彼女の妹の足の匂いを嗅ぎ指をしゃぶりながらオナニーした超ド変態のサラリーマン


俺は超ド変態のサラリーマン。

年齢は28歳になる、変態の俺だが

25歳のオフィスレディをしている彼女がいて

彼女の妹は19歳専門学校生。

俺と彼女は付き合って2年。

彼女の妹は去年の春、高校卒業後、

専門学校に入学し、田舎から出てきて

彼女のマンションで一緒に暮らしている。

妹は色白で本人は否定しているが、

俺は上戸綾系だと思っている。

俺にもすっかりなつき、

3人でよく食事に行ったり、

飲みに行ったりしていた。

先月の初め、また3人で食事に行こうと約束したのだが、

夕方、急に彼女が残業になって

合流が遅れる、と携帯に連絡があった。

そこで彼女の妹と2人で先に食事した。
彼女はまだ来ないので、

いつものバーで飲んでいるとメールを送り、

行きつけのバーで2人で飲んだ。

妹は試験も終わって、

明日から春休みという開放感もあってか

いつもより酒もすすんだ。

俺も妹も結構酔いがまわって、

そろそろ帰ろうか?

と思っていると、彼女から電話。

「今日はもう少し時間かかりそう」

「そうか。じゃあもう帰るよ。○○(妹の名)を送って、俺は自分の部屋で待ってるよ」

「うん。じゃあ、今日は私もアンタのところに直帰するわ」

「わかった。じゃあ後でな」

「うん、ゴメンね。○○のことよろしくね」

「OK!」で、

妹とタクシーで帰ったのだが、

かなり泥酔していて妹はもうタクシーの中で爆睡モード。

俺によりかかって寝ている。

しばらくはなんともなかったが、

そのうち妹の髪からいい匂いがしてきた。

俺はその匂いをかいでいるとなんだか

チンコがビンビンになってきた。

彼女の妹はジーンズをはいていたのだが、

よくみると脚にぴっちりでエロイ

俺はそっと脚を触ってみた。

爆睡の妹は気づくはずもなく寝ている。

やがて彼女のマンションにつき、

眠ったままの妹をかかえるようにタクシーを降り、

2階の彼女の部屋まで妹を連れて帰った。

その間も妹は夢うつつで、

俺のチンコもずっと硬いままだった。

部屋に入り、靴を脱がせ、

妹をベットの横たわらせた。

妹は寝ぼけながら

「○○ちゃん(俺の名)ありがとう」

と言ったまま、また寝入ってしまった。

俺は

「大丈夫か?苦しくないか?」

と問いかけたが、返事はない。

基本的に妹は寝入ってしまうと

なかなか起きないタチなんだが

その日は酒を飲みすぎたせいか、

いっそう深い眠りのようだった。

俺は妹に毛布を掛け、帰ろうとした。

その時、毛布から出た妹の素足を見た。

きれいな足の裏を見ると、

なんだかたまらなくなって

そっと匂いをかいでみた。

ああ…かすかに汗の、足の匂い。

俺の心臓はバクバクと高鳴り、

チンコは改めて剛直となった。

そして、チロッと足の裏を舐めてみた。

なんともいえない甘美な味

ペロペロ、ペロペロと足裏を舐めまくる

妹はまったく気づく気配もなく、

かわいい寝息をたてている。

もう、心臓はバクバク、チンコはギンギン!

俺は調子にのって足の指も舐めた。

一本一本丁寧に舐めて吸った。

まるで、女性がFチオでもするように

10本の指を丁寧に舐めて吸った。

足の指の間も広げて舐めまくった。

俺は息を荒げながら、

足の指、裏、踵、と舐めた。

左右とも…もう剛直も最高潮になり、

俺はたまらずズボンからチンコを取り出すと、

シゴいた!

興奮しまくっていたので

すぐイキそうだった。

足の指にしゃぶりつきながら

どこに出そうか考えた。

そうだ、足の裏にぶっかけよう

ひらめいたと同時に我慢の限界が訪れた!

俺はあわててチンコを妹の足に向けると

ドビュッウウウッ!!

と白いモノを噴出した。

うまく妹の右足の裏のぶっかけることができた。

俺はハアハアしながらしばし

放心状態だった。

ものすごく興奮していたのだと、

後から思った。

その後、ティッシュで妹の足の裏を

きれいに拭き取り、自分のチンコも拭き取ると、

毛布をしっかり掛けてやり、

自分のマンションへ帰った。

深夜遅くに彼女が帰ってきた。

先ほど未成年の彼女に妹にした悪戯を

思い出しながらやると、

とても興奮した。

正常位で彼女の足裏を舐めながら

妹の足裏を思い出していた。

イクとき久しぶりに60㌢以上飛んだ

足であんなに興奮出来るとは新しい発見だ