を抑えながら、声を我慢していましたけど、やっぱりどうにもならなくて、二人にまたイカされてしまいました。

二人は私がイッたなんて知らないから、関係なくイジり続けていて、それがまた気持ち良くて続けてイッてしまいました。

もうその時は痙攣が止まりませんでした。

この頃には、二人を怒るどころか、「もっと触って欲しい!」と思っていました。
もっと言えば「おちんちんが欲しい!」と思っていましたけど、子供二人には無理な話です。

例えおちんちんを入れられたとしても、大人の指より少し太いぐらいの大きさでしたから・・・

でも触られると凄く気持ちイイので、凄く興奮していました。
二人はそれから色々と触ってきたんですけど、大人の男の人とは違い、ポイントを分かって無いし、私も教える事は出来ないので、的外れな所も触っています。

でも逆に、焦らされてるみたいに感じてきて、たまにクリーンヒットすると異常に感じてしまいます。
自分でも押さえられなくて、腰がビクンッて跳ね上がってしまいます。

すると二人は、とうとう穴に指を入れはじめました。
私も待ちかねていたので、腰を振ってしまいました。

さすがに子供の指は短いし細いので、期待したみたいな感覚は無かったんですけど、それでも気持ち良かったです。

二人は、穴の中がヌルヌルしているのに喜んで、出し入れを繰り返しています。
しばらくすると、少し入れられてる物の感覚が太くなった気がしました。
たぶん指を増やしたんだと思います。

それから徐々に太くなってきましたけど、入口付近をグチョグチョしてるだけでした。
そしたらいきなり!「痛い!」って思った瞬間!何か凄い物がおまんこに入ってきたんです。

凄いゴツゴツした太い棒を突っ込まれたみたいな感覚でした。

最初はビックリして、さすがに起きようと思ったんですが、その物がゆっくり動きだすと、痛みは無かったので、我慢しました。
たぶんどっちかの腕ごとおまんこに入れたんだと思いました。

いくら低学年とはいえ、腕の太さは、大人の巨根の人位はあるので、少し抵抗はあります。
でも、少し出し入れを繰り返されると、凄い気持ちイイ部分に当たってくるんです。
拳の所だと思うんですけど、Gスポット全体をグリグリされる感じがするんです。

私は普通に挿入されてるみたいに感じてきてしまって、声が漏れてしまいました。
それどころか、中に入った拳が、おちんちん以上に色んな所を刺激するので、初めての感覚に頭が真っ白になってしまいました。

頭がボーっとしてきて、声が止められません。
体は普通に感じていて、腰が動きまくって止められません。

そのあとすぐにイキそうになってきて、一番気持ちイイ所で、意識が遠くなる感覚がありました。

しばらくして、寝て起きたような感じで目が覚めると、布団がビショビショに濡れていました。

たぶん潮を噴いてしまったんです。
私は子供二人に失神するまでイカされて、挙げ句に潮まで噴いてしまいました。

たぶん二人は、潮を噴いて布団がビショビショになったのを見て、かなりヤバいと思ったのか、その後はタオルで私の体を拭いて、パジャマを着させて大人しく寝てしまいました。

翌日は当然布団が濡れているので、「何コレ!どうしたの?」と二人に聞くと「分かんない」と言っていたので「おねしょしたの?」と聞くと「たぶん・・・」と言って誤魔化していました。

二人は私の潮吹きにかなり罪悪感を感じていたみたいでした!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする