13も年下の大学生を筆おろし[エッチ体験]


どうやら筆おろししてしまったらしい・・・・・・
相手、13も年下なのに(私35、相手22)orz

相手は大学生。
出張で近くまで行ったので、軽く食事でも、ってことでお誘い。

終電ないんで、「家で飲んで語りましょう」ってことで彼のアパートへ。

夜明け近くまで、飲んで話して、そのまま私はこたつで寝てた(爆)。

うとうとしてたら、左手だけなんかあったかい・・・・・・。
どうやらそのコの唇や頬の感触らしい。あったかいというより熱い。

目を開けたら、そのコは手をとったままじっと私の顔を見てた。

その表情がやたら可愛かったので、思わず抱き寄せて撫でなでしてしまう。

「女の人とこうやって二人きりで過ごすなんて初めてなんです」
「え?」

そのままキスに突入。最初はじゃれあってるだけだったのが、首の後ろがっちりロックされて、貪るようなキスに変化していった。

布団に移動して、服を脱がせあう。途中、いろんなところにキスし合ってたら、
「あっっ・・・・・」とか、すごくカワイイ声で反応が返ってくる。

「何かしてほしいこと、ある?」と聞いたら、
「な・・・・・・なめてほしいです・・・・・・ダメかな?」と。

で、そのままフェラに突入。

しかし、このコ、実に立派なモノをお持ちだったので、半分も口に入らない感じだった(爆)。

いろいろ試してみたけど、口だけでフィニッシュさせるのは無理なサイズだ・・・・・・。

この時点で私もかなり盛り上がっていたので、そのまま騎乗位の体勢へ。
・・・・・・なんとか入った。

内臓まで圧迫される感じでかなり苦しかったけど、そのままゆっくり動いて慣らしていく。

「待って・・・・・・ちょっとヤバイ感じ・・・・・・出ちゃいそう」
そのたびに、動きを止めて頭撫でなでしながら待つ、の繰り返し。

「後ろから挿れてみたいです」とのリクエストあり、体勢チェンジ。

でも、位置がわからず(笑)、結局私が手を添えて後背位スタート。
かなり激しく動かれて、私もヤバイ感じでした。相当声うるさかったと思う。

最後は正常位になって、挿れてすぐくらいに、
「あっっ・・・・・・」と一声。

どうも、我慢しきれなかったらしい。

シャワー借りて出てきたときに、なぜか正座で出迎えてくれたのが笑えました・・・・・・。